記事一覧

秘密 7巻 BGM座談会 vol.1

こんにちは。

ひとつ、試験が終わって、気が抜けておるBON子です。

テキスト読みながら、薪さんだったら、コレ・・1回読んだら覚えられるんだろうね・・とか思いながら全然覚えられない日々・・(←真面目に勉強して)

お酒も我慢していたので、久々に呑みに行きました。

息抜きしないと生きてられないタイプだと思います。





さて




かなり時間が空いてしまいましたが


久しぶりにBGM座談会をアップしたいと思います。

7巻です。

今回もあることないことワイワイ言っております(笑)

いつもお越しの皆様には





はいはい。←いつものこと



だと思いますが


初めての方には、こちらは秘密を愛する(笑)BON子、Gくん、Mちゃんが「秘密」について語り合う

ヤバイ座談会を文字に起こしたものです。

言いたい放題ですので、世界観を壊されたくない方にはオススメいたしません。

ご注意ください。←喚起


今回、長いので2本立てにしています。




それではどうぞ・・・














ボ 「で、7巻だよ、7巻!」←にやけてる

M 「ここ盛りだくさんだよね」

ボ 「それ!アレもあり、これもアリで大変。薪さんもついに・・アレですし・・(//∇//)」

G 「うん・・・」

ボ 「うん・・・てなんだよ、どうだった?」

G 「事件、面白かったよね。いつもみたいに、なんで?なんでそうなる?とかいうのも無かった。動機がわからないところもない。分かり易いのに手が込んでてさ」

M 「一気に読めたよ、面白かった。こっち映画にした方が良かったよね。なんか映画として見れるもん」

ボ 「私もそう思うよ。これ、映画もいいけどぜひ、骨太ドラマ化してもらって見たい」

M 「でも、どうする?薪さんが、青木に密着しちゃうから・・(笑)ドラマ的にカットされそう」

ボ 「そこはカットしちゃダメだろう、だから民放では無理か」

G 「・・・・・・・・・・」

ボ 「え、G、なに黙ってんの」

G 「いや・・・事件は面白かったんだけどね・・?」

M 「事件は?(笑)」

ボ 「なんだよ、おい。この巻は事件も恋も面白いんだぞ?」

G 「いや・・・さ・・」











G 「薪さんが心配・・・」←悲痛な表情







ボM 「えぇっ!!??(笑)」

ボ 「な、何が!?なにが心配!?」

M 「まぁ、心配っちゃ、常に心配な人だけども(笑)」

G 「もうさ・・・」











G 「薪さんがどうしたいのか分からない・・・・」←誰なんだよ







ボM 「!爆笑!」

ボ 「な!なんなのソレ!(笑)何を感じたんだよ・・ww」

M 「どんな立場で読んでんの!?(笑)」

G 「いや、だってさ!ちょ・・読も?とにかく最初からいこう?」

ボ 「よし!」

G 「事件としてはさ、すごく解りやすかったよ。あの父親が鬼になるってのも分かったし、娘に危害を加えて同じような苦しみを与えてやろうというのもわかる、そこから実はコンテナに乗ってたのが娘じゃなかった、じゃあ誰?てなる流れも面白いよね、で、大臣が娘じゃないなら一瞬で見捨てようとする、でも実はソレが本当の娘だったっていう皮肉的な展開も面白い。あの大臣がさ、政治家丸出しなのもよかったね。傲慢、低俗、保身、権力、滑稽とか人間の汚いとこ全部みたいなやつでしょ?あいつ」

M 「THE悪い政治家、しかもアホ、みたいな大臣だったね」

ボ 「ふたりの父親の話なんだよね、真逆の。気持ちも立場も。加害者と被害者ってとこも」

G 「そう考えると、清水先生うまいよね~」

M 「子供に対する思い方も綺麗事にしないのがまた、さすがだね、清水先生」

ボ 「それ!大臣は最後まで滑稽なの。娘の愛も頭で考えるところのそれだから、すぐに気持ちも消えちゃう」

M 「私、season0も読んでるからさ、思うけど。この事件、薪さんキツイね」

G 「え・・・」

ボ 「だね・・これ読んだ時はわかんなかったけど、0を読むと薪さんのセリフが泣ける」

G 「な・・なんなの・・・?」

ボ 「早く読んで」

M 「遅いんだよ」

G 「えぇぇええ!?なんか秘密あるの!?やだ!読む読む!」

ボ 「話ができないから早く読んでよね」

G 「まかせて?でさ・・ここ・・・」パラパラ

G 「青木の受信メールに気付いた薪さん・・・」






G 「この顔・・見てよ・・・」



IMG_55665.jpg


G 「雪子からって気づいてのこの顔でしょ?もう・・切ないわ・・涙」

ボ 「なに考えてるんだろうね・・薪さん・・・」

M 「そりゃ、やっぱ複雑なんじゃない?本人その辺疎そうだけど」

G 「まさにそれなのよ・・・薪さん、何考えてんの?なに、お膳立てしてんのよ?怒」

ボ 「だから、薪さんそういう人でしょ?仕事忙しくて会えてなさそうだからさ・・気を遣って・・自分の気持ちも押し殺して!」

G 「そこまでしてやることないじゃん!もう応援してるよね、好きなのに!」

M 「好きだからしてるのかもよ?その気持ちを打ち消すためにむしろ早く上手くいけと」

ボ 「そっちもか・・・否定するためにむしろお膳立てすると・・・」

G 「え・・・それで仕事中にまで会わせてやるって事?」

M 「だよ」








G 「僕なら、絶対無理よ?(困惑)」←だろーな






M 「あんたはね?(笑)」

G 「だってなんでよ!?男女なんてほっといてもうまくいくでしょ?それをさ、仕事中にまで会わせてやろうなんて・・・薪さんって・・涙」

ボ 「うん・・そこ私も思ったかも。仕事中に抜けさせてまで恋人に会わせてやろうとする・・薪さんって厳しいけどかなり甘い・・」

M 「だからさ、やっぱ私情入ってるんじゃない?重大な事件の合間にそんなことさせなくてもいいのに、青木と雪子のことになるとちょっと一歩踏み込んじゃう」

G 「で、青木、さっさとトンカツ食べに行っちゃうし・・買ってこいって言われたのにさ。怒」

ボ 「曽我さんとか、多分待ってるよね。トンカツくるの」

M 「そこがまた青木よね・・ww」

M 「でさ・・・これ・・・気になったんだけど・・」








M 「青木のダッフル・・・しかもロング・・・苦笑」






G 「可愛いじゃん」

M 「いや、ダッフルは可愛いいよ?」







M 「でも、お父さんだからさ・・・」(そこは若者風なんだ)





ボG 「ぶはぁ!(笑)」

M 「お父さんのダッフルはキツイわぁ・・・」

ボ 「ダッフルとPコートのカップルってのもキツいか・・?汗」

M 「ちょ・・キツいね・・・いや・・いいのか?人による?」

G 「え・・・Pコートってなに・・え?」

ボ 「まぁ次の巻読んで?」

M 「で、このあと・・」





M 「薪さん、ぶん殴られるよね・・・苦笑」





G 「アレ、いいの?政治家だからよね、大問題よアレ」

M 「薪さん吹っ飛んでるよね」

ボ 「あそこで薪さんの軽さが伺い知れるよね・・・」

M 「うん、軽いね、女子の軽さだね」

G 「で、そこでさ・・・すごいダメージを受けたところで」







G 「岡部だよぉぉぉおおおお・・・(//∇//)」←大喜び






G 「あそこで、自分のために我を忘れて怒ってくれる!しかもSPをぶん投げてさぁあ!!」

M 「惚れるね・・・」

G 「そりゃあ惚れるよぉおお!一瞬よぉおお!」

ボ 「それに比べて青木の冷静なこと・・・涙」

M 「青木・・・まぁ薪さんの保護には向けってるけども、印象薄すぎ・・・」

ボ 「そう、本来ならここはヒーローがヒロインのために怒るシーンなはずなのに・・青木は・・・涙」

M 「外してくる男だよね・・(笑)」

G 「やっぱ岡部なんだよ、ヒーローは」

ボ 「いや、それはどうだろう・・・ww」

M 「しかも、怒ってる岡部さんを冷静に止めようと・・・青木、もっとなんかないのかな?いつもイイ子過ぎだよね」

ボ 「まぁ・・そんな青木も好きなんだけどね?私・・・」←聞いてない

G 「青木はさ、掴みどころがないんだよ、普通の想定から外れてくでしょ?」

M 「確かに(笑)」

ボ 「でもさ、そういう青木くんがいるからこそ、物語が重くなりすぎないわけよ、曽我さんとかもそうだけどさ、メインの青木がアレだからいい。」

G 「まぁ、そうかもねぇえ・・・ここもさ、誰もできないことをやるでしょ?薪さんにこうやって「大丈夫ですか?」てボディタッチしながら額にハンカチをあててくる。多分、薪さんの想定も超えてるわけ。だからかなりドキ!とすると思うよ?僕だってこんなのされたらドキドキが止まんないよ」

M 「いや、あんたの話はいいから・・(笑)」

ボ 「多分さ、あそこまでグイっと薪さんに踏み込んでくる人、鈴木さん以来だよね。だから余計に薪さんに衝撃与える人間なんだと思うよ、青木は」

M 「薪さん、多分そういう人に弱いよね。そういうところは典型なの」

G 「でもね?誰だってそうじゃない?特に男同士だとさ、こうやって無意識にされたことでさえ、分かってるのにドキドキしちゃう。男女だと特別感ある行為でも男同士だとただ友人とか同僚としての行為でしょ?でも自分だけ捉え方が違うから誤解したり期待したりしちゃう。だから青木みたいのは気持ちがわからないっていうか、実際女と付き合ってるわけだし、辛いのよ?こっちとしては?」

M 「混同してません?(笑)自分と・・」

G 「うん、パシっ!て思わずしちゃうのもわかる。バリバリ混同できる」

ボ 「笑!」

ボ 「で、この後、薪さんとアホ大臣の対決だよ」

M 「青木がまるで役に立たないやつね?」

G 「ぶはっ!(笑)でも、ずっと薪さんを支えてるよ?」

ボ 「そうだよ、あんたここがどんだけふたりの密着ポイントか分かってないでしょ!?」

ボ 「これ見てみ?」



IMG_5569.jpg


M 「ほんとだ(笑)手を握り締めあってるね・・ww」

G 「薪さん、また吹っ飛んでる・・・」

ボ 「そう、ここは大臣にブラボーをあげてもいい。だってこの薪さん・・・」







IMG_5567.jpg

ボ 「見てよ、この内向きな膝・・・涙」

M 「はっ!(笑)いいの?いいの薪さんこれ!」

G 「やっぱ内向きかぁ・・・」

ボ 「薪さんはね?決して不用意に股を開いたりしないんです」

G 「え・・だって4巻・・」

ボ 「黙ってて?」

M 「薪さん、かなりギュッと青木の手を握ってるよね・・・」

ボ 「そう、お互いごく自然に手を握り合ってるの。こういうところに出ちゃうよね。ふたりの想いがさ・・」

G 「そう考えると、やっぱこのふたりがくっつかないといけないよね~」



IMG_5570.jpg

ボ 「ここの一瞬手をギュッとする感じ最高ね?ポイントよ、ポイント」

M 「さりげなくこういうの入れてきてるよね、清水先生」

G 「だからさ、ハッキリ描かれてないとか言うけど、これだけ小出しに色々あれば、どう見たってそうなのよ」

ボ 「ここのさ、救出を中止しようとする大臣の腕を掴みながら抗議する薪さんからの、吹っ飛ばされる薪さんからの、内向きな膝の薪さんからの、青木の手をしっかりと握って大臣に立ち向かう薪さんが最高に可愛くてかっこいいよね・・頬染」

M 「可愛すぎやしません?(笑)」







IMG_5568.jpg

M 「これとか、もう可愛すぎ・・いや、これお父さんと息子だねぇ・・・」



G 「薪さん、ほんと小さいのね・・」

ボ 「で、ここからですよ・・・ここからふたりの素晴らしき階段トーク!」

M 「階段トーク・・(笑)アレは、青木よくやったね」

G 「うん・・・」

ボ 「なによ、G、渋い顔して」

G 「いや・・・うん・・・青木はさ・・・」








と、青木に渋い顔をしているGの予想できる反応でvol.1は締めさせて頂きます。



つづきます(笑)


長くてすみません!(笑)

スポンサーサイト

コメント

あおまきがみ様

> BON子さん、こんばんわ~!

あおまきがみさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!(*゚▽゚*)


> 待ってました!!BGM座談会~!!(*≧∀≦*)
> 今回も期待にたがわず面白いですー!!

待って下さってたとかもう・・嬉しいです・・ほんとに・・( ;∀;)
そして、面白い頂きました!よかった・・偏った座談会ですから・・汗


> 7巻は、もちろん私の秘密の中でも、1・2位を争う山場のエピソード!!
> 薪さんのポーカーフェイスから、にじみ出てしまった?(ほんとはダダ漏れ?)青木くんへの気持ちが垣間見える、ドラマチックな回ですよねえ。

そうなんです!すごくドラマチックですよね!事件もすごいですが、その合間に見事に青薪の気持ちが強くなっていく様が描かれている!薪さん、ダダ漏れ得意ですからね・・(笑)


> しかし、まず↓に爆笑してしまいました~( *´艸`)
>
> >ボ 「薪さんはね?決して不用意に股を開いたりしないんです」
>
> >G 「え・・だって4巻・・」
>
> >ボ 「黙ってて?」

わはは!(笑)
Gはすぐ余計なことツッこんでくるんで!(笑)


> そして、
> >ボ「ここの一瞬手をギュッとする感じ最高ね?ポイントよ、ポイント」
> を見て、
> 「ほ、ほんとだー!!」(←サラっと流し読みしていた自分にパンチ)

大臣に立ち向かう前にギュッと青木の手を握る薪さんが最高なんですよ!(//∇//)
こういうとこ、細かく清水先生、描かれてるんですよね~(//∇//)
多分、モロに恋愛は描かないからこういうところで感じ取れるようにしてらっしゃるのでは・・とか勝手に思ってます。


> >M「これとか、もう可愛すぎ・・いや、これお父さんと息子だねぇ・・・」
> に、「ほ、ほんとだ・・(←笑いながらも衝撃受ける)」

これは、私も笑いました(笑)
Mはすぐこういの見つけるんですよ。で、気になるんですよ(笑)
私とか普通にスルーしてるので、改めて言われると笑えて困ります・・ww



> などなど、またしても秘密の新たな楽しみ方を
> 教えていただきました~。
> (*´Д`)

いえいえ、教えるなんて!
相当偏った意見ですから!危険ですよ!!?(笑)


> あー。また7巻読み直ししなくては!
> これは○SUTAYAのレンタルではなく、
> 大人買いするしかないな・・と思いました。
> (まだ買ってなかったの?というツッコミはナシでお願いします💦)
> 何度読んでも、面白いですねえ。

お!大人買い行かれますか!?(*゚▽゚*)
私も我慢ならずに大人買いした口です(笑)
何度読んでも面白いですからね~~。


> 後半編にもコメント残させてくださいね。
> ではでは。

あおまきがみさん、ありがとうございます!
楽しみにしています!

オケイコ様

> BON子さん、更新お疲れ様でした~!
> なんか、私が催促してしまった感が…すいませんm(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・
> これからもBON子さんのペースで更新していってくださいね。

オケイコさん~!ありがとうございます!
いえいえ~!すごくタイムリーだったんですよ?(笑)
ちょうど、そろそろアップしようとまとめ直してた時だったんです。
はい!気ままな更新になるかと思いますが、お付き合いくださいませヽ(´▽`)/


> さて、7巻。いいですよねぇ~。
> 事件解決までの流れもすごく面白いですし、一気に読めちゃいます。
> しかも薪さん、かなり男っぽいですよね。
> 部下を庇ったり、大臣に面と向かって意見したり、
> あんな上司だったら部下はみんな惚れちゃいますよー(*ノωノ)
> 警視正・薪剛の本領発揮ですね♪もう、薪さんがかっこよすぎです。

そうなんです、まず、事件が面白いんですよね?(笑)
私、これ読み終わったあと、唸りましたもん、うまい!って。
男っぽかったり、乙女っぽかったりする薪さんに我々も翻弄される神巻です(真顔)
あんな上司だったら、仕事になりません。PCの容量が隠撮の写真でいっぱいになりますから・・←やめんか


> 岡部さんの見せ場もよかったですし。Gくんが惚れるはずだわ~。
> Gくんの考察、すごく参考になりますよっ。
> 青木が薪さんの額にハンカチ~の所とか、なるほど、って思いました。

Gは、岡部さん大好きなんで・・(笑)
いい人だし、力持ちだしカッコイイらしいです・・ww
額にハンカチの時の薪さんの表情いいですよね~。ビックリしてる。(皆もビックリしてるけど・・ww)
想定を超えてくる青木はやはり貴重です(笑)


> そして青薪(//∇//(//∇//(//∇//)
>
> Gくんはどう見たのでしょうか。
> 座談会、3者3様の意見があってすごく楽しいです。
> 後半も楽しみです。

オケイコさん、ありがとうございます!
3人とも性格が全然違うので温度も全然違うんですよね(笑)

後半もどうぞよろしくお願いします・・・

わー、待ってました!!

BON子さん、こんばんわ~!

待ってました!!BGM座談会~!!(*≧∀≦*)
今回も期待にたがわず面白いですー!!

7巻は、もちろん私の秘密の中でも、1・2位を争う山場のエピソード!!
薪さんのポーカーフェイスから、にじみ出てしまった?(ほんとはダダ漏れ?)青木くんへの気持ちが垣間見える、ドラマチックな回ですよねえ。

しかし、まず↓に爆笑してしまいました~( *´艸`)

>ボ 「薪さんはね?決して不用意に股を開いたりしないんです」

>G 「え・・だって4巻・・」

>ボ 「黙ってて?」


そして、
>ボ「ここの一瞬手をギュッとする感じ最高ね?ポイントよ、ポイント」
を見て、
「ほ、ほんとだー!!」(←サラっと流し読みしていた自分にパンチ)

>M「これとか、もう可愛すぎ・・いや、これお父さんと息子だねぇ・・・」
に、「ほ、ほんとだ・・(←笑いながらも衝撃受ける)」

などなど、またしても秘密の新たな楽しみ方を
教えていただきました~。
(*´Д`)

あー。また7巻読み直ししなくては!
これは○SUTAYAのレンタルではなく、
大人買いするしかないな・・と思いました。
(まだ買ってなかったの?というツッコミはナシでお願いします💦)
何度読んでも、面白いですねえ。

後半編にもコメント残させてくださいね。
ではでは。

お疲れ様です

BON子さん、更新お疲れ様でした~!
なんか、私が催促してしまった感が…すいませんm(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・
これからもBON子さんのペースで更新していってくださいね。

さて、7巻。いいですよねぇ~。
事件解決までの流れもすごく面白いですし、一気に読めちゃいます。
しかも薪さん、かなり男っぽいですよね。
部下を庇ったり、大臣に面と向かって意見したり、
あんな上司だったら部下はみんな惚れちゃいますよー(*ノωノ)
警視正・薪剛の本領発揮ですね♪もう、薪さんがかっこよすぎです。

岡部さんの見せ場もよかったですし。Gくんが惚れるはずだわ~。
Gくんの考察、すごく参考になりますよっ。
青木が薪さんの額にハンカチ~の所とか、なるほど、って思いました。

そして青薪(//∇//(//∇//(//∇//)

Gくんはどう見たのでしょうか。
座談会、3者3様の意見があってすごく楽しいです。
後半も楽しみです。

ゆけ様

> おもしろいのに説得力があります(笑) さすが体験談。

すぐ、自分の体験に絡めてくるので…(笑)
そして、めちゃくちゃ心配してました(爆)


> そうなんですよねー…。
> 本編の頃は、自分より生きる価値がある(と思い込んでそうな)鈴木をその手で殺めてしまったせいで、そんな人並みな感情を持つことを許してなかったですよねー、自分に(T T)
> なんちゅう切ない話だ…薪さん…っ(T T) 

この頃の薪さんは、ほんといつ死んでもいい。青木とどうこうなろうなんて考えてもない。
むしろ、鈴木さんのところに行きたいくらいの勢いですもんねT^T
この頃の超絶儚い薪さんが好きなんですよね…あ、幸せになって欲しいんですよ?(笑)しかしこの頃の薪さんって美し過ぎるんですよ…(*´Д`*)


> それでなくても薪さんて頭と心が別々な傾向にあるじゃないですか…。
> 澤村さんのお葬式で鈴木にプイ、てしてみたり、6巻の屋上で急に岡部さんに胸の内を吐露してみたり。
> 木根屋のとんかつもなんかそんな感じするかも…。

確かに!自分の欲求に忠実な人じゃないですもんね!
木根屋も、そうして欲しいわけでないけど、そうしたらいい…そうすべきだろ…と頭で考えるところに⁉︎


> まぁ、いつまでもメールがピーピー鳴るぐらいなら、いっそ追いやった方がせーせーするっていうのもあるかもしれませんが…( ̄▽ ̄)

ぶはっ!(笑)それもあるかもですね(笑)
サッサと行け、耳障りだ…と( ;∀;)


> そして岡部さん!
> そうなんです!
> 私も本編の頃は、だんぜん岡部さんの方がおすすめなのに!薪さんは青木なんだもんなー。しょーがねーなー。
> って感じでした!(笑) 思いっきり。青木ごめん!(笑)

しょーがねーなーって!(爆)
Gも、まったく同じで青木になんの魅力も感じないので、岡部さんにしときゃいいのに(持論では岡部さんもコッチなんで(笑))青木が好きってんならしょうがないって雰囲気なんですよ!
岡部さんは全面的に絶賛なんですけどね…(笑)



> や、でもほんとにseason0で元気になられてよかったです…。
> 本編と比べると改めてそう思いますね。
> や、ほんとにseason0で元気になられてよかったです…。

ほんと、元気になられましたよねヽ(;▽;)ノ
ちょっと今、お熱ですが…(←そうじゃない)

この頃の薪さん…違いますよね…この儚さ懐かしいような…主人公がここまで変わっていくのって見応えあって面白いですねー。

Gくんおもしろすぎる

おもしろいのに説得力があります(笑) さすが体験談。

そうなんですよねー…。
本編の頃は、自分より生きる価値がある(と思い込んでそうな)鈴木をその手で殺めてしまったせいで、そんな人並みな感情を持つことを許してなかったですよねー、自分に(T T)
なんちゅう切ない話だ…薪さん…っ(T T) 

それでなくても薪さんて頭と心が別々な傾向にあるじゃないですか…。
澤村さんのお葬式で鈴木にプイ、てしてみたり、6巻の屋上で急に岡部さんに胸の内を吐露してみたり。
木根屋のとんかつもなんかそんな感じするかも…。

まぁ、いつまでもメールがピーピー鳴るぐらいなら、いっそ追いやった方がせーせーするっていうのもあるかもしれませんが…( ̄▽ ̄)

そして岡部さん!
そうなんです!
私も本編の頃は、だんぜん岡部さんの方がおすすめなのに!薪さんは青木なんだもんなー。しょーがねーなー。
って感じでした!(笑) 思いっきり。青木ごめん!(笑)


や、でもほんとにseason0で元気になられてよかったです…。
本編と比べると改めてそう思いますね。
や、ほんとにseason0で元気になられてよかったです…。

ばろん様

> 座談会の続きっ(((o(*゚▽゚*)o)))
> 待ってましたー!
> あぁ、7巻ですね。…色々ある7巻。
> やっぱり御三方、面白いです。好きです(//∇//)

ばろんさん、ありがとうございます~!(*゚▽゚*)
いつもの3名、今回はほぼ感情面についてしか語っておりません・・(笑)


> 私もこの話好きです。
> そうなんですよ、人間の欲というか汚い所がよく描かれてて、実際自分ならって考えました。まぁ、ないですけど。笑
> ホントにね!この話を映像化してくれれば。これ1本で。あれはないわ…いや、もういいですよね。はい。

7巻は面白いですよね~。よくできている!
ここまで色々盛り込んでるのに、あくまでスマート!てとこが清水先生の真骨頂って感じで素晴らしい・・ヽ(;▽;)ノ


> 結構な頻度でひっついてますよね。
> 手を握り合って…(〃ω〃)支え、支えられで。
> 内向きな膝を含めて可愛いすぎですね(*≧∀≦*)

この巻はすごいんですよ・・気持ちの上での繋がりのすごいけど、ボディの密着具合も凄いんです(←言い方)
もう・・薪さんの内向きな膝・・大好物なんです・・(//∇//)
膝が閉じてることは薪剛にとって重要なところです!←決め付けないで


> そして!岡部さんですよー!
> ね?ねっ!Gくん!
> かっこよすぎです。惚れてまうやろ〜状態。
> ここの岡部さんにガシッと掴まれました、私。(かなりどうでもいい)
> やっぱ薪さんには岡部さん必要です。

Gは、このシーンで、大変満足そうでした(笑)
ほらみたことか、岡部でしょ?やっぱり岡部でしょ?とか言ってきてウザいんですがね・・?(笑)
ここは岡部さんの見せ場だし、岡部さんってこういう一面もあるんだな~て分かるシーンですよね。
青木の地味さがちょい残念なんですが・・・(笑)



> 最後になりましたが、試験お疲れ様でした。
> ひとつって…まだあるんですか?
> この歳(あ、ごめんなさい。BON子さんはずっとお若いですよね)になると、覚えられなくて試験とかって…私無理。ムーリーです。
> 息抜き大事です。しっかり息抜きして次も頑張ってください。応援してます。なんならサンバで…笑

わーん!ばろんさん!ありがとうございます!ヽ(;▽;)ノ
そうなんです・・年末までに試験がわんさか控えてまして・・・あと5コ・・( ;∀;)
いえいえ・・若くないんです・・覚えられなくて覚えられなくて唖然とします・・あはは・・←笑うしかない
サンバで応援・・・ワクワク・・・衣装送りますね?←何をさせる気だ
ばろんさん・・励ましてくださってありがとうございます!頑張りますから~~!←ほんと頑張って


> 座談会の続き楽しみにしてます(*゚▽゚*)

今、アップしました~ヽ(´▽`)/
長いですが、お付き合いくださいませ!

やった!

座談会の続きっ(((o(*゚▽゚*)o)))
待ってましたー!
あぁ、7巻ですね。…色々ある7巻。
やっぱり御三方、面白いです。好きです(//∇//)

私もこの話好きです。
そうなんですよ、人間の欲というか汚い所がよく描かれてて、実際自分ならって考えました。まぁ、ないですけど。笑
ホントにね!この話を映像化してくれれば。これ1本で。あれはないわ…いや、もういいですよね。はい。

結構な頻度でひっついてますよね。
手を握り合って…(〃ω〃)支え、支えられで。
内向きな膝を含めて可愛いすぎですね(*≧∀≦*)

そして!岡部さんですよー!
ね?ねっ!Gくん!
かっこよすぎです。惚れてまうやろ〜状態。
ここの岡部さんにガシッと掴まれました、私。(かなりどうでもいい)
やっぱ薪さんには岡部さん必要です。

最後になりましたが、試験お疲れ様でした。
ひとつって…まだあるんですか?
この歳(あ、ごめんなさい。BON子さんはずっとお若いですよね)になると、覚えられなくて試験とかって…私無理。ムーリーです。
息抜き大事です。しっかり息抜きして次も頑張ってください。応援してます。なんならサンバで…笑

座談会の続き楽しみにしてます(*゚▽゚*)

にゃんたろー様

> 怒涛の7巻!!
>
> この巻はお話も面白いし、青薪もある意味ターニングポイントのお話ですよね〜〜。
>
> そしていつもながら3人の掛け合いが面白いです!

にゃんたろさん、ありがとうございます!(*゚▽゚*)
7巻はほんと面白いですよね。そうなんです!青巻のターニングポイントでもあって!
重要な巻だからこそ面白いんでしょうね~ヽ(´▽`)/


> Gくん……
> 岡部さんカッコイイよねえ〜〜!!
> 普段はわりと気が小さくて幽霊にビクビクしたりするのに、薪さんのためならエーンヤコラな感じが愛おしい!!
>
> 7巻は岡部さんがとてもカッコよかった……!!

あの、豹変する岡部さんが最高にカッコイイですよね・・
私、ヒロインのためにヒーローが怒りから豹変してしまうシーンに弱くて・・・(←定番)
薪さんって・・本人気付いてないけど、すご~~く大事に思われてるんですよね~。
なのに、孤高な雰囲気出してるのがまたいいんですが・・(←結局?)


> しかし改めて見ると、ほんとえらいスキンシップ多いですね。青薪………
> たしかにこれでは「どう見たってそう」ですね!!「

すごいですよ。この巻は(笑)
わざとですよね?(笑)清水先生・・ww
別に大臣とのシーンで手を握らせる必要はないと思うんです。
しかし、敢えて!敢えて握らせて、しかもアップで見せたり・・

ここはこだわって握らせたんでしょうね~~(//∇//)

そうです、どう見たってそう!です(笑)
「そうです」と言ってないだけで、そうなんです(笑)←ややこしいわ

なみたろう様

> パチパチパチパチ…お待ちしてましたァん。
> 冷静沈着Mさんと視点が最高なG!!(°▽°)
> てかGくんまだ全部読んでないのね、season0も。Gくん合わせなんですね。あ、この当時、なんですかね?

なみたろうさん!盛大な拍手ありがとうございます(//∇//)
そうなんです、当時なんですけど座談会までに一冊読んで来るんで遅いんです(笑)だから、Gは先を知らずに座談会してます。
今は原罪まで読んでます。
私が記事にしてないだけなんですよ( ;∀;)


> 7巻はやっぱり、あちこちで手を握り合う青薪ですねぇ~しみじみ。
> もうあの絡めた指と指で気持ちが通じあってるんじゃないかと。あ、片方無自覚ですね、このスカポンタン。
> 薪さんの切ない想い爆発…

手を握り合い過ぎ…最高です(//∇//)
絡めてるんだから、その瞬間は気持ち通じてますよ、でも無自覚なんです!T^T
無自覚であんだけ手を握るってどうなんだ、このやろう青木…怒
薪さん…また爆発させてくれませんかね?そろそろ…ワンモアプリーズ切ない爆発…ヽ(;▽;)ノ


> Gくん、薪さんはね…薪さんはね……
>
> ドMなんですよ。

ぶはぁ!!(爆)
ドM…(笑)
だから、自分が辛い方辛い方に…T^T
Gには理解できないのは当然ですわ…(笑)


> 自分を苛め倒す人なんですよ。4巻のアレもある意味自傷行為ですよ。なんなら幸せになっちゃいけないぐらい思ってるんです。

あ、わかります!あのヤケクソ目隠しチョメチョメ(←おいこら)
薪さんってなんて自虐的で、またそこが愛しい…ヽ(;▽;)ノ


> あ、でも私も最近、薪剛ゲイ説あるかもと思い始めました。
> 根拠はデータ紛失事件の鈴木王子回想シーンなんですが。
> あれ明らかに薪さん、鈴木さんの自分への想いわかってて止めましたよね?てことは、と思って。当時から自覚はあったんだな、と。

それぇ!私も思いました!!
明らかにそれ以上はダメだ的な空気出してましたよねぇ!!あれは衝撃でした。清水先生があの感じで描かれたことにも、これは…その路線ありなのか…?ヽ(;▽;)ノと、ドキドキしましたよ。
自覚ありますよね、いやー本編では分からなかったとこをスピンオフでちょいちょい描いて下さるので、もうずっと続いて欲しい…(о´∀`о)


> ううう。枕を濡らしながら後半待ってます…

後半…早めに上げたいと!もうすぐ上げます(笑)
なみたろうさんの枕を守る為に!!

まってた!

怒涛の7巻!!

この巻はお話も面白いし、青薪もある意味ターニングポイントのお話ですよね〜〜。

そしていつもながら3人の掛け合いが面白いです!
Gくん……
岡部さんカッコイイよねえ〜〜!!
普段はわりと気が小さくて幽霊にビクビクしたりするのに、薪さんのためならエーンヤコラな感じが愛おしい!!

7巻は岡部さんがとてもカッコよかった……!!

しかし改めて見ると、ほんとえらいスキンシップ多いですね。青薪………
たしかにこれでは「どう見たってそう」ですね!!「

キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)7巻んん!!

パチパチパチパチ…お待ちしてましたァん。
冷静沈着Mさんと視点が最高なG!!(°▽°)
てかGくんまだ全部読んでないのね、season0も。Gくん合わせなんですね。あ、この当時、なんですかね?

7巻はやっぱり、あちこちで手を握り合う青薪ですねぇ~しみじみ。
もうあの絡めた指と指で気持ちが通じあってるんじゃないかと。あ、片方無自覚ですね、このスカポンタン。
薪さんの切ない想い爆発…

Gくん、薪さんはね…薪さんはね……

ドMなんですよ。

自分を苛め倒す人なんですよ。4巻のアレもある意味自傷行為ですよ。なんなら幸せになっちゃいけないぐらい思ってるんです。

あ、でも私も最近、薪剛ゲイ説あるかもと思い始めました。
根拠はデータ紛失事件の鈴木王子回想シーンなんですが。
あれ明らかに薪さん、鈴木さんの自分への想いわかってて止めましたよね?てことは、と思って。当時から自覚はあったんだな、と。

ううう。枕を濡らしながら後半待ってます…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BON子

Author:BON子
清水玲子さんの「秘密 THE TOP SECRET」にハマったアラサーBON子が妄想の淵を行き来しながら思ったことをメモしてます。