記事一覧

秘密 8巻 BGM座談会

こんにちは。

出張中も変に呟いてしまい・・・励ましのコメントなど頂きまして

ありがとうございました!じーーん・・・ときて頑張れましたよー!

そして



やっと本日ゆっくりする時間が持てたので

8巻座談会をアップしたいと思います。

楽しみにして下さった方には・・お待たせしました!

今回はしょっぱなから



とんでもねぇ・・・



感じですので・・どうぞ色々ご容赦ください・・(笑)


そして、今回、予告通り・・・

M希望により・・・




昼下がりのお茶会的BGM座談会


です。←なんなんだよ、それ

では、グダグダ言ってもアレなんで・・



どうぞ・・・













休日のある朝。

BON子は頑張っていた。

粉まみれになって。

MGが来るのでお茶会の準備をしていたわけで・・・

そこへ・・・





G 「お邪魔しまぁああああすぅ!!!ひゃあ!いい匂いするぅ!」

M 「うわ!久しぶり!このいい匂い!」

ボ 「もすぐスコーン焼けるんでぇ・・サンドウィッチでも食べてて・・・」

G 「ちょ・・なんか疲れ果ててない!?汗」

ボ 「朝から焼き続けて疲れたわ!あんたたち!早く来て手伝えよ!」

M 「いいけど・・・役に立たないよ?」

G 「あんた、ちょっとは料理できるようになりなさいよ!」

M 「おまえに言われたくないわ!」

G 「ぶどう持ってきたよ!」←箱で買ってきた

ボ 「ありがと・・なにその量・・・汗。あんた、8巻ちゃんと読んできた?」

G 「もちろんよ!持ってきたよ!今回、色々言いたい。最初、最高だったよね!」

M 「飲み会?笑」

G 「そうそう。その前の雪子とのバトルもさ!あ、これ食べていいの?」

ボ 「スコーンは焼きたて食べるとして、始めるかね。しっかり読み込んできたみたいだし(笑)」

M 「わ~~~い!久しぶりだこれ~~!!」

G 「今回、言わせてもらうわ」

ボ 「いつも言ってんでしょ?笑」



とうい感じで、スコーンとかサンドウィッチとかをビクトリアスポンジとかを頬張りつつ、茶をすすりつつ

8巻座談会は始まった。






IMG_5670.jpg

G 「なんか優雅な気分での座談会だね・・・今回!もぐもぐ・・・」

M 「そうそう、今回はさ、ちょっとお上品にいきましょうよ」

ボ 「そうね?いつも下世話過ぎだからさ!もぐもぐ・・」

G 「では・・・みなさま・・・?準備はよろしい?まず、わたくしから意見を述べさせて頂いても?もぐもぐ・・」

M 「・・・・笑」

ボ 「よくってよ?Gさま?ご意見お聞かせください」

G 「まず、今回は・・・」






G 「青木と雪子の婚約祝い???怒怒怒」ふるふるふる・・・



ボ 「ぶはっ・・(笑)」

M 「Gさま、落ち着いて?笑」

G 「あぁ、そうでした・・・失礼、失礼・・・」

ボ 「最初から怒だな・・ww」

G 「だって!いつのまに、こんな公認で祝福モードになったわけ?怒」

M 「順調なふたりだよねぇ・・・」

ボ 「でもさ、私、このふたりが一緒にいるとこ見るとね?ほんと似合わないふたりだなぁ・・・と思うんだよね」

M 「たしかに。鈴木さんとの方が似合うね、雪子さんは」

G 「青木は薪さんとの方が似合うよね」

ボ 「それ!そうなの!」

M 「しかも、雪子を薪さんと間違えてるしね・・・笑」

G 「青木、やばいよね・・・」

ボ 「ほんと好きだからね?薪さんのこと・・」

G 「でさ、ここですよ、ここ!」

G 「この・・・エレベーターの戦い・・・」

ボ 「すごいよね・・このふたり」

M 「薪さん、雪子さんほんと苦手ってか嫌いだよね」

ボ 「なんかあるんだねぇ・・このふたりは・・・」

G 「いや~・・・」







G 「薪さん、女だねぇええええ・・・(しみじみ)」←え?








ボ 「え!いや!女だねぇって!おい!」

G 「女よ、女!」

G 「見てみ?この顔!」








IMG_5671.jpg
G 「「ご婚約おめでとうございます」 「三好雪子先生」←この言い方!顔!」←すっごい嫌な言い方してました


G 「この言い方は女だよ~~。いいねぇええ!こんな言い方する!?」

M 「あんたするやろ?笑」

G 「するねぇ・・・

ボ 「するんかい(笑)」

G 「もんすごいイヤミよね!祝う気は微塵もないよ。当たり前よね、そりゃ。ふたりも男取られて」

M 「Gさま、お言葉が過ぎません?」

G 「あ・・・ふたりの殿方を盗みあそばされて・・・」

ボ 「いや、言えてないから・・盗みって・・笑」

G 「でさ、更にすごいのが、「青木への心変わりをなぜ僕に?「鈴木」ではなく?」て!」

ボ 「これは、私もビックリした。薪さん何を言い出すんだと・・」

M 「でもさ、薪さん、こんなふうに本気で思ってんのかな?だとしたらやばくない?」

G 「そりゃあんた・・ふたりも男取られたら、屈折もするよぉおお・・・」

ボ 「いや、そこ原因?(笑) 薪さん、自分も心変わりしてるのにね・・・」

M 「結構キツいよ?この考え。操立てろとでもいいたいわけ?裏切りってこと?」

G 「そりゃあんた、2人連続で取られたんじゃ・・・」

M 「うるせぇよ・・・(笑)」

ボ 「なんか言い訳しようとしてる雪子さんを見て、思わず言ってしまったのかもね」

M 「ただのイヤミにしてもキツイなぁ」

G 「あんたたちね・・・そんな単純な気持ちじゃないの!思いを伝えることもできず最愛の人を奪われてるんだからね?薪さんだって、ドロドロしちゃうんだから!だからこのシーンは面白いんでしょ!?」

ボ 「そ、そういう面白さだった?ここ(笑)」

M 「で、更に雪子の反撃がまた凄いよね・・(笑)」

G 「そう!この女は負けないからね!「克洋くん」を裏切ったと「あなた」が責めるの?私から克洋くんを奪ったおまえが言ってんじゃねぇよ、て言いたいんでしょ?1番キツいよね、またこの人・・(失笑)」

M 「キツいね・・・(笑) まぁ・・でも薪さんから仕掛けてるからなぁ・・・」

ボ 「薪さん、泣いちゃってるしな・・・」

M 「負けたね・・・」

G 「やっぱすごいね・・・・」









G 「女と女の戦い・・・」







ボ 「ぶはっ!(笑) ちょ!女と女とかやめてよ!(笑)」

M 「まぁ・・これは・・・確かにそうよねぇ・・・」

G 「完全に女と女だよ?清水先生、意識して描いてんじゃない?しかも、超どギツイやつだよ。本気で傷つけあうやつ」

M 「ふたりともエリートだし、性格キツイからねぇ・・・」

G 「そう、相手をぐぅの音も出ない程たたきつぶす術を知ってるわけ」

ボ 「エレベーターで・・・笑」

G 「でもさ、雪子は薪さんのこと好きじゃなかったっけ?」

ボ 「そう・・・だから複雑?傷つけあう運命・・・」

M 「深いねぇ・・・エレベーターの合戦」

G 「だから面白いのよ!このシーーンはぁあ!!喜」

ボ 「あんたさ、事件よりこういうとこで1番イキイキしてるよね?」

G 「こういうのが1番面白い!事件も面白いけどこの人たちの人間模様が1番面白いじゃん!」

M 「事件もの読む必要ないじゃん・・・(笑)」

G 「そうかもね・・・ふ・・・ww」

ボ 「ちょっと、秘密はまず、事件!が面白いんだからね!?」

G 「じゃあ、あんたこの事件が薪剛というむさくるしいおじさんが難事件に挑んで、男を好きなわけでなく普通に暖かい家庭を築いてる設定だったら、ここまでハマってるわけ?」

ボ 「ダメよ!薪さんは美しすぎて儚くなくちゃ!!!」

G 「でしょ?薪さんだから秘密が好きなんでしょ?その薪さんが青木を好きだから秘密が好きなんでしょ?」

M 「青木を好きだから?(笑)」

ボ 「そこ、一応グレーゾーンだから」

G 「とにかく、秘密で1番面白いのはこういうとこなんだよ」

M 「偏ってんなぁ・・・」

G 「はい、次!」

ボ 「次はもうアレでしょう・・ww」

M 「アレね・・・庶民派の事実判明・・・ww」

G 「なに、庶民派って・・・」

ボ 「薪さんのファッションだよ!」

M 「Pコートに、パーカー・・・(笑)」

G 「なによ?」

ボ 「え・・・まさかのこっちか?じゃない?いつもあんな怖い感じなのに、私服これかよって・・・え・・」

M 「スーツとのギャップが凄いよね・・・」

G 「え・・・」








IMG_5635.jpg

G 「かわいいじゃん?」(なんだと?)




M 「えぇ!!!(笑)」

ボ 「あんたこういうの好き!?そうなの!?」

G 「え~~好き~!可愛い!こんな感じで来られたら可愛いな~って思うよ!」

M 「ま・・・まさかの・・ww」

ボ 「ゲイウケいいのか・・・?震」

G 「こういうの好きな人もいるよぉ」

M 「まさか・・薪さん・・・それを見越して?ww」

G 「あるかもね?ゲイウケファッションも心得てんの。この後会う人の趣味かもよ?」

ボ 「アホか!(笑)」

G 「だって、可愛いもん。デートでこんな感じで来られたらマズイな~~」

M 「そういえば、あんたの相手いつも可愛めなファッションだね・・・(笑)」

G 「そう!かわいいじゃん!薪さん、かわいい!これいいよ!」

ボ 「やっぱ、女と見る感覚違うんだね・・・」

G 「そうなのかな~そうかもね。こういう感じ、一部でかなりウケると思うよ」








M 「ナップサックでも?」



G 「えぇ?」




G 「いや・・まぁまぁ・・・え・・ほんとだね?」

G 「・・・・・・笑」

ボ 「まさかのナップサックなんだよ・・薪さんのお出かけバッグが・・・涙」

M 「庶民派の極地」

G 「まぁまぁ・・・かわいいよ・・・かわいいよぉ・・なんか可愛いじゃん!アリだよ!」

ボ 「許容範囲なんだ?」

G 「いや、なんか逆に愛しいよね?ナップサックとか・・・むしろ薪さん可愛いよ」

M 「なんか好きになってきてんじゃない?」

G 「うん、これはかわいい。今まで薪さんに何も感じなかったけど」←おい

M 「気に入ってる!(笑)」

ボ 「そっか・・(笑)でもさ、今まで飲み会に姿を現さなかった薪さんが来てくれたと思ったらこの格好・・」

G 「そこ・・・そこよ?」

M 「なにが?」

G 「気付いてないの?なんで薪さんが、今日!この日に!ここに!飲み会に現れたのか!」

ボ 「え・・・?」

M 「いや、ここそんな深いことないでしょ?(笑)」

G 「はは~~~ん!はいはい!薪さん!はいはい!て思ったよ」

ボ 「いや、ここ何もないでしょ(笑)普通に青木を祝福し、第九の全国展開を話すいい機会・・みたいな・・・」






G 「はあああぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・」←すんごいため息





G 「ぜんっぜん、読み込めてないね?」

ボ 「え・・ここ?ここ掘り下げられた?」

M 「で、なんなの?(笑)」

G 「僕はすぐにわかったよ?薪さんが出席した理由」

ボ 「なんだよ・・・ww」

G 「それはね?」









G 「青木に嫌われてないかな?て様子を見に来たの。」←本気です










ボM 「は?」




ボ 「な、なに言ってんの?汗」

M 「なんで薪さんが青木に嫌われるの?(笑)」

G 「これだから何もわかってない!さっき散々話したでしょ!?薪さんは雪子とあんな喧嘩したんだよ!?しかも、婚約を祝福してない感、丸出しで、しかも!鈴木の名前を出して、まるで裏切り行為と言わんばかりのイヤミを言った!これを雪子が青木に喋ったらどうする!?青木に嫌われちゃうよ!悪けりゃ軽蔑されてすべて終わりよ!」

ボ 「え!それで、薪さんはいてもたってもいられず、飲み会に青木の様子を伺いに来たってこと!?」

G 「そうよ。当然でしょ?僕だったら恐ろしくて眠れない・・・」

M 「あんたの話だろうが!!!(爆)」

ボ 「アホか!(笑)薪さんがそんな低俗なことするわけないでしょ!!!怒」

G 「何言ってんの!青木のことが気になって気になって来たんだよ!間違いない!」

M 「薪さん、Pコートとパーカーで偵察に来たんだ・・・かわいいな・・(笑)」

ボ 「ない!ないから!(笑)そんなアホなこと!薪さんはしません!この、「雪子さんを大切に」だってこの人、本気で言ってるんだよ!苦しくても心からそう言える人なの!」

G 「は・・・?」




G 「ばっか・・・


ボ 「え?」





G 「ばっか・・・








G 「馬っ鹿だなぁああああ!!!」(なんだと?)





M 「ばか・・馬鹿・・・ばっかだなぁ・・?笑」


G 「本気で言えるわけないでしょ!?(怒)本気なわけないじゃん!雪子に言ったのが本気だよ!青木には嫌われたくないから!そう言うしかないでしょ!ほんとはドロドロなの!ここにだって結構ドロドロな感じで来てんの!」

M 「ドロドロで?薪さん、そこまで思ってる?(笑)」

ボ 「薪さん、そんな感じじゃないだろ?どう見ても」

G 「ちょ・・」







G 「あんたたち、薪さんを何だと思ってんの?」怒怒怒







ボM 「爆笑!」

G 「笑わない!薪さんだって普通の男なんだよ!ポーカーフェイスだけど、青木の反応を気にしたり、嫌われてないか、チクられてないか気にしたりするの!ドロドロしたもの持ってんの!」

M 「普通ではないような・・ww」

ボ 「百歩譲ってドロドロだったとしても、チクられてないか偵察にはこないと思うよ?」

G 「もう薪さんが、かわいそう!こうやってやたら神格化されてさ!おちおち馬鹿なこともできやしないんだから!

ボ 「ん?なんかどっかで聞いたセリフだな・・・」

M 「でも、雪子さん、チクッてないみたいだよ?(笑)青木、薪さんと離れたくなくて泣いてるし(笑)」

G 「そう、そこで安心したわ」

ボ 「なんだよそれ(笑)」

G 「てかさ、なんなんだろうね・・・青木は?ほんと1番タチが悪いわ。」

ボ 「薪さんのことを異様に好きなのは間違いないけど気づけないねぇ・・・」

G 「だからタチが悪い!こっちも期待する!嬉しい!」

M 「嬉しいんだ(笑)」

G 「だって、こんな風に男が自分のために泣いてさ・・しかもそれが好きな相手なら堪んないよ?」

ボ 「一応、ここでもみんなの名前出してるけどね?」

M 「そのあたりはしっかりしてんな青木(笑)」

G 「でさ・・これなんなの?「この人がどこに住んでいてもいい。誰を好きでもいい。もし結婚していても。子供がいたとしても。朝、この人が必ず第九にいてくれたら」って・・・(困惑)」

M 「どうでもいい、言ってるけどね(笑)」

G 「そのどうでもいいってわざわざ例を出してる3つが割と恋愛的に関係してくるものだからね?」

ボ 「ほんとだ!言われてみれば!」

G 「でさ・・・ここまで熱烈なのに・・・最後のくくりの願望が」






G 「(一緒に)捜査できたら・・・て・・・」困惑困惑困惑





ボ 「ふふっ・・!笑」

G 「なんなの?この人?マジで掴めないから」

M 「普通に読めばいいんじゃない?マジで!青木は薪さんとずっと!一緒に捜査がしたいんだよ。それが今の青木の最大級の愛情表現」

ボ 「青木にはこの言い方しか出てこなんだねぇ」

G 「だから、1番タチが悪いんだってぇ・・・薪さん、辛いね、こんなの好きになって」

ボ 「そう・・・辛いの・・・そこがまたいいんだけどね?」

G 「でさ、この後、薪さん、やっぱすっごい嬉しかったんだろうねぇ・・・予定をやめてさ・・・青木のそばに・・」

M 「てかさ・・青木泣きすぎじゃない?ベンチに移動してもまだ泣いてんじゃん。ひどいねこれ(笑)」

G 「このシーンさ・・・」







G 「青木のあざとさが見えたね・・・」(真顔)







ボM 「えぇ!?」

ボ 「今度はなんだよ!」

M 「今日すごいな・・ww」

G 「冴えてるでしょ?」

ボ 「冴えてねぇよ!」






IMG_5672.jpg
G 「ちょ・・じゃあこれ見て?ここ。ベンチで顔を隠してうつむいてる青木。そこに薪さんが缶コーヒーを買って現れる。青木のそばにコーヒーを置く。この青木の表情。見て!」

ボM 「え?(笑)」













IMG_5674.jpg
G 「来たな来たな~~薪さん」←信じられないくらいイヤらしい言い方で







ボM 「爆爆爆!!!」




ボ 「ちょ!!青木どんだけあざといんだよ!(笑)」

M 「すべては青木の計算通り!!?(笑)」

G 「そうだったみたいね・・・騙されるところだった・・・」

ボ 「アホか!あんたどんな読み方したらそういう解釈になるわけ!!?」

M 「本気だからね?この人(笑)」

G 「え、だってそうじゃん。そっちが読みが甘いんだよ。清水先生の意図をくみ取ってない」

ボ 「そんな意図があるわけなかろうが!!!ここは薪さんと青木が静かに心を通わせるシーンなんだよ!」

G 「だから、ここまで持ってくるのに青木の策略が」

M 「いつから青木、策士になったの?(笑)」

G 「だってさ、見て?「どなたかととお約束では?」てさっそく、さりげなく聞いてるからね!」

ボ 「プライベートはどうでもいいとかいいながら?」←のるなよ

M 「この相手、誰なんだろうね?」

G 「そりゃ、それなりのお相手よ。わかんないの?4巻の時と同じ状況!あの時も青木が雪子に惹かれたから自暴自棄になってたじゃん。で、今回は婚約だよ?もうどんすんの?お相手も必要ってもんよ」

ボ 「そんな・・・(笑)」

M 「こんな格好で?(笑)」

G 「親しい相手だろうね。断りのメールもかなりシンプルだし」

ボ 「年上っぽくない?」

G 「そうだね・・・年上の男だからけっこうオヤジ?」

M 「男なんかい(笑)」

G 「あたりまえでしょ?」

ボ 「でも行くのをやめたんだね・・?青木のために・・涙」

G 「よっぽど心を打たれたね・・・もう、青木サッサと気付いてよね、自分の感情なんだからさ!」

M 「まぁ・・・最後まで楽しみに読みなよ!」

G 「最後くっつく?青木、自分の気持ちに気づく?」

ボ 「まぁ・・・だいぶ密着はするよ・・・」




G 「キス?」



ボ 「なんであんたいつもキスなんだよ!!(笑)」

M 「お楽しみに・・(笑)てか、早く読んで?遅いから」

G 「読むし!てか、8巻ぜんぜん進んでないよ?(笑)」

ボ 「この最初のエピソードにどんだけ時間使ったんだよ!」←2時間くらい話してました

G 「じゃ、そろそろ事件行こ。さくっと済ませよう!」

M 「事件に対する気持ち低っ・・・ww」

ボ 「私、この話、好きじゃない・・・だから8巻はあんまり好きじゃない。」

G 「え!なんで!?珍しいね!」

ボ 「なんか、教師が子供を利用してって設定が多分自分の中で気持ち悪くて受け入れられないんだと思う」

M 「この教師、ひどいよね。救いようがない。殺人だけじゃなくて、とことん悪人だよ」

G 「そうね・・・でも最近は教師の犯罪も多いし、驚かないけどね」

ボ 「ヤなんだよ。この教師。で、子供がかわいそうでならん」

G 「教師が立派なんてもう神話だよ。だから清水先生はよくこれ描いたなぁって思うよ?そこにメスを入れてんじゃん」

ボ 「そうなんだよね・・清水先生が勇気を持って描かれていること方から目を背けちゃダメだよね・・でもすっごい腹が立つんだよ、この事件。なにかしら理由がある事件が多い中で、この人完全に自己中でしょ?」

M 「うん、この犯人はどうしようもないよね。」

ボ 「だから最後に薪さんが「あなたが本当は子供に愛される教師なら・・・」とか言った時も、んなわけねぇだろ!?て思った」

G 「薪さん、ちょっと甘いよね?」

ボ 「そういうところも好きなんだけどね?清水先生、救いようのない事件を描きながら、薪さんにそういうこと言わせるでしょ?そういうとこ好きだよ」

M 「結局好きなんかい(笑)」


G 「この車にひかれた少年もかわいそうだったね・・・じいさんもなんで子供にこんなこと言ったかなぁ・・・」

ボ 「極限の状態だもん」

G 「そうだよね・・・ねぇ・・これ東日本の前だよね・・・」

ボ 「そうそれ。びっくりだよね」

G 「すごいね、清水先生」

ボ 「震災で傷ついた子供を題材にしてるんだもんね。それが更なる不幸な事件に繋がって、ちょっと辛すぎ」

M 「人にとってのトラウマってすごいね。なんかMRIってそういう色々見せてくるね。この男の子目が精神的な理由で見えてなかったのもMRIで初めてわかったわけじゃん。男の子は隠してたんだよね。」

ボ 「そういのは面白かったけど。あと、薪さんのコスプレとか」

M 「アレ!可愛かったね・・(笑)」

G 「え、あの警官の格好の?あれ、清水先生描きたかっただろうね。あれは僕はそこまで・・・だったな・・」

ボ 「やっぱ感覚が違うなぁ・・・(笑)」

G 「それよりさ!あのハゲの山本は今後必要なキャラなわけ!?今頃になって出てきて!だってもう8巻だよ?しかも突然あんな見た目の・・・汗」

ボ 「うん、結構重要かもよ?」

M 「結構いいこと言うかもよ?この先」

G 「あ!そうなんだ!今後ね?だったらいいいい!」

G 「あとさ・・・」









G 「やっぱ岡部はこっちだね・・・?」






ボM 「えぇえええ!!?」

ボ 「ど、どこで!?どこで!?汗」

M 「あんた、その説、忘れてなかったんだ・・・(笑)」

G 「忘れるわけないじゃん。ほら、見て、ここ。青木が必死に自分の推理を話してて、興奮しすぎて薪さんの肩を掴んで!ほら!」








IMG_5673.jpg
G 「見て?この岡部・・・」

ボ 「なんだよ!(笑)」

G 「赤くなってる!岡部はすぐ青木が薪さんになにかしたら赤くなるんだよ!ほら!今井さんはなってない!岡部っていつもだもん!これは自分も意識してるからだよ!」








M 「青木を?」

G 「そう」(真顔)





ボ 「・・・(笑) 確かに岡部さんはよく赤くなってるけど、それは可愛い見た目の薪さんに青木がボディタッチしちゃうから・・」

G 「だからさ、なんでそこで赤くなる?男同士が肩を掴んだからって、他の男が赤くなるか?岡部は意識してんだよ!」

M 「そうかもね・・そうれはあるかもね」←おい

ボ 「あんたまでノルなよ!(笑) どんだけ第九愛憎劇膨らむんだよ!」

G 「現実を見て」

M 「現実ではない」

G 「いや~~、この巻は面白かったね~」

ボ 「事件のことほぼ話してないけど」

M 「ほぼ下世話なはなし・・・」

G 「え・・?今日は優雅な設定なんだから」

ボ 「途中から全員その設定忘れたわ」

G 「この先、どうなるんだろう~~、薪さんの恋・・」

M 「ちょっと恋どころじゃないかも・・・」

G 「え・・?」

ボ 「青木が大変なことになちゃうし」

G 「え!!!青木が!?なに!?任務中に!!??」←笑

M 「とにかく読んで?あと4巻?(笑)やっとあと4巻か」

G 「まかせて!」

ボ 「多分、こっからは話が核心に向けて動くから、止まんなくなると思うんだけどな~~~」

M 「うん、私も気になって一気に読んだもん」

G 「漫画に慣れてないからねぇ・・・」

ボ 「言うことだけは一人前だけどね?」

G 「ぶふ・・(笑) とりあえず、薪さんと青木の恋の行方だけは見届けなくちゃね」

M 「だけって・・・(笑)」

ボ 「じゃあ、次は9巻座談会ね」

G 「多分、すぐ読めると思う!」

M 「で、結局前日に宿題みたいに読んでくるパターンでしょ?(笑)」

ボ 「課題だよ!課題!次は9巻感想をまとめてくるように!」

G 「はい!明日までには仕上げます!」

M 「明日、LINEするね?」

G 「あんた意地悪ね?」

ボ 「青木か!(笑)」









ということで・・・


長々と失礼いたしまいた!


8巻座談会終了です!


今回、ほぼ事件のこと喋らずアホなことばかりで、ほんとに今回ばかりは!すみません!(←いつもだぞ?)



Gの持論に振り回された8巻座談会でした。

ほんとに一体どういう読み方してるんでしょう・・・


そして、まだ忘れてなかった青岡設定・・・( ;∀;)


次回9巻座談会ですが


9巻と言えば・・・青木君の一大事でもありますが・・・


アスマン(滝沢)の登場巻でもあります。



さすが・・・




もうお気づきですね?







Gが叫びます・・・(色々と・・ww)





ということで、先に謝っておきます。




今回も次回もすみませんでした!!!




では・・・





またそんな気分になったら9巻座談会いきたいと思います。←おい



本日も、お付き合いありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

ナッツ様

> わたくしまだ8巻はじっくり読んでないので、内容についてはうまいこと語れないのです。ああ!

ナッツさんこんばんは!お返事遅くなってすみません!
8巻・・中々深読みできる巻で面白いですよね~~ぜひGとは違う深読みをなさってみて下さい!


> でも座談会すごく面白くて、また声出して笑いながら読んだのでコメントしたい。
> だからスコーンの事書きます。
>
> BON子さんのスコーンがとても美味しそう!でテンション上がりました。
>
> 私もスコーン作りにハマった経験アリなのでなんだか嬉しいです。
>
> ただ、私の情熱はひたすら効率化に向かってしまい、オーブンに入れるまで10分!とかやって悦に入ってました(笑)

ナッツさんもスコーンお好き!?(*゚▽゚*)
スコーンって少しの違いで出来上がりが全然違うので面白いですよね~!

オーブンに入れるまで10分ってすご!早いですね~~!
私は1時間は寝かせるので・・それまでは多分、15分くらいでできるんですけどね?(笑)

座談会もたくさん笑って下さって嬉しいです(//∇//)
コメントありがとうございます!



> イメージとしては映画ハンニバルで、レクター博士と電話してたらクラリスの携帯の充電が切れそうになって、
> ダッシュで充電するシーンみたいなテンションでスコーン作り(ごめん読み飛ばして)。

あはは!!!(笑)
面白い!その例え!!!(笑)
クラリスの焦りレベルですか!


> そして、内容については触れないと言いつつ一つだけ。
>
> 女の戦いっていうのはホントにそうだな〜と思いました。
> 確かに男の人の表情じゃないですね。
>
> 雪子さんに昼ドラ的女の戦いを挑むも、悪女の仮面を一撃で割られてあんな顔で泣く薪剛…

いいですよねぇ・・あのツーーン!からの、いや~~な顔でのイヤミ(笑)からの!号泣!(笑)
最高ですよぉおお・・(//∇//)


> あーあもう、できもしない事やろうとするから…
> でも悔しかったよね…悲しかったよね、やってらんないよね!
>
> と肩を抱いて飲みに連れて行きたくなりました。
> というかGさんあたりにゼヒそうして頂きたい(笑)

ぶはっ!(笑)
その役、Gでいいんですか!?(笑)
多分、薪さんうんざりきて・・すまないが、黙ってくれないか?て・・( ;∀;)


> もう…こんなコメントですいません(^_^;)
>
> じっくりじっくり読んだら、また8巻について何かつぶやきに来る…かも(笑)
>
> それでは、BGMの皆さんのさらなる飛躍、というかブッとんだ感想をお待ちしております!

ナッツさん、楽しいコメントですよ~~!(//∇//)
ありがとうございます!

ぜひぜひ!また8巻読んで、なにか叫びたくなられたらお越しくださいませ!

ブッ飛んだ感想・・(笑)はい!頑張ります!

てか、9巻からシリアスなんで、BGMもさすがに・・・?・・どうだろう・・(笑)

今回も最高でした(笑)!

わたくしまだ8巻はじっくり読んでないので、内容についてはうまいこと語れないのです。ああ!

でも座談会すごく面白くて、また声出して笑いながら読んだのでコメントしたい。
だからスコーンの事書きます。

BON子さんのスコーンがとても美味しそう!でテンション上がりました。

私もスコーン作りにハマった経験アリなのでなんだか嬉しいです。

ただ、私の情熱はひたすら効率化に向かってしまい、オーブンに入れるまで10分!とかやって悦に入ってました(笑)

イメージとしては映画ハンニバルで、レクター博士と電話してたらクラリスの携帯の充電が切れそうになって、
ダッシュで充電するシーンみたいなテンションでスコーン作り(ごめん読み飛ばして)。

そして、内容については触れないと言いつつ一つだけ。

女の戦いっていうのはホントにそうだな〜と思いました。
確かに男の人の表情じゃないですね。

雪子さんに昼ドラ的女の戦いを挑むも、悪女の仮面を一撃で割られてあんな顔で泣く薪剛…

あーあもう、できもしない事やろうとするから…
でも悔しかったよね…悲しかったよね、やってらんないよね!

と肩を抱いて飲みに連れて行きたくなりました。
というかGさんあたりにゼヒそうして頂きたい(笑)


もう…こんなコメントですいません(^_^;)

じっくりじっくり読んだら、また8巻について何かつぶやきに来る…かも(笑)

それでは、BGMの皆さんのさらなる飛躍、というかブッとんだ感想をお待ちしております!

ゆけさぁあ~~ん!!涙

> 私、一期一会ってざっくり「出会いを大切に☆」ぐらいにしか思ってなくて、何の気なしにwikiったんですよ。
> そしたら……
>
> 「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」
>
> 涙腺崩壊……(涙) ま、薪さぁん…………
> ……そんな想いで……

え・・ちょ・・ゆけさぁあああああん!!!(号泣)
「この一瞬を大切に」て薪さん、ずっと思ってたんだ!これ、薪さんの大切な思いのひとつなんですね!

いや、なんかそしたら凄いわ・・ここで「一期一会」て特別編に銘打ってる清水先生が!
第九の絆でもあるし、薪さんの思いでもあるわけですよね~~( ;∀;)
で、ずっとこの日が来るのをひとり知ってて、きっと一番第九解体を淋しく思ってるのも薪さん・・・
で、そこで素直に泣きじゃくる男、青木一行・・( ;∀;)←でも多分そういうところが薪さん好き

「今できる最高のおもてなし」って!!!(号泣)
ちょ!これ、まんまピッタリ!
いつも参加しない薪さんが来て、祝おうとしてるってとこがもう!それなんだから!!!(号泣)


> ここ掘って行ったらかなり楽しそうですよね!←余計な妄想っていうのでは?
> 座談会、最高〜〜っ (//∇//)o!
> あ、プシッ!って呼んでくれたからまた来たんですけど♪ ←どっかの大魔王か。

いや、ここ、実は凄く深いですね!ここの心境的なものは掘り下げたい!ぜひ!
座談会も捨てたものじゃかったか・・(笑)

あ、やっぱり来てくれると思ってました、プシッ!で(笑)
淋しい子供のようにプシッ!としたら薪さんにも青木がすぐ来ればいい・・←え?


> やー、今だにこんなとこにいてすいません……(//∇//)ゞ(ここの流れ考えてたら楽しくて…(笑))
> 東京めぐり、楽しそうですねえ!にゃんたろーさん、かわいい……////
> 私も白い焼き菓子大好きですよ♪ 小麦粉食ってる!って感じの手作りっぽいのが特に。
> ただ…猫の顔面めがけて棒を差してるところが浮かんでおもしろくなっちゃうのが、私のダメな所です……(笑)

いやいや、最高ですよ、ゆけさん!大好物ですよ、ゆけさん!!
深いな~~秘密深いな~~ヽ(;▽;)ノ

ぶふ・・(笑)にゃんたろーさんになっちゃってる・・もうこれ・・(笑)
ゆけさんも、粉物菓子お好き!?(//∇//)わおー!嬉しい!みんな結構お好きなんだ!
私も、洗練されたのより、手作りっぽいのが好きなんですよ。

それ!私も想像しました!!(笑)
すげぇな・・穴開けてこんな可愛くなるんだ・・て(笑)
一緒いっしょ・・ww

ぼ、BON子さぁ〜ん……(泣)

私、一期一会ってざっくり「出会いを大切に☆」ぐらいにしか思ってなくて、何の気なしにwikiったんですよ。
そしたら……

「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」

涙腺崩壊……(涙) ま、薪さぁん…………
……そんな想いで……

ここ掘って行ったらかなり楽しそうですよね!←余計な妄想っていうのでは?
座談会、最高〜〜っ (//∇//)o!
あ、プシッ!って呼んでくれたからまた来たんですけど♪ ←どっかの大魔王か。

やー、今だにこんなとこにいてすいません……(//∇//)ゞ(ここの流れ考えてたら楽しくて…(笑))
東京めぐり、楽しそうですねえ!にゃんたろーさん、かわいい……////
私も白い焼き菓子大好きですよ♪ 小麦粉食ってる!って感じの手作りっぽいのが特に。
ただ…猫の顔面めがけて棒を差してるところが浮かんでおもしろくなっちゃうのが、私のダメな所です……(笑)

たくわんこ様

> それにしても、結婚を控えた相手に別れを告げにいったらお前が好きなんだ的な告白をするなんて、無自覚にしてもひどい話です 青木くーん

青木くん、無自覚で薪さんが嬉しい言葉をズッコーーンと言っちゃうから・・最強ですよね・・(笑)

清水先生って、交わりそうで交わらない、色んな思惑が交差するような表現が本当にお上手で・・だからやっぱり大好きです(//∇//)

きこ様

> BON子さん!!
> 超忙しい時は、返事なんていいんです!

きこさーーーん!!!
そんなそんなーー!お返事させてーーー!!!?ヽ(;▽;)ノ←願い?

> 朝からなんて・・・
> ぶっとばしてね!(*^o^*)

朝からお返事できた日って・・
実は・・
今日、私、朝から余裕あったわ・・・ふ・・(*´∀`*)←いつもバタバタ
と、いい気分になれるのです(笑)

きこさん、お優しいお気持ちにささくれだった心が癒されました~
あぁ・・月末頑張ろう・・( ;∀;)

たくわんこ様

たくわんこさん、こんばんは(^O^)

> 私もあのナップサックはブランド品で革製品ではないかと…おもいたいです。

せめて・・せめて革であってくれ・・( ;∀;)
かっちりした素材であってくれ・・あ・・でもあのシワ・・あ・・( ;∀;)


> お祝い会に行きたくない薪さん、でも青木君のために来たんですよね。
> なぐさめてもらうために会おうとしてた人ですが、少年のような格好をして会う、それが許される相手ですから
> 甘えられる年上の男性では?
> うーん、イケメンであってほしいです。

青木くんのために行って・・でも青木があんだけ泣いちゃって・・複雑な心境でしょうね・・
でもずっと一緒にいてくれる薪さん・・相違相愛・・なんだよ・・気付いてないけど・・涙

そうですよぇ・・年上っぽいですよね?
甘えられる・・て薪さんが甘える?(//∇//)
いいですねぇ・・

イケメンじゃないと、全薪ストが許しません。←おい

あおまきがみ様

> BON子さん~!!!( *´艸`)

は~~い!BON子参上致しました!あおまきがみさん!!(*゚▽゚*)


> 夜中にヒー!ヒー!!お腹よじれながら笑い倒しました!!!(言い回し変?)
> もう・・・もう・・・・、さすがBMG、期待を1ミリも裏切りません!!
> どこから、突っ込んだらいいのか・・(←ツッコミ?)

ヒャーーダーーー!!!(//∇//)ほんとに!?お腹よじれてくれた!?(笑)←言い方?
裏切ってなかった!?大丈夫!?ヒャフーー!!!

よ・・よかった・・・( ;∀;)←実は小心者・・?


> とにかく、面白すぎてー(∩´∀`)∩
> 読んでからすぐにコメント書けないぐらい、でしたよ。
> もうね、すべての会話が・・・最高!!!

う・・・涙
嬉しい・・・( ;∀;)
なんかもう・・座談会やって良かった・・ヽ(;▽;)ノ
ありがとうございます・・オケイコさん・・


> ①薪さんと雪子さんの女どおし(?)の怨念バトル!!
> ②Pコートにパーカー、ナップサックまさかのゲイウケファッション!!
> ③驚愕の薪さん飲み会参加の隠された意図
> ④そして最大級の爆弾!!飲み会後の青木のあざとさ!!!~(*≧∀≦*)
>
> ええ、ええ、、④ここで今回の座談会は最高潮を迎えたといっても過言ではないです。

まとめると、おかしい・・ww
④で最高潮でしたが?(爆)
最高視聴率マークしましたね?←はぁ?


> ①、薪さんを好きだから、傷つけあってしまうにも関わらず近づかずにいられない雪子さんを初めて「せつない・・」と感じました。
> なんか、本当は一番割を食ってる登場人物なんじゃないかと。
> だって、鈴木さんは薪さんに殺されちゃうし、最後は青木は薪さんに行っちゃうし。だから清水先生は最後に幸せな雪子さん(結婚)を描いたんだろうな~っと。
> しっかし、このエレベーターでの女の闘いは、見ごたえありましたね!
> 言葉の応酬が、もう、カウンターパンチ炸裂!!って感じで。
> でも、もしかしたら薪さん、鈴木さんのことは覚醒してないかも・・
> だからあそこまでイヤミになっちゃったのかも?って、ちょっと思いました。
> (自覚してたら、薪さん怖い・・💦)

雪子さんって、ほんとに気の毒だと思います。
清水先生、雪子さんのこと好きだったんだろうな・・と思います。
最後の幸せそうな雪子さんでわかりますよね~。

薪さん、鈴木さんのことは・・そういう感情超えてもう愛してた・・?(笑)
でもな~~・・特別編の鈴薪は友情超えてる雰囲気だったからな~~汗
薪さんって・・ダダ漏れだけど小出しだから・・でもそこが好き・・←結局?



> ②ゲイウケファッション・・。私も最初見たとき、ひっくり返りそうになりましたが、そういえば秘密って、だいぶ前から連載されてるから当時はこれがイケてるファッションだったのかな?と考えました。
> でも、この前のこぼれ座談会でナップサックが話題になったときには、
> 激しく動揺しました!(笑)
> きっと、Pコートはプラダでパーカーはアルマーニ、そしてヴィトンのナップサックだったに違いない・・・。
> (ハイブランドMIXすぎて、それはそれで・・…( ;∀;))

ゲイウケファッションとか、ほんとすみません・・汗
もうGに語らせるとぜんぶおかしな方向に・・(笑)
まさかの、薪さん、どこまでも素で男に好かれる男・・?(//∇//)

ハイブランドで固めた薪剛・・(笑)
いやいや、ふらりと入った怪しいお店でふらりととんでもないチョイスでオールコーディネートしてしまう薪剛もいいですよ?(笑)←おいこら


> ③Gくんならではの、意見でしたねー。よもや青木に嫌われてないか確認しにきたなんて・・私、夢にも思いませんでしたよ。
> 驚きのあまり、転げ落ちました。www

私も耳を疑いました。
冗談だろう?と(笑)
冗談じゃないんですよ?マジなんです。すごいでしょう?漫画読んだことない男、最強の読み方しますからね。
私もMも、驚きすぎて立ち上がって抗議しましたよ(笑)←でも爆笑


> ④「来たな~。来たな~、薪さん」!!!!!
> ご・・ごめんなさい・・もう・・・なんとコメントしていいのか。。
> 秘密の人物設定が、根本からひっくり返りました~(笑)
> 青木は、天使の皮をかぶった小悪魔で、
> 薪さんは、小悪魔の仮面をかぶった実は無防備女子(青木に騙される。。)

これね・・・ww
ひどいですよねぇ・・(笑)
もうコメントなんてしなくていいんです、Gの戯言には!(←おまえが書いたの)完全におかしいんですから・・( ;∀;)
青木をピュアピュアボーイとして見れないGです・・ww
薪さんを翻弄して!と腹立ててます。

ほんとだ!(笑)実は薪さんが無防備女子!?(笑)
そのパターンもちょっと見てみたいかも・・


> 会う予定だった相手は誰なんでしょうかね。私も気になります。
> 年上で男だと、私も思います。
> 間違っても、プロファイルのときのような世迷言はやめてほしい(泣)
> 先生、この伏線、SEASON’0で拾ってくれないかなー・・。
> めちゃできるイケてる人で、薪さんをすごーく大事にしてくれて、
> 薪さんもついフラフラしちゃって、
> それを見た青木が嫉妬して自分の本当の気持ちを自覚する回・・とか、書いてほしい。。(スイマセン)

それー!!いいですね!!これからはどんどん青木を嫉妬させて。
もうそれしかないんじゃ・・と思うほど青木が気づきゃしない大馬鹿野郎なわけですからして!
年上のハンサムダンディに優しく大事にされる薪さん・・ヒャダ・・似合う・・見たい・・(//∇//)



> 長くなってしまってごめんなさい、ヽ(;▽;)ノ
> 事件の箇所は、割愛させていただきます。だって・・
> 「薪さんだから秘密が好きなんでしょ?その薪さんが青木を好きだから秘密が好きなんでしょ?」
> だから・・(//∇//) !!
> (いえ事件もモチロン、清水先生すごいなって思ってマス)
>
> ではまたー!

ぶはっ!あおまきがみさん、Gに賛同してる!!(爆)
いいですよぉ・・あっさり事件割愛(笑)

怖いもの知らずのGの、恋愛至上主義的秘密読解をどうぞ最後までお楽しみ下さいませ(笑)

拍手コメント頂きましたS様

Sさん、はじめまして!
BON子と申します!
コメント嬉しいです~~ヽ(´▽`)/
お返事遅くなってすみません!


以前から読んでくださってたんですか~!?
ありがとうございます!
もう・・早くお声かけくだされば良かったのに・・(//∇//)←欲しがるなよ?

そ・・尊敬だなんて・・もったいない・・(←マジで)
アホがアホのまま書いてるブログですので・・色々ご容赦くださいませね?( ;∀;)

Gの「女の戦い」発言に激しく同意して下さった?(笑)
女の戦いの少ないこの作品の中で、ド派手なパフォーマンスを繰り広げるのはこの二人でけですよねぇ・・・リモコンとか・・(笑)激しすぎだろ・・ww


>「どうでもいいってわざわざ例を出してる3つが割と恋愛的に関係してくる」っていうのも凄い鋭いなって。めちゃくちゃ意識しまくりですよね。

これは、言われてみればそうですよね。
めっちゃ意識してます(笑)
実はすっごい気になってます。
誰に会うのかも気になってます(笑)
青木・・・気づけよぉ・・( ;∀;)

Gのノンケの壁を突破する方法は多分荒業、もしくは、小細工の連打など、青木には到底できない技だと思います(笑)
でも、今度聞いてみますね?(笑)

結局お上品にはいかない3人でした。
てか、とんでもなく下世話だわ・・( ;∀;)

Sさん、また遊びに来てくださいね~(//∇//)

ゆけ様

> ポッカーンってされるよな〜;; って後悔してました σ(^_^;)
> 引かないでくれてありがとうございます!
> でもやっぱり変なこと言っちゃいました、てへ。

ないない!!ポッカーン!とかないですよ!!!(笑)
むしろ、超絶共感してますから!(笑)
変じゃないですよ、オケイコさんも言われてますが、ゆけさんの感覚に近い方、結構いらっしゃるのでは?

もうね・・Gの意見くらいにしか、ポッカーン・・とかなりませんよ(笑)


> で実は…長さにびびって飲み会の方を強制終了したんですけども…。←やっぱり来ちゃった☆(◎_◎;)
> あれ、青木への、気持ち的にも物理的にも、な別れを自分に決意表明するために来たんだと思ったら、なんかいじらしくて泣けませんか……?(T_T)
> や、今回の座談会に参加してたら(してない) そう思ったんですよ。で、書けなかった…(笑)

気持ち的にも物理的にも・・てほんとだ・・ひゃだ・・泣ける!それ泣ける!泣きたいの薪さんじゃん!!
そりゃ、淋しい子供にもなるっつうの!!
ちょ・・ゆけさん、こういう大事なことは是非とも!書いてくださいよ!!!←催促?

決意表明に来て青木に泣かれて・・くそ・・僕だって淋しいんだよ・・からの「誰だ、この淋しい子供のような人は」になるんですねぇ・・( ;∀;)←なんか違う

ゆけさん、9巻座談会にも参加してくださいね?←勧誘?


> やっと言えた、薪さんのお別れの回……。
> 私、泣きます……(T ^ T) ←勝手にやってろ。

薪さんのお別れの回だったのか・・すごくいい話ですね・・ゆけさん・・なんかありがとうございます・・涙
ケジメを付けに来た薪さんなんだと思うとほんと泣けます。
そして、その後、どこに行くんだったんだろう・・
薪さんって・・優しくて可愛い人だなぁ・・

> ごめんなさい、しばらく大人しくしてるんで、睡眠とってくださいね。
> (お返事今度で大丈夫ですので〜〜)

え・・?大人しくする・・?( ;∀;)

プシッ!←缶コーヒーを開けた
「こんな淋しい子供のようなBON子を私は知らない・・・」←やめんか

お返事マジで遅くなってすみません!
今日は、ノー残業デイでした(笑)

オケイコ様

> こんにちは!
> もう、BON子さん&皆さんのコメントが素晴らしすぎて、
> 一気に読ませていただきました。

オケイコさん、こんばんはーー!!!
お返事遅くなって、ほんとすみません!!( ;∀;)
オケイコさん始め、皆さん天才ですよね・・疲れててもどれだけ笑わせて頂いているか・・
そして、感動しているか・・ありがたいです!!


> ゆけさんがおっしゃっていた「薪さんは男でも女でもない」
> 私もすごくそう思います!!
> 何ていうか、両性具有?中性的?みたいな。
> 宝塚の男役みたいな感じ?オスカルを地で行っちゃうみたいな。
> うまく言えないんですけど。
> 性的にもゲイというよりは…ですね。
> でも優しくて慈悲深いキリストみたいな面もある人。

そうなんですよ!わたくし、元々が男女の区別がないような主人公に惹かれる習性がありますから
ゆけさんの言葉に、そうだよ、それだよ!だから好きなんだよ!なりました(笑)
私・・宝塚も好きなんですよ・・ww いつか第九塚歌劇団やりたいと目論んでます(//∇//)
慈悲深いキリストのような薪さん・・聖母様のようでもあるし・・やっぱりどっちでもいける!!←そこ?


> エレベーターに戻りますが。
> 雪子さんは、薪さんにとって鈴木さんの存在がどれだけ
> 大きかったか知っているから、「あなたが(奪った)」
> とは言えなかったんですね。
> 前半だけ見てたら薪さんがめっちゃ悪者ですが(^^;
> 雪子さんの目の前であんな風に泣いてしまうなんて、
> 普段は出さないけど薪さんは雪子さんへの罪悪感で
> いっぱいだったんだろうな、と思います。
>
> たった数分のできごとなんでしょうけど、
> この二人の色んな哀しさが見えてきますねぇ…。
> 清水先生、さすがとしか言いようがありません…。

私、このシーン大好きで、ここで一瞬で泣き崩れちゃう危うい薪さん・・
ポーカーフェイスのすぐ裏には泣き出しそうなもの抱えてる人なんですよねぇ・・もう大好き・・←聞いてない
雪子さんには色んな感情あるけども、ある意味で特別な人ではあるんでしょうね~~罪悪感の上でも。
自分が不幸にしてしまったと、きっと思っていると思う。


> 青木は薪さんの心の綺麗な部分に訴えてくる人だけど、
> 雪子さんはドロドロとか、本心とか、すごく内面をえぐって
> きますよね~。ある意味、雪子さんがいるから薪さんの
> 内面もわかるような。。。

そうですね、薪さんに幻覚を見せるほど苦しめた事件に深く関わった人は雪子さんだけだから。
鈴木さんを失った気持ちを共有できるはずなのに、悲しいふたりなのです。
そうか・・このふたりが共有できるのは、もうそれだけなんですねぇ・・この時点では。
雪子さんは重要な役どころですねヽ(´▽`)/


> 長々と失礼いたしました~ε=ε=(*~▽~)
>
> BON子さん、午後もお仕事頑張ってくださいね~♪

楽しかったです~!!
お仕事・・メロディー発売日は早く帰りたい・・( ;∀;)

ps

それにしても、結婚を控えた相手に別れを告げにいったらお前が好きなんだ的な告白をするなんて、無自覚にしてもひどい話です 青木くーん

No title

BON子さん!!
超忙しい時は、返事なんていいんです!

朝からなんて・・・
ぶっとばしてね!(*^o^*)




No title

私もあのナップサックはブランド品で革製品ではないかと…おもいたいです。

お祝い会に行きたくない薪さん、でも青木君のために来たんですよね。
なぐさめてもらうために会おうとしてた人ですが、少年のような格好をして会う、それが許される相手ですから
甘えられる年上の男性では?
うーん、イケメンであってほしいです。

No title

BON子さん~!!!( *´艸`)

夜中にヒー!ヒー!!お腹よじれながら笑い倒しました!!!(言い回し変?)
もう・・・もう・・・・、さすがBMG、期待を1ミリも裏切りません!!
どこから、突っ込んだらいいのか・・(←ツッコミ?)

とにかく、面白すぎてー(∩´∀`)∩
読んでからすぐにコメント書けないぐらい、でしたよ。
もうね、すべての会話が・・・最高!!!

①薪さんと雪子さんの女どおし(?)の怨念バトル!!
②Pコートにパーカー、ナップサックまさかのゲイウケファッション!!
③驚愕の薪さん飲み会参加の隠された意図
④そして最大級の爆弾!!飲み会後の青木のあざとさ!!!~(*≧∀≦*)

ええ、ええ、、④ここで今回の座談会は最高潮を迎えたといっても過言ではないです。

①、薪さんを好きだから、傷つけあってしまうにも関わらず近づかずにいられない雪子さんを初めて「せつない・・」と感じました。
なんか、本当は一番割を食ってる登場人物なんじゃないかと。
だって、鈴木さんは薪さんに殺されちゃうし、最後は青木は薪さんに行っちゃうし。だから清水先生は最後に幸せな雪子さん(結婚)を描いたんだろうな~っと。
しっかし、このエレベーターでの女の闘いは、見ごたえありましたね!
言葉の応酬が、もう、カウンターパンチ炸裂!!って感じで。
でも、もしかしたら薪さん、鈴木さんのことは覚醒してないかも・・
だからあそこまでイヤミになっちゃったのかも?って、ちょっと思いました。
(自覚してたら、薪さん怖い・・💦)

②ゲイウケファッション・・。私も最初見たとき、ひっくり返りそうになりましたが、そういえば秘密って、だいぶ前から連載されてるから当時はこれがイケてるファッションだったのかな?と考えました。
でも、この前のこぼれ座談会でナップサックが話題になったときには、
激しく動揺しました!(笑)
きっと、Pコートはプラダでパーカーはアルマーニ、そしてヴィトンのナップサックだったに違いない・・・。
(ハイブランドMIXすぎて、それはそれで・・…( ;∀;))

③Gくんならではの、意見でしたねー。よもや青木に嫌われてないか確認しにきたなんて・・私、夢にも思いませんでしたよ。
驚きのあまり、転げ落ちました。www

④「来たな~。来たな~、薪さん」!!!!!
ご・・ごめんなさい・・もう・・・なんとコメントしていいのか。。
秘密の人物設定が、根本からひっくり返りました~(笑)
青木は、天使の皮をかぶった小悪魔で、
薪さんは、小悪魔の仮面をかぶった実は無防備女子(青木に騙される。。)

会う予定だった相手は誰なんでしょうかね。私も気になります。
年上で男だと、私も思います。
間違っても、プロファイルのときのような世迷言はやめてほしい(泣)
先生、この伏線、SEASON’0で拾ってくれないかなー・・。
めちゃできるイケてる人で、薪さんをすごーく大事にしてくれて、
薪さんもついフラフラしちゃって、
それを見た青木が嫉妬して自分の本当の気持ちを自覚する回・・とか、書いてほしい。。(スイマセン)

長くなってしまってごめんなさい、ヽ(;▽;)ノ
事件の箇所は、割愛させていただきます。だって・・
「薪さんだから秘密が好きなんでしょ?その薪さんが青木を好きだから秘密が好きなんでしょ?」
だから・・(//∇//) !!
(いえ事件もモチロン、清水先生すごいなって思ってマス)

ではまたー!

きこ様

きこさん、おはようございます!
お返事遅くなってすみません!

> スコーンといえば、
> その昔、アイルランド人のイングリッシュテイーチャーのお別れ会で、その方が作ってくれました。
> 青木君のように背が高く素敵な方でした。

うわ!アイルランド人のスコーン?(о´∀`о)
どんなだろう…(//∇//)
それは、素敵な方でしょうねぇ…青木のように…え?←おい


> 国連にお勤めの恋人の元へ帰るとうれしそうでした。
> 恋人の国は、ルーマニア。ドラキュラ伯爵の国。ヴァンパイアの国だよと微笑んでいました・・・

ルーマニアって美人が多いんですよね。
ドラキュラ伝説の残る国…でも、雑貨とかリネンとか可愛らしいものが多い国でもあるんですよねぇ!
私は、やたらドラキュラというか、ヴァンパイアに魅了された時季があって、本とか色々読んでました(一番読んだのはポーの一族)


> 青木のばか!
> 若いって罪。自分の想いで精一杯。

青木くんがあそこまで自分の中に湧き上がってる思いに気付けないってのも、清水先生お上手で、実はありがちなことだったりするのかもです…



> G君ほどじゃないけど、もしかしたらと期待してたかな?約束は?ここにいてくれるの?

約束キャンセルして、一緒に居てくれるのは嬉しかったでしょうね…
どう考えても相思相愛なのに…かみ合わない…( ;∀;)


> 恋って何でしょうね?
> さみしい薪さんに気づく。知らない人と感じる。
> 孤独を知って、初めてわかるものでしょうか?
>
> 出会ってしまった人が相手、と思う私は、ボーダーレらスです。
> 揺れる想いを抱える薪さん。切ないね。

出逢ってしまった人が相手かぁ…
だとすると、薪さん、鈴木さんと青木くんに出会えてよかったなぁ…( ;∀;)
青木!淋しいのは恋なのだよ!気付いて!
皆が言ってるよ?(笑)

よ、よかった……;;

ポッカーンってされるよな〜;; って後悔してました σ(^_^;)
引かないでくれてありがとうございます!
でもやっぱり変なこと言っちゃいました、てへ。

で実は…長さにびびって飲み会の方を強制終了したんですけども…。←やっぱり来ちゃった☆(◎_◎;)
あれ、青木への、気持ち的にも物理的にも、な別れを自分に決意表明するために来たんだと思ったら、なんかいじらしくて泣けませんか……?(T_T)
や、今回の座談会に参加してたら(してない) そう思ったんですよ。で、書けなかった…(笑)

やっと言えた、薪さんのお別れの回……。
私、泣きます……(T ^ T) ←勝手にやってろ。

ごめんなさい、しばらく大人しくしてるんで、睡眠とってくださいね。
(お返事今度で大丈夫ですので〜〜)

にゃんたろー様

> すごい!スコーンにサンドイッチ………
> なんて豪華なお茶会!

いやいや、色的には結構地味でしたよ( ;∀;)
でも、秘密を語りながらなら、なんだっていい!


> 私もじつは自分最高スコーンレシピ……あるんです……。こんど持ち寄りお茶会しましょう……。

ひゃーー!!!(//∇//)
にゃん様もーーー!!!?(//∇//)
スコーンお好きなんだーー!!!
持ち寄りお茶会…………(//∇//)←妄想中
で、いつにします?(真顔)
私はパンみたいに軽いのよりは、イギリスの田舎のどっしり重いスコーンが好きなんですよぉ(о´∀`о)
にゃんたろーさんのはどんなだろう…(//∇//)


> 私の友達集まり会は鍋とかカレー会とか優雅とは程遠いなあ……
> 漫画の話なんて誰もしてくれないし……。グスン。

私も、今までは漫画の話してくれる人、皆無でした!(笑)うちもひたすら肉を食べると会とか全然色気ないんですけど、秘密さえあればね?(//∇//)
楽しいから…!


> そしてGくんの意見はいつもながら爆笑!!
> でもまた違った見方で面白いです

違い過ぎてもう、笑うしかないですよね( ;∀;)
私も笑い転げた口です(笑)


> あのエレベーターは女と女というか、とても薪さんがセクスレスな感じでしたよね。
> 私も読みながら「いや、世界で一番あんたがそれ言っちゃいかんでしょう薪さん……」とツッコミました……。
> だってねえ………。

ぶはっ!(笑)
世界で一番言ったらだめな人だった!(笑)
薪さんやはり、セクスレスな魅力があってこそな気がしますねぇ。
イヤミもある意味自然(笑)


> 雪子さんの返しもごもっともですよ(笑)
>
> でも薪さんも「しまった!!」って顔してましたし、そのあと泣いちゃうしでもう………。
> でもそういう人間くさい?ところもあるからこその薪さんの魅力なんでしょうね。

わたしも、あそこで泣いちゃう薪さんが一番好きです。ほんとはいつも泣き出しそうなもの抱えてんだなぁ…て思うと一層愛しい…( ;∀;)
実はとても素直な人です(笑)


> でも飲み会、青木に嫌われてないか、チクられてないか心配で来たって!!
> おかしすぎる。
> 雪子さんにあんなひどいこと言っておいてなんで青木に優しくする?
> まあ薪さん青木が好きだから、しょーがないか……。とか思っていましたが……。

Gはですね…まともに読む事ができないんです…( ;∀;)
チクるとか、次元が低すぎ!とか思うけども、人間って案外小さいこと気にして生きてるのかな〜とか思います…ww


> 私もなみたろうさんと同じで、エレベーターであんなことしちゃって、いい加減青木のことは吹っ切って祝福して、雪子さんにも幸せになってもらわないと……鈴木のためにも……とか思ってきたんじゃないかと思うんですけどね。

薪さんにも、思うところがあって、参加しようと決めたんでしょうねぇ…
でも、薪さん、すぐに自分の気持ちに折り合いつけちゃうから!(号泣)
そして、心から青木の幸せ願っちゃうから…余計に薪さんの幸せ願っちゃいます。


> そして青木のチラリ見が計算だったとは……
> 天使くん設定の崩壊か!?
>
> はー、8巻はエレベーターと青木の号泣がやっぱすごくて………

あのチラ見を一瞬であざとい認定するGを誰も止めることができません(笑)
8巻って、メインの事件より、こっちの方が話題になるんですよね…(笑)


> でも9巻からあんなひどいことに……
>
> Gくんがどんな感想を持つのか楽しみです。
> あのエロエロ滝沢もご登場ですしね。
>
> そして岡青はないとおもうよ。にゃんたろーは……!!
>
> 8巻座談会も楽しかったです!!

岡青!(爆)
Gの的外れな予想…いや、願望…(笑)

青木の事件と、アスマンの登場!
実は9巻もわりと面白いかれません…(о´∀`о)

ばろん様

> お疲れ様でした(*゚▽゚)ノ
> そして早々の座談会!ありがとうございます。

ばろんさん、こんばんは!
お返事遅くなってすみません!
座談会、お待たせしてましたので…やっとです!(笑)


> 昼下がりの座談会。ふふ。
> スコーンとかって!女子ですね(*´∇`*)
> お紅茶とよく合いそうですね。オホホホ。

スコーンが異様に好きと言う…これは女子的感覚なのか?(笑)
Gは、女子的にキャッキャ言いながらむしゃむしゃ食べてました(笑)


> 8巻は…エレベーターでの戦いですね。
> 女と女の。笑
> 私もここはそう見えました。
> 普通の男の人はこういう言い方ってしないですよね。多分。
> 敵意丸出し、みたいな。
> でも、人間臭さが見えて良かったですけどね。
> 普段自分の感情を、特に恋愛感情を出さない薪さんが、含みを持ったようなセリフを言うって。あ、こういう所もあるんやって思いました。
> でもそのあと「あなたがそれを言うの?」みたいなこと言われて泣いちゃうって!
> やっぱり女と女の戦いですね。笑

ここ、ちょっとしたエピソードにどんだけ盛り込まれてんだ!て感じでさすが、清水先生!( ;∀;)
薪さんが言うからまたあのイヤミなセリフがいいんですよねぇ…いつも我慢してる人だから!


> 飲み会は、チクってないかの偵察とかじゃなくて、純粋にお祝いしたかったんじゃないかな〜。
> 雪子さんはそんなことしないって分かってるっていうか。

もちろん、そうですよ(笑)ばろんさん(笑)
Gは突飛なんて(笑)
そう。薪さんは雪子さんがチクッてるなんて考えてないと思います(笑)
でも、確かに普通の人の心情なら自分の悪口言われてたら嫌だなぁと心配になる感情が湧き出ちゃうのも分かりますけどね?( ;∀;)


> でも、雪子さんに言い過ぎた感はあって、その後ろめたさもあり〜の、お祝いしなきゃいけない上司感もあり〜の、で顔を出したのかな。
> 自分の家族のような部下の、特に青木くんの婚約祝いだし…
> あのPコート、パーカーで。笑
> ゲイウケいいのか…(//∇//)

ゲイウケっていうか、Gウケが良かったです(笑)
ちゃんと、あそこで出席する薪さんがいいですよね(о´∀`о)
苦しいけど祝福してるんですよね、薪さん…
泣けるからー!!!


> あの教師の話は、ないですね。
> ん〜。教師も人間だし色んな感情があるのは分かってるんですが、自分の保身の為に子どもまで利用するっていうのが。
> 教師って特別なイメージがあって。こうあって欲しいっていう願望というか、聖職というイメージを持っていたいというか。(古い?)
> だから、この話を読んで少し悲しくなりました。
> まぁ最近のニュースとかで、そんなイメージも持てなくなってきてますがね。

私も子供に関係する人が、子供を利用したりするのが気持ち悪くって…
でも、そこに切り込んでいく清水先生がやはり凄いです!
子どもにとって先生って昔は絶対的だったような…だからこそ許せないですよねぇ…


> …なぁ〜んて勝手ですね。(⌒-⌒; )
> 自分に置き換えて見れたり、色々考えさせられたり…すごいですね。
> 秘密の事件ってどれも「ありえへん!」って思うんですけど、「でもひょっとして…ありえんこともないかも…」って思わす話でもあるんですよね。
> ん〜〜。奥が深い。

秘密は踏み外せば自分のすぐそこにある犯罪があって、そういうところが面白いですよね。
他人事ではないような…


> 次は9巻。
> どんなぶっ飛んだ話になってるのか…楽しみです(*⁰▿⁰*)
> でも…なんか終わりが見えてくると寂しいです(;ω;)
> 3人さんの座談会が終わっちゃう〜〜!

9巻になると、もう終わりに向けて一気に加速しますからね…
寂しいなんて、思って下さるなんて、始めた当初は想像もできなかったな〜( ;∀;)
ありがとうございます!
すでに、12巻までの座談会を終えてますが、なるべく今年中には全て上げたいと思ってます!

最後まで、お付き合いお願いします!(о´∀`о)

にゃん様

> BON子さん、座談会アップ、お疲れさまです!

にゃんさんも、お疲れ様です!!
まだ、出張中⁉︎


> 私も今出張先で、お風呂溜めながら読んでたら
> ホテルでヒトリぎゃはーーー!って爆笑しまくりました!
> 読むのに集中しすぎてお湯もこぼれてました(ぎゃはーー!)

お湯こぼれた!!(笑)
出張先でも読んで頂けるなんて、なんか感動です…( ;∀;)
爆笑とか嬉しいー!!!(//∇//)
ありがとうございます!こぼれたお湯の分、頑張ります!!


> 青木(←呼び捨て…Gさんに深く共感!)のあざとい目線は
> 私もスゴく気になっていたので、今回スッキリしました❤️

私もあの目線は変だなぁ…とは思ってたんです!!
でも、まさかあざとさなわけねぇだろうがぁ!!( ;∀;)


> ついに9巻…アスマン先生ですね!待ってました…!
> 引き続き楽しみにしてます。

アスマン先生の登場に、Gがただならぬ気配を感じ取ってドキドキします(笑)
どうぞ、またお付き合い下さいね!

> すべてのコメントにいつもお返事なさるBON子さん、スゴイ!
> お仕事もお忙しそうですね、お身体ご自愛下さいね!!

いやいや、いつも楽しいコメントを下さる皆さまこそ素晴らしいありがたい!
風邪との戦いですが、メロディのためにぶっ倒れる訳には行きません!!(笑)←原動力

鍵コメ様

Aさん、コメントありがとうございます!
嬉しいです!(о´∀`о)

楽しみにして下って本当に嬉しいです。
いつも、アホなことばっか書いてるのに、神がかってるなんで、どんだけ優しいんですか!Aさん!!!

これからも、楽しんで頂けるように頑張るので、Aさんもまた、遊びに来てくださいね!(//∇//)←催促?

秘密な話題でこれからも盛り上がりましょう!

皆様すばらしいです!

こんにちは!
もう、BON子さん&皆さんのコメントが素晴らしすぎて、
一気に読ませていただきました。

ゆけさんがおっしゃっていた「薪さんは男でも女でもない」
私もすごくそう思います!!
何ていうか、両性具有?中性的?みたいな。
宝塚の男役みたいな感じ?オスカルを地で行っちゃうみたいな。
うまく言えないんですけど。
性的にもゲイというよりは…ですね。
でも優しくて慈悲深いキリストみたいな面もある人。

すいません、ちょっとゆけさんの趣旨とは違ってるかもしれません

エレベーターに戻りますが。
雪子さんは、薪さんにとって鈴木さんの存在がどれだけ
大きかったか知っているから、「あなたが(奪った)」
とは言えなかったんですね。
前半だけ見てたら薪さんがめっちゃ悪者ですが(^^;
雪子さんの目の前であんな風に泣いてしまうなんて、
普段は出さないけど薪さんは雪子さんへの罪悪感で
いっぱいだったんだろうな、と思います。

たった数分のできごとなんでしょうけど、
この二人の色んな哀しさが見えてきますねぇ…。
清水先生、さすがとしか言いようがありません…。

青木は薪さんの心の綺麗な部分に訴えてくる人だけど、
雪子さんはドロドロとか、本心とか、すごく内面をえぐって
きますよね~。ある意味、雪子さんがいるから薪さんの
内面もわかるような。。。

長々と失礼いたしました~ε=ε=(*~▽~)

BON子さん、午後もお仕事頑張ってくださいね~♪

スコーンといえば、
その昔、アイルランド人のイングリッシュテイーチャーのお別れ会で、その方が作ってくれました。
青木君のように背が高く素敵な方でした。
国連にお勤めの恋人の元へ帰るとうれしそうでした。
恋人の国は、ルーマニア。ドラキュラ伯爵の国。ヴァンパイアの国だよと微笑んでいました・・・

青木のばか!
若いって罪。自分の想いで精一杯。

G君ほどじゃないけど、もしかしたらと期待してたかな?約束は?ここにいてくれるの?

恋って何でしょうね?
さみしい薪さんに気づく。知らない人と感じる。
孤独を知って、初めてわかるものでしょうか?

出会ってしまった人が相手、と思う私は、ボーダーレスです。
揺れる想いを抱える薪さん。切ないね。


スコーン!

すごい!スコーンにサンドイッチ………
なんて豪華なお茶会!

私もじつは自分最高スコーンレシピ……あるんです……。こんど持ち寄りお茶会しましょう……。

私の友達集まり会は鍋とかカレー会とか優雅とは程遠いなあ……
漫画の話なんて誰もしてくれないし……。グスン。

そしてGくんの意見はいつもながら爆笑!!
でもまた違った見方で面白いです

あのエレベーターは女と女というか、とても薪さんがセクスレスな感じでしたよね。
私も読みながら「いや、世界で一番あんたがそれ言っちゃいかんでしょう薪さん……」とツッコミました……。
だってねえ………。

雪子さんの返しもごもっともですよ(笑)

でも薪さんも「しまった!!」って顔してましたし、そのあと泣いちゃうしでもう………。
でもそういう人間くさい?ところもあるからこその薪さんの魅力なんでしょうね。

でも飲み会、青木に嫌われてないか、チクられてないか心配で来たって!!
おかしすぎる。
雪子さんにあんなひどいこと言っておいてなんで青木に優しくする?
まあ薪さん青木が好きだから、しょーがないか……。とか思っていましたが……。
私もなみたろうさんと同じで、エレベーターであんなことしちゃって、いい加減青木のことは吹っ切って祝福して、雪子さんにも幸せになってもらわないと……鈴木のためにも……とか思ってきたんじゃないかと思うんですけどね。


そして青木のチラリ見が計算だったとは……
天使くん設定の崩壊か!?

はー、8巻はエレベーターと青木の号泣がやっぱすごくて………

でも9巻からあんなひどいことに……

Gくんがどんな感想を持つのか楽しみです。
あのエロエロ滝沢もご登場ですしね。

そして岡青はないとおもうよ。にゃんたろーは……!!

8巻座談会も楽しかったです!!

よし様

> BON子さん、ご多忙のところ記事アップをありがとうございます!
> 美味しく拝読しました。

よしさん、こんばんは!
美味しく読んで下さっった!?(//∇//)
ありがとうございます!!!


> Gさんは恋愛偏差値がとっっても高いですよね!
> (お勉強の偏差値もめちゃ高そう)
> 薪さんの心理状態を解説していただき、なるほど~と深くうなずきました。

Gの恋愛偏差値ですか!?(笑) 確かにしょっちゅう恋はしてるかもですね・・ww最近、ご無沙汰ですが・・
てかですね、恋愛系のドロドロ感情の記憶ストックがすごいんです(笑)
お勉強の偏差値は・・高いと思います・・もうそこだけは・・否定できません・・(笑)
薪さんの心理状態っていうより、自分だったらの心理状態な気がします・・
いつもMにツッコまれてますが・・( ;∀;)


> 薪さんは恋愛偏差値低めと思うので、慣れない感情のアップダウンに苦しみながら、青木に嫌われていないかどうかを確かめにきたのですね。せつない。

薪さん、恋愛偏差値は完全に落第レベルだと思うんです・・←おいこら
自分でもよくわからない部分もありそうな・・でも・・知らず知らずのうちに・・いつの間にか飲み会の会場まで来てしまって・・嫌われてないか確かめようと・・・・いや!ないから!!!Σ(゚д゚lll)←長ぇよ


> ベンチに座って、薪さんの表情。そんな顔したら青木にばれちゃうと心配ですが、もう顔をつくれないのかなあと。

あの、薪さん・・最高に美しいですよねぇ・・(//∇//)
離れたくないのは薪さんも一緒なんだから・・涙
青木にばれちゃえばいいですが、青木だからぁ・・・(←絶望)


> そして青木、気づくどころか「こんな淋しい子供のような顔をした人は知らない」って!!
> 誰がこんな顔にさせているんだ。「知らない」ってなんだ、ひどすぎる。
> 許すまじ青木(怒怒怒)

「知らない」って!(爆)
ほんとだ酷い・・ドイヒーですな・・( ;∀;)
こんな淋しい子供な薪さんを自分が作り出しているなんて・・青木の想像も及ばない・・
なんなら、その後、オレの好きな人たちが仲良くしてるのが嬉しい!とか薪さんと雪子さんを見て思っている、クソばかやろうな青木ですからね・・?許すまじ・・!!ですよ。Gと一緒に「怒怒怒」でいきますか!(笑)


> はぁはぁ。すみません。
> 私は本編では滝沢さん押しです。鈴木さんが生きていたら鈴木さんでしたが。

え!よしさん、滝沢推し!?(笑)
ちょ・・!鈴木さんの次に!?(爆)
じゃあ・・9巻は盛り上がりますね・・(笑)
もう・・よしさん面白すぎ・・ww


> 薪さんの飲み会後のご予定が語学オタクの集まりだったという考えは、いまも変わっておりません(笑)
> 誰かとのランデブーと思えたら、そのほうが嬉しいのですが。
> 人肌が恋しい季節ですしね… ←お前じゃない

出たぁ!よしさんの、薪さんのオタライフ!!!(爆)
ランデブーより薪氏とオタ氏たちの会合を選ぶよしさんが好きです。←告白?
オタ肌が癒してくれるのでしょうか・・?( ;∀;)←おい


> 岡部さんは、青木ではなく、薪さんのことが好きだと思っています。薪さんの青木への視線を確認しているコマ、多いですよね。青木じゃないと思うことの根拠は9巻。岡部さんの自覚はなし。

私もそう思います。薪さんって魔性ですから!岡部さん、薪×男の可能性をどこかで意識しているのか・・?
自覚なしですが、薪さんが青木を気になってるのはなんとなく気付いている?
え、9巻てどこだろう・・読んでみよ(笑)


> 小学校の先生の人間性について。
> いま子どもが小学生でして、保護者として先生方と接する機会がありますが、生島先生のように子どもを利用する先生にはまだ会ったことないです。
> この先生、ちょっと危険な感じですね。かわいい児童がいたら襲っちゃいそう。

危険過ぎですよね。自分の保身のためならばどこまでも・・子供も利用する。
お子様が小学生でしたら、この話もまた違う視点をお持ちだったりするんでしょうか・・
生島は一番虫酸が走る犯人なのです、私の中で。


> BON子さんの手作りお菓子のレベルの高さにほれぼれしました。なんて美味しそう…。MさんGさんがリクエストするわけですね。

いやいや、スコーンだけ研究者のようになっただけなんですよ・・(笑)
MもGも食べるのが好きなので気が合うんですよね(^O^)


> 座談会はじめのあたりのGさんの話し方。Gさんおもしろい。
>
> Mさんが、Gさんのお相手の人の服について話されること、皆さんの親しさを感じてよかったです。

Gって、ずっとこんな感じで話してるんですよ?会社ではどんな感じなんだろう・・とたまに心配になります・・ww

Gのお相手ですね!ほぼ知ってるんですよ(笑)
片思いの相手とかも、失恋した相手とかも・・絶対に相談してくるんです・・ww


> こんな書き散らしてすみません。
> 今回もありがとうございました。

書き散らかしなんて!
よしさんの秘密感とか、薪さん感とかって面白くて大好きです(笑)
オタな展開も目が離せません・・!
こちらこそ、いつもありがとうございます!

ゆけ様

> パーカの薪さんチョー可愛い♪ までは、Gくん、わかるーいっしょいっしょー!って思ってたのに…!(笑)
> 偵察…でパニックです!(笑) あーおかし(;▽;)
> あ〜もうわけわかんなくなっちゃった…おなかいたい……

うあ!(笑) ゆけさんもパーカー推し!?(笑)
でも、偵察でパニック・・( ;∀;)
私も最初聞いたとき、一瞬ついていけなくなりましたよ・・ほんと・・ww



> でもなるほど!あのエレベーターのおめでとうは確かに女の顔です…!Gくん、さすが鋭い…!

言われてみれば、確かに女の戦いかもです・・(笑)
あのイヤミな表情とか・・


> すっごい私的解釈ですが、ただあそこは薪さんが男でも女でもないから成り立つんですよね!(え…男じゃないの…?※個人の感想です※)
> ほんとに女vs女だと、それはそれで成立せず。勝手に好きだっただけの男が婚約したからってあんな強気に責めたら、頭がおかしいと思われるだけじゃないです?(^▽^;;)
> あれは男としての薪さんに雪子さんがすり寄って来てるから成り立つんだと思うんです(笑) ←言い方

面白い!それゆけさん、面白い!
確かに、あれがほんとに女と女じゃ何か違うんですよね!それだ!
薪さんが「男でも女でもない」と堂々と言ってのけるゆけさんが、マジ尊敬っす・・ww
あのシーン、雪子さんが若干薪さんを好きとかややこしいから、だいぶ複雑なシーンですよね。
しかも、薪さんのアップに見惚れてるし・・ww


> ただでさえ距離を置きたい雪子さんなのに、恋のライバルから変に気を使われることも、それきっかけでせっかく置いてた距離を縮められることも不本意で払いのけちゃった感じに思ってました(笑)(私おかしいかな??)

ふむふむ・・とにかく関わりたくないオーラが半端ないですもんね・・薪さん・・
雪子さん・・明らかに指輪隠したり気を使ってるもんな~~・・


> 「鈴木にではなく?」も最初は、うーわキッツーって思ったんですけど、薪さん、そんなつもりで言ったんじゃないと思ってたりします(笑)
> 「どうぞ僕にお気遣いなく。だって僕は何の関係もないのだから。鈴木に、この人と一緒になります、っていう報告するので充分じゃないですか?」
> っていうのを近付くな光線と一緒に出したらああなっちゃったんだと思ったんですよねー。
> (…なんか…変なこと言ってるかな…?←だんだん弱気;;;)

そっち!?そっちか!!面白い!!(*゚▽゚*)
僕はまったく関係ありませんよ?ていう?
でも、言葉選択間違って・・まさかの雪子の地雷を踏んだと・・?( ;∀;)
変なこと言ってないですよ!いや、面白いです!面白い!!


> 勘違いした雪子さんも余計なこと言っちゃうし、薪さんいらぬしっぺ返しをくらうわで。
> あーー、ほんと噛み合わない2人だなーーーって思って見てました……。
> お互いを斬り合ってるだけじゃなく、自分も斬りつけてる……。
> 清水さん、ほんとこういうの上手い……。
> (って勝手に納得してたんですけど、私、薪さんを完全男、と思ってない分、人よりずれちゃうんですよ……;;;;;; だから多分、ゲイっていうより当然、といろいろ思ってるフシがある……;;; )

もうゆけさん、おもしろすぎる・・笑
薪さん、男でも女でもないからゲイでもないんだ・・ww
自分も切りつけてますねぇ・・清水先生ってこういう感情のグラグラした感じ表現されるの上手いですよねぇ・・
ほんと噛み合わないって私も思います。
だから、この鈴木さんとの三人の過去編が見たいんですよ!清水先生お願いします。←ここでお願い?


> あと雪子さんは「お互いを抱きしめてなぐさめようと」とか言ってますけど、薪さんに抱きしめて慰める気はゼロだからね!とか思ってました……(笑)
> 遠くで祈らせてください…(笑) ごめん、雪子さん…。

ぶはぁ!!!(爆)
吹きましたよ・・笑
確かに・・雪子の「お互い」解釈が一方通行・・( ;∀;)
もうやめたげて~~!ゆけさん、やめたげて~~!!(笑)


> しまった……。おもしろすぎて嫌がらせのような長さに……ご、ごめんなさい……。
> ほんっとーーに申し訳ないです……orz あ〜どうしよう。
>
> え、えと…私もその美味しそうなスコーンとサンドイッチ、食べていいですか……? //// ←腹へってんのか?

嫌がらせなんて!むしろ笑って面白かった~~。ありがたいな~~( ;∀;)
明日から仕事頑張れそうですよ!

スコーンとサンドイッチ飛ばしましょうか?笑
この時間の炭水化物大量摂取というハイリスク脂肪リターンですけども・・!笑

オケイコ様

> BON子さん、8巻座談会お待ちしてましたー。
> なんて優雅なお茶会なんでしょうヽ(*´▽`)◆ゞ Tea-Time♪
> スコーンめっちゃ美味しそうでGくんとMさんが羨ましいです(゚ー,゚*)ジュルルル

オケイコさん、こんばんは~~!お待たせしました!
優雅で最初頑張ったけど、一瞬でお里が知れる三人です・・( ;∀;)
ありがとうございます・・(//∇//) スコーン、私好きなんです・・焼き立ては最高に美味しいんですよ~!


> さて~、私は今回Gくんに激しく同意です!
> エレベーター、まさに女の戦いですよ!
> 最近思うのですが、本当なら女性キャラが背負う役割を
> 薪さんが果たしてる場面が結構ある気がするんですよ。
> 「秘密」の主人公はもちろん薪さんで男性ですけど、
> やっぱり主人公に共感しながら読むじゃないですか。
> 「秘密」ってすごく少女マンガだな~と思う時があって、
> まさにそういう場面を見たときなんですよね~。

ふむふむ・・確かに!!
薪さんは、男だらけのストーリーの中で雪子さんよりよっぽど女性の役割やり遂げてますよね!←言い方・・
というと、Gの意見もあながち的外れではないと・・・

私ですね、秘密は骨太なストーリー展開で事件も世の中の問題に深く切り込んであるものだけど、少女漫画的要素をちゃんと残してるところが秀逸だと思うんです!薪さんにしっかり花を背負わせたりとか!(笑)
薪さんという存在もまさに少女漫画的なんですよね・・でも中身は色々渦巻いてるという・・あの容姿で・・
そうか・・主人公に共感しながら読む・・オケイコさん、それ面白いです!そうですよね!

もしかして・・私・・薪さんに共感してるだろうか・・変に達観して読んでるかも知れない!
もう一度読んできます!←寝て


> それから、この回は雪子さんのことも色々わかりますよね。
> 鈴木さんが亡くなるまではずっと一筋で、鈴木さんの死後に
> 薪さんの事が気になりだしたんだなぁ、とか。
> これって、最初はさらっと読んでたんですが、後から
> 鈴木さんが指輪を渡さなかった理由が最初の考えと
> 180度変わってしまったんですよ…。自分でもちょっとびっくり。

雪子さんがどの時点からどういう風に薪さんを好きになったのかよくわからなくて
しかも、それほんとに恋なの?(笑)てとこも私の中で謎です。
でも、鈴木さんが好きで大事に思っていたただひとりの人だったというのはわかります。
この三人の若い時、いつか書いてもらいたいです。絶対面白いから!(鼻息)


> 雪子さん、のちに「つよし君のことが好きだった」って言いますが、
> これは同情を恋と錯覚してしまった気がするんですよ。
> 鈴木さんの遺体にしがみついて号泣する薪さんとか、お葬式で
> 追い返されて雨の中うずくまる薪さんとか…。
> 雪子さん的にも、そんな薪さんを見たのは初めてで、
> それからだんだん気になっていったんでしょうね~。

私もほんとうに恋情だったのかどうか疑問です。
鈴木さんと親しすぎる薪さんは、雪子さんの中で元々気になる存在ではあったのだろうとは思うんですけど。
そこのきっかけのエピソードとかも面白そうですよねぇ・・
同じ鈴木さんを失った痛みを持っている人として、薪さんは雪子さんの中で特別になっていったんでしょうかねぇ・・


> 飲み会の青木の号泣シーン、ホントに大好きすぎて今も泣きます(笑)
> そんなに薪さんのことが好きなのかよ~青木ぃ~!
> …まさか、あざといなんて夢にも思いませんでした。
> なんかもう、公園のあのシーン、青木があざとく見えて
> 仕方ありません(笑)

そんなに好きなら・・てか、好きなんだぞ?気づきなさい青木!て尻を叩きに行きたいですね。
あざとい・・ww
とんでもねぇ・・ですよね?( ;∀;)

あぁああ!!!あのシーンが「あざとい青木」に見えてしまっているぅ!
被害者第一号オケイコさん!!!( ;∀;)
オケイコさん・・そして清水先生・・すみません・・・

nina様

> 座談会、お待ちしてました!優雅なお茶会良いですね〜♪
> Gさまの斬新な読み込みとBON子さま&Mさまのツッコミが面白過ぎます(*≧∀≦*)

ninaさん、こんばんは!待ってて下さって嬉しいです!
優雅にしようと心がけて最高に下世話なお茶会でした・・( ;∀;)

Gは斬新・・ですね・・?よく言えば!(笑)
我々がツッコミ疲れるほど突飛な意見を繰り出してくる男です。


> 薪さんが青木の婚約をお祝いに来たのは、青木の幸せを願って健気だなぁ…。゚(゚´Д`゚)゚
> としか思っていなかったので、そんな解釈の仕方があるとは…
> 確かにエレベーターでの雪子さんへの「ご婚約おめでとうございます」は、薪さん悪い顔してましたね。
> 私は薪さん綺麗だなぁ〜(*´∀`*)としか見えてなかったです(笑)

いや、そんな解釈の仕方・・普通ないですぅ!(笑)Gに騙されちゃダメ!←おまえが公開しとるんだろうが
私も薪さん、辛いのによく来たなぁ・・それが薪さんだよね・・
大切な青木だからこそ来たんだろうなぁ・・としか思ってなかったのに
まさかの偵察って・・あり得ねぇ・・
薪さんもあれだけ遠慮なしにイヤミ言っちゃえるからある意味雪子さん貴重・・・と思います。


> パーカー、Pコートもまず困惑しか無かったですし( ̄▽ ̄;)
> でも、警察官のコスプレは、あまりの可愛さに凝視しましたが(笑)

まず困惑しかなかった!?(爆)
びっくりしましたよね(笑)
Gは絶賛ですが、警官コスは興味なしでした。どうなってんだ・・
あの薪さん、お可愛らしかったですよねぇ・・(//∇//)


> 『秘密』は事件を読み解く面白さはもちろんあるのですが、そっちに重点を置いて読んでると綺麗な薪さんを見落とすし、薪さんばかり見てると、事件が全然頭に入ってこないしで、何度も読んでしまいます(笑)

秘密の魅力は二度三度読んでからこそですよねぇ!
どんどん面白いところが見えてくる!
Gみたいに変なとこばっかみてる読み方もあるようです・・(笑)

たから様

> ごきげんよう( *´艸`)BON子さん!待ってました!

たからさん、ごきげんよう~~(*゚▽゚*)
嬉しい・・待って下さって・・涙


> 魂だけでも参加したかったわ(笑)素敵なお茶菓子に素敵なメンバーの座談会(人´ з`*)♪
>
> 粉使うの、天ぷらか、お好み焼き作るときぐらいの私(笑)ああ!私も乙女に戻りたい←お菓子作り=乙女

魂だけでも!?(笑) え・・まさか・・空いてた席に見えた人影、たからさん?←こら
素敵なメンバー!!(爆)Gは大喜びですが、Mは吹きますよ・・この3人まったく素敵じゃないですから!( ;∀;)
作ってるのデカいオバですからね・・・(笑)粉物好きだから、でかくなっちゃうのかな~~。



> Gくん、相変わらずブッ飛ばしてくれますね、ブブブ(〃艸〃)三人の絡みほんとツボにはいります(人´ з`*)♪

Gはですね・・正直、この巻の時が一番暴走してました・・(笑)
何言ってんだ?こいつって(笑)
聞きながらビビりましたもん・・ww


> 薪さん、雪子さんに嫉妬ですよ(笑)自覚してください。そして、青木くんに接吻してください。待ってます(///ω///)♪

嫉妬ですよね~~・・てかもう恋敵?(笑)
そして、Gと一緒に接吻希望・・(爆)
本誌で見れるだろうか・・ドキドキ・・(//∇//)


> 青木くんのあれは「あざとさ」だったのね( ゚∀゚)ふかいわー

らしいですよ?(笑)
私、あそこでも度肝を抜かれたんですよ。
もう、Gって恋愛絡むと読み方が「自分」になっちゃうから・・ww
「薪さん・・やっと来たか・・しめしめ・・」な青木なんて見たくないから・・( ;∀;)


> まさか、薪さんのカジュアルが「モテ・カジ」だったとわ・・・無意識で恐すぎる。流石!魔性!

無意識で、どこまでも男にモテる剛くんなんでしょうか・・?(笑)
いや、ただのGの趣味だと思うんですけど。ただあの薪さんは絶賛してましたww


> Gくんの会話聞いてると、昔一緒に働いてた「オカマちゃん」を思い出します。180㎝で内巻きボブとピンクのセーターが似合うオカマちゃん。私より女らしかった(笑)

えー!たからさん、オカマサマと仕事されてたんですか!?
180の内巻ボブのピンクセーターは破壊力がすごいですなぁ・・ww
でも、たいていお話が面白くてユーモアのセンス抜群なんですよね、そういう方たちって!苦労してるから優しいし!
Gは・・・確かに私より女らしいかも・・お肌の手入れとか・・・見た目は普通の男なんですけどね?


> 話それましたが、薪さんがお断りメール入れた相手、気になりますよね。最初、あの、お世話になってるお偉いさん?かな?って思ったんですが(バナナフィッシュ思考?)カジュアルな格好なんで、違うかーと思いつつ・・・謎ですな。

バナナフィッシュ的思考!!(爆)
それ、最高ですね・・くく・・( ;∀;)
私も長官か?とか思いましたが、あの格好はねぇ・・
謎だけど、女ではなさそうですよね・・?←そこは譲れない?


> あーメロディ発売まであと5日。ウズウズ

そう!あっと言う間でした!
速報出せるように頑張って仕事するぞ~~!

粟田律様

> BON子様 こんばんは✨

粟田さん、こんばんはー!ヽ(´▽`)/


> まだお疲れも回復途中であるとご推察いたしますのに
> 記事のUP有難うございまするー(*≧▽≦)(≧▽≦*)

いえいえ、今日はすごい寝ました(笑)
復活です!


> 本編も終了した今、リアルタイムでコメントできる
> なんて超嬉しいです(ノ≧◇≦)ノ✨
> 私は雪子さんよりずっと女子力低くてビクトリアスポンジが
> 分からずググってました(^_^;)
> 美味しそうなスコーン✨Gさんの葡萄✨
> そして「秘密」...最高ですね。

あ、確かに!(笑)そうですよね、もうずっと前に一度は完結してる作品ですものね(笑)
私も皆さんにコメント頂けて超うれしい・・(//∇//)
ビクトリアスポンジ!(笑)あ、そうそう簡単なお菓子なんですけどね?大好物でして(笑)
お茶会「秘密」座談会もなかなか良かったですよ!始める前に死亡するかとも思われましたが・・( ;∀;)



> そうですか~エレベーターのやり取りは
> 女の戦いでしたか~なるほど(。 ・ω・))フムフム

G曰く、男絡みの女の喧嘩らしいです・・ww


> 私はあのナップサックには目隠しが入っているとしか
> 思えなかった汚れたおとなですが
> 目隠しの有無は置いといてG様も
> それなりのお相手のセンなんですね~。
> そこは一緒でなんかヾ(´∀`○)ノイェ~イ♪

ぶはっ!(笑)そういえば、私もあの布袋には目隠しを薪さんが忍ばせてるとか前に書いたような・・(笑)
汚れたおとなだもの・・←おい
Gは、確実に薪さんが憂さ晴らしに出かけると踏んでました。
必死の思いで婚約祝いに参加して、その後、4巻の再現・・←こら


> 何回もすみませんが私にはこの8巻が神回なんですよ。
> あの青木くんの薪さんと仕事が出来なくなる
> 辛さにも凄く共感して。
> にゃんたろー様の所でも熱く語ってしまいましたが
> こんなゲスな私も私事でイラクの人道支援をする
> NGOに関わってまして
> そういうこと手伝っていると残酷な事実ばかり
> 見せられるのが続くんです。
> 現地へ行く人の報告会ではめっちゃ死体の写真も見るし、平和で安全だった
> ところがとんでもないことになって行ってます。

エェ!?粟田さん、すごいお仕事・・(゚д゚)!
私たちが目を背けがちな世界の残酷な事実に係わるお仕事!!


> ちょっとお手伝いしている私でさえそうなのに
> MRI捜査している第九はもっとエグいんだろうなと
> そんな過酷な毎日で青木くんから見て
> ブレない薪さんは光なんだろうなと感じて
> ここと4巻の犯人に怒る青木くんと12巻の青木くんの
> 3つが私のベスト青木です✨
> 号泣なのにね(;^_^A

なんか、粟田さん・・共感される部分あるんですね・・
地獄のような現実とか凄惨な事件の中でただひとり美しい心を持った男ですもの、青木は!
私も、どうしようもなく、そういう青木くんに惹かれていく薪さんという人がまた好きなのです。
分かる分かる!!!青木の純粋な部分ってとっても作品の中で際立って見えるんです!
私が汚れてるかもですが・・・私も薪さんと同じ目線で青木くんを見てるかもです(笑)


> 小学校三名不審死事件の薪さんの洞察力と
> いじめた子どもへの容赦なさと読者(と岡部さんと青木くん)にだけ
> わかる優しさも良いですし
> 地震のトラウマで今後の展開を予兆させるところも
> 凄いです。
> あと最初はMRI捜査に否定的だった山本さんが
> 変わってきた考えを
> 優しい笑顔で聞く薪さんも好きです(´-`*)♡

あの、薪さんの山本さんに向けた表情最高ですよねぇ・・
山本さん、実は好きなキャラです。エリートの中で、劣等感とかも抱えてて苦しい人の気持ちがわかる人なんですよね。
8巻の事件は色々なところからアプローチされてて、清水先生、普通に読んでちゃわかんないようなとこまで盛り込まれるのが神の成せる技というか・・すばらしい・・


> 可視光線の桜木さんの言葉を聞いた後では
> 鈴木さんの理想を理解してくれる人が増えて薪さんは
> 嬉しく思ったのかなぁなんて思えて。

桜木さんは悲しかったですねぇ・・
薪さんだって、ひたすら悲しかったと思います。
鈴木さんとは違う、暗い部分での理解なんだけど、でもあの事件を経て薪さんは最後ちゃんと青木くんの家に行って、仏壇にお参りすることができた・・私、あの話好きなんです。


> それにしてもGさんの青岡設定おかしーです(≧◇≦)ノミ☆バンバン。
> 私は岡部さんの赤面は単にボディタッチに馴れてないからじゃないのか
> と思いますがGさんの指摘が無ければ
> スルーしてました。
> Gさんが岡部さんにそうあって欲しいからでは
> ないのかな??
> 色んな見解伺えて楽しい♪
> (ボディタッチだめだったら鈴木さんのいたころの第九では
> ずっと岡部さんオロオロしっぱなし!?( *´艸`))

ふはは!(笑)そうですよ!完全に願望だと思います!(笑)
自分が好きだから!確かに赤くなりすぎではあるけれども!
鈴木さん居たら、もうどこ見ていいかわかんなかったでしょうね、岡部さん!( ;∀;)


> タッキーにまさかGさんメロメロ??
> 9巻の座談会も
>
> いそがなくて いい 待ってるから
>

>
> 本当ですよ壁|・ノω・)コチョリ.

ふふふ・・粟田さん、ありがとうございます!
タッキーの登場で、G、困惑です(笑)
でも、反応するだろうな~~とは思ってたので、まんまで面白かったんですけど、そこはGですから・・(笑)

はい!はい!薪さ・・いやあ粟田さん!!!

全速力で走りますが・・・喋りだすまでに時間がかかるかもです・・←青木か

おかえりなさーい!

お疲れ様でした(*゚▽゚)ノ
そして早々の座談会!ありがとうございます。
昼下がりの座談会。ふふ。
スコーンとかって!女子ですね(*´∇`*)
お紅茶とよく合いそうですね。オホホホ。

8巻は…エレベーターでの戦いですね。
女と女の。笑
私もここはそう見えました。
普通の男の人はこういう言い方ってしないですよね。多分。
敵意丸出し、みたいな。
でも、人間臭さが見えて良かったですけどね。
普段自分の感情を、特に恋愛感情を出さない薪さんが、含みを持ったようなセリフを言うって。あ、こういう所もあるんやって思いました。
でもそのあと「あなたがそれを言うの?」みたいなこと言われて泣いちゃうって!
やっぱり女と女の戦いですね。笑

飲み会は、チクってないかの偵察とかじゃなくて、純粋にお祝いしたかったんじゃないかな〜。
雪子さんはそんなことしないって分かってるっていうか。
でも、雪子さんに言い過ぎた感はあって、その後ろめたさもあり〜の、お祝いしなきゃいけない上司感もあり〜の、で顔を出したのかな。
自分の家族のような部下の、特に青木くんの婚約祝いだし…
あのPコート、パーカーで。笑
ゲイウケいいのか…(//∇//)

あの教師の話は、ないですね。
ん〜。教師も人間だし色んな感情があるのは分かってるんですが、自分の保身の為に子どもまで利用するっていうのが。
教師って特別なイメージがあって。こうあって欲しいっていう願望というか、聖職というイメージを持っていたいというか。(古い?)
だから、この話を読んで少し悲しくなりました。
まぁ最近のニュースとかで、そんなイメージも持てなくなってきてますがね。
…なぁ〜んて勝手ですね。(⌒-⌒; )
自分に置き換えて見れたり、色々考えさせられたり…すごいですね。
秘密の事件ってどれも「ありえへん!」って思うんですけど、「でもひょっとして…ありえんこともないかも…」って思わす話でもあるんですよね。
ん〜〜。奥が深い。

次は9巻。
どんなぶっ飛んだ話になってるのか…楽しみです(*⁰▿⁰*)
でも…なんか終わりが見えてくると寂しいです(;ω;)
3人さんの座談会が終わっちゃう〜〜!

No title

BON子さん、座談会アップ、お疲れさまです!

私も今出張先で、お風呂溜めながら読んでたら
ホテルでヒトリぎゃはーーー!って爆笑しまくりました!
読むのに集中しすぎてお湯もこぼれてました(ぎゃはーー!)

青木(←呼び捨て…Gさんに深く共感!)のあざとい目線は
私もスゴく気になっていたので、今回スッキリしました❤️

ついに9巻…アスマン先生ですね!待ってました…!
引き続き楽しみにしてます。

すべてのコメントにいつもお返事なさるBON子さん、スゴイ!
お仕事もお忙しそうですね、お身体ご自愛下さいね!!





なみたろう様

> まあああ!今日のBON様はお茶会マダムですか!?しかもスコーン作ってる……すギョい!!食べたい…( ;∀;)

お茶会マダム!(笑)
わたくし、スコーンが好きすぎて自分の好みのスコーンを研究して何十回も焼いてついに理想の味に!
みたいなヤバイやつなんです・・(笑)


> 毎度楽しみにしておりました座談会。くう~っ!
> で、私今回のエレベーターでの薪さんの心理についてはGに全面的に賛成ですすいません!!!!
> リモコンの時もですけれど、薪さんていつもいつも私情は挟まずビジネスライクに、と常に自分を律してポーカーフェイス貫いてますけど、その押さえつけてる気持ちは相当ドロドロだと思うんです。特に恋愛関係が…
> 恥ずかしながら覚えがありますが…そういう時にタガが外れると、止められないんです、ドロドロを口に出すのが。信じられないヒドイこと言っちゃう。そして死ぬほど後悔する。

は!なみたろうさん、前にも言われてましたもんね!薪さんドロドロ説!
特に恋愛関係・・?(笑)
薪さんがドロドロをお好きなだけ吐き出してくれる日が来るんでしょうか・・?( ;∀;)
そんな薪さん見てみたい・・・雪子さんとの喧嘩みたいのじゃなくて!
でも、そうか・・・薪さんの本音・・雪子さんは聞けたわけだな・・あの二人貴重ですね・・
薪さんも後悔したんだろうな~~・・夜ベッドで後悔してゴロンゴロンしてる薪さんが見たい・・(//∇//)


> 飲み会はその反省で現れたんじゃないかなぁ( ;∀;)ちゃんと祝福しなきゃ、みたいな。
> 「おめでとう」言った薪さんの爽やかなお顔、また綺麗に隠し通しちゃって…と泣けてきます。

その反省で!?ヽ(;▽;)ノ
だとしたら薪さん可愛すぎ・・でも薪さん、可愛い人だもの・・あの後、ちゃんと婚約祝いに参加するんだもん!
あの薪さんの顔・・泣けますよね・・すごく美しい表情なのがまた・・・( ;∀;)


> そんなドロドロの薪さんが大好きです。
> 事件の当事者たちもそうですけど、綺麗事じゃない人間臭さとゆうか、「あ~それ言っちゃうんだ、哀しいなぁ」てことを言わせちゃう清水先生、すごいと思う。
> 薪さんも弱くて強くて美しくて汚いところもある、赤裸々なところが…ただのマンガのキャラとは思えない人間らしさが好きで好きで。なんと深い薪沼……(遠い目)

あぁいう風に薪さんさえ持って行っちゃう清水先生・・ほんとに凄いですよね・・
薪さんもそういうこと言うんだ!て、突然薪さんを「人間」レベルまで降ろしてくれるという。
日頃が人間離れしてる分、ちょいちょい見える渦巻いてるものがいいですよねぇ・
確かに、薪さんに苦悩とか渦巻いてるものなかったらここまで好きになってないですねぇ・・



> そしてポンコツな青木が憎かった(笑)
> でも確かに「たとえ結婚してても…」のくだり、恋愛関係ばっかですね!
> コレは!!文学部的な読み方をすると、あえてどうでもいいと言った項目が一番どうでも良くないのかも知れませんよぉおおお?(゜ロ゜)
>
> …いや、お前の心理とかどうでもいいわ。お前は薪さんが大好きです。早く目覚めて思い立ったらプロポーズして下さい。

ポンコツ!(爆)
青木は・・きっと・・今月号では頑張るはずだ・・(←儚い希望)

そう!言われて気付いたんですけど、ほんと普通に片思いの人に思うことばっか例に挙げてますよね(笑)
これ、無意識なんだろうなぁ・・( ;∀;)
一番どうでもいいと言ったことが、一番どうでもなくないことぉぉおお!?
文学的解釈!それですよ!それ!(//∇//)
青木のプロポーズ・・・突飛だからなぁ・・・

薪さんにはぜひロマンチックにお願いしたい・・
まだ、先でいいけど、ゆっくり恋に気付いて・・(//∇//)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

青木ひどすぎる

BON子さん、ご多忙のところ記事アップをありがとうございます!
美味しく拝読しました。

Gさんは恋愛偏差値がとっっても高いですよね!
(お勉強の偏差値もめちゃ高そう)
薪さんの心理状態を解説していただき、なるほど~と深くうなずきました。

薪さんは恋愛偏差値低めと思うので、慣れない感情のアップダウンに苦しみながら、青木に嫌われていないかどうかを確かめにきたのですね。せつない。

ベンチに座って、薪さんの表情。そんな顔したら青木にばれちゃうと心配ですが、もう顔をつくれないのかなあと。

そして青木、気づくどころか「こんな淋しい子供のような顔をした人は知らない」って!!
誰がこんな顔にさせているんだ。「知らない」ってなんだ、ひどすぎる。
許すまじ青木(怒怒怒)

はぁはぁ。すみません。
私は本編では滝沢さん押しです。鈴木さんが生きていたら鈴木さんでしたが。

薪さんの飲み会後のご予定が語学オタクの集まりだったという考えは、いまも変わっておりません(笑)
誰かとのランデブーと思えたら、そのほうが嬉しいのですが。
人肌が恋しい季節ですしね… ←お前じゃない

岡部さんは、青木ではなく、薪さんのことが好きだと思っています。薪さんの青木への視線を確認しているコマ、多いですよね。青木じゃないと思うことの根拠は9巻。岡部さんの自覚はなし。

小学校の先生の人間性について。
いま子どもが小学生でして、保護者として先生方と接する機会がありますが、生島先生のように子どもを利用する先生にはまだ会ったことないです。
この先生、ちょっと危険な感じですね。かわいい児童がいたら襲っちゃいそう。

BON子さんの手作りお菓子のレベルの高さにほれぼれしました。なんて美味しそう…。MさんGさんがリクエストするわけですね。

座談会はじめのあたりのGさんの話し方。Gさんおもしろい。

Mさんが、Gさんのお相手の人の服について話されること、皆さんの親しさを感じてよかったです。

こんな書き散らしてすみません。
今回もありがとうございました。

やられたーっ(笑)

パーカの薪さんチョー可愛い♪ までは、Gくん、わかるーいっしょいっしょー!って思ってたのに…!(笑)
偵察…でパニックです!(笑) あーおかし(;▽;)
あ〜もうわけわかんなくなっちゃった…おなかいたい……

でもなるほど!あのエレベーターのおめでとうは確かに女の顔です…!Gくん、さすが鋭い…!

すっごい私的解釈ですが、ただあそこは薪さんが男でも女でもないから成り立つんですよね!(え…男じゃないの…?※個人の感想です※)
ほんとに女vs女だと、それはそれで成立せず。勝手に好きだっただけの男が婚約したからってあんな強気に責めたら、頭がおかしいと思われるだけじゃないです?(^▽^;;)
あれは男としての薪さんに雪子さんがすり寄って来てるから成り立つんだと思うんです(笑) ←言い方

ただでさえ距離を置きたい雪子さんなのに、恋のライバルから変に気を使われることも、それきっかけでせっかく置いてた距離を縮められることも不本意で払いのけちゃった感じに思ってました(笑)(私おかしいかな??)

「鈴木にではなく?」も最初は、うーわキッツーって思ったんですけど、薪さん、そんなつもりで言ったんじゃないと思ってたりします(笑)
「どうぞ僕にお気遣いなく。だって僕は何の関係もないのだから。鈴木に、この人と一緒になります、っていう報告するので充分じゃないですか?」
っていうのを近付くな光線と一緒に出したらああなっちゃったんだと思ったんですよねー。
(…なんか…変なこと言ってるかな…?←だんだん弱気;;;)

勘違いした雪子さんも余計なこと言っちゃうし、薪さんいらぬしっぺ返しをくらうわで。
あーー、ほんと噛み合わない2人だなーーーって思って見てました……。
お互いを斬り合ってるだけじゃなく、自分も斬りつけてる……。
清水さん、ほんとこういうの上手い……。
(って勝手に納得してたんですけど、私、薪さんを完全男、と思ってない分、人よりずれちゃうんですよ……;;;;;; だから多分、ゲイっていうより当然、といろいろ思ってるフシがある……;;; )

あと雪子さんは「お互いを抱きしめてなぐさめようと」とか言ってますけど、薪さんに抱きしめて慰める気はゼロだからね!とか思ってました……(笑)
遠くで祈らせてください…(笑) ごめん、雪子さん…。

しまった……。おもしろすぎて嫌がらせのような長さに……ご、ごめんなさい……。
ほんっとーーに申し訳ないです……orz あ〜どうしよう。

え、えと…私もその美味しそうなスコーンとサンドイッチ、食べていいですか……? //// ←腹へってんのか?

女の戦い

BON子さん、8巻座談会お待ちしてましたー。
なんて優雅なお茶会なんでしょうヽ(*´▽`)◆ゞ Tea-Time♪
スコーンめっちゃ美味しそうでGくんとMさんが羨ましいです(゚ー,゚*)ジュルルル

さて~、私は今回Gくんに激しく同意です!
エレベーター、まさに女の戦いですよ!
最近思うのですが、本当なら女性キャラが背負う役割を
薪さんが果たしてる場面が結構ある気がするんですよ。
「秘密」の主人公はもちろん薪さんで男性ですけど、
やっぱり主人公に共感しながら読むじゃないですか。
「秘密」ってすごく少女マンガだな~と思う時があって、
まさにそういう場面を見たときなんですよね~。

それから、この回は雪子さんのことも色々わかりますよね。
鈴木さんが亡くなるまではずっと一筋で、鈴木さんの死後に
薪さんの事が気になりだしたんだなぁ、とか。
これって、最初はさらっと読んでたんですが、後から
鈴木さんが指輪を渡さなかった理由が最初の考えと
180度変わってしまったんですよ…。自分でもちょっとびっくり。

雪子さん、のちに「つよし君のことが好きだった」って言いますが、
これは同情を恋と錯覚してしまった気がするんですよ。
鈴木さんの遺体にしがみついて号泣する薪さんとか、お葬式で
追い返されて雨の中うずくまる薪さんとか…。
雪子さん的にも、そんな薪さんを見たのは初めてで、
それからだんだん気になっていったんでしょうね~。

飲み会の青木の号泣シーン、ホントに大好きすぎて今も泣きます(笑)
そんなに薪さんのことが好きなのかよ~青木ぃ~!
…まさか、あざといなんて夢にも思いませんでした。
なんかもう、公園のあのシーン、青木があざとく見えて
仕方ありません(笑)

スコーンが食べたいです(*´Д`*)

座談会、お待ちしてました!優雅なお茶会良いですね〜♪
Gさまの斬新な読み込みとBON子さま&Mさまのツッコミが面白過ぎます(*≧∀≦*)

薪さんが青木の婚約をお祝いに来たのは、青木の幸せを願って健気だなぁ…。゚(゚´Д`゚)゚
としか思っていなかったので、そんな解釈の仕方があるとは…
確かにエレベーターでの雪子さんへの「ご婚約おめでとうございます」は、薪さん悪い顔してましたね。
私は薪さん綺麗だなぁ〜(*´∀`*)としか見えてなかったです(笑)

パーカー、Pコートもまず困惑しか無かったですし( ̄▽ ̄;)
でも、警察官のコスプレは、あまりの可愛さに凝視しましたが(笑)

『秘密』は事件を読み解く面白さはもちろんあるのですが、そっちに重点を置いて読んでると綺麗な薪さんを見落とすし、薪さんばかり見てると、事件が全然頭に入ってこないしで、何度も読んでしまいます(笑)

午後のティータイムですな

ごきげんよう( *´艸`)BON子さん!待ってました!

魂だけでも参加したかったわ(笑)素敵なお茶菓子に素敵なメンバーの座談会(人´ з`*)♪

粉使うの、天ぷらか、お好み焼き作るときぐらいの私(笑)ああ!私も乙女に戻りたい←お菓子作り=乙女

Gくん、相変わらずブッ飛ばしてくれますね、ブブブ(〃艸〃)三人の絡みほんとツボにはいります(人´ з`*)♪

薪さん、雪子さんに嫉妬ですよ(笑)自覚してください。そして、青木くんに接吻してください。待ってます(///ω///)♪

青木くんのあれは「あざとさ」だったのね( ゚∀゚)ふかいわー

まさか、薪さんのカジュアルが「モテ・カジ」だったとわ・・・無意識で恐すぎる。流石!魔性!

Gくんの会話聞いてると、昔一緒に働いてた「オカマちゃん」を思い出します。180㎝で内巻きボブとピンクのセーターが似合うオカマちゃん。私より女らしかった(笑)

話それましたが、薪さんがお断りメール入れた相手、気になりますよね。最初、あの、お世話になってるお偉いさん?かな?って思ったんですが(バナナフィッシュ思考?)カジュアルな格好なんで、違うかーと思いつつ・・・謎ですな。

あーメロディ発売まであと5日。ウズウズ

待ってました!(≧▽≦)ノ✨

BON子様 こんばんは✨

まだお疲れも回復途中であるとご推察いたしますのに
記事のUP有難うございまするー(*≧▽≦)(≧▽≦*)

本編も終了した今、リアルタイムでコメントできる
なんて超嬉しいです(ノ≧◇≦)ノ✨
私は雪子さんよりずっと女子力低くてビクトリアスポンジが
分からずググってました(^_^;)
美味しそうなスコーン✨Gさんの葡萄✨
そして「秘密」...最高ですね。

そうですか~エレベーターのやり取りは
女の戦いでしたか~なるほど(。 ・ω・))フムフム

私はあのナップサックには目隠しが入っているとしか
思えなかった汚れたおとなですが
目隠しの有無は置いといてG様も
それなりのお相手のセンなんですね~。
そこは一緒でなんかヾ(´∀`○)ノイェ~イ♪

何回もすみませんが私にはこの8巻が神回なんですよ。
あの青木くんの薪さんと仕事が出来なくなる
辛さにも凄く共感して。
にゃんたろー様の所でも熱く語ってしまいましたが
こんなゲスな私も私事でイラクの人道支援をする
NGOに関わってまして
そういうこと手伝っていると残酷な事実ばかり
見せられるのが続くんです。
現地へ行く人の報告会ではめっちゃ死体の写真も見るし、平和で安全だった
ところがとんでもないことになって行ってます。

ちょっとお手伝いしている私でさえそうなのに
MRI捜査している第九はもっとエグいんだろうなと
そんな過酷な毎日で青木くんから見て
ブレない薪さんは光なんだろうなと感じて
ここと4巻の犯人に怒る青木くんと12巻の青木くんの
3つが私のベスト青木です✨
号泣なのにね(;^_^A

小学校三名不審死事件の薪さんの洞察力と
いじめた子どもへの容赦なさと読者(と岡部さんと青木くん)にだけ
わかる優しさも良いですし
地震のトラウマで今後の展開を予兆させるところも
凄いです。
あと最初はMRI捜査に否定的だった山本さんが
変わってきた考えを
優しい笑顔で聞く薪さんも好きです(´-`*)♡

可視光線の桜木さんの言葉を聞いた後では
鈴木さんの理想を理解してくれる人が増えて薪さんは
嬉しく思ったのかなぁなんて思えて。

それにしてもGさんの青岡設定おかしーです(≧◇≦)ノミ☆バンバン。
私は岡部さんの赤面は単にボディタッチに馴れてないからじゃないのか
と思いますがGさんの指摘が無ければ
スルーしてました。
Gさんが岡部さんにそうあって欲しいからでは
ないのかな??
色んな見解伺えて楽しい♪
(ボディタッチだめだったら鈴木さんのいたころの第九では
ずっと岡部さんオロオロしっぱなし!?( *´艸`))

タッキーにまさかGさんメロメロ??
9巻の座談会も

いそがなくて いい 待ってるから


本当ですよ壁|・ノω・)コチョリ.

BON様おかえりなさい!(°▽°)

まあああ!今日のBON様はお茶会マダムですか!?しかもスコーン作ってる……すギョい!!食べたい…( ;∀;)

毎度楽しみにしておりました座談会。くう~っ!
で、私今回のエレベーターでの薪さんの心理についてはGに全面的に賛成ですすいません!!!!
リモコンの時もですけれど、薪さんていつもいつも私情は挟まずビジネスライクに、と常に自分を律してポーカーフェイス貫いてますけど、その押さえつけてる気持ちは相当ドロドロだと思うんです。特に恋愛関係が…
恥ずかしながら覚えがありますが…そういう時にタガが外れると、止められないんです、ドロドロを口に出すのが。信じられないヒドイこと言っちゃう。そして死ぬほど後悔する。

飲み会はその反省で現れたんじゃないかなぁ( ;∀;)ちゃんと祝福しなきゃ、みたいな。
「おめでとう」言った薪さんの爽やかなお顔、また綺麗に隠し通しちゃって…と泣けてきます。

そんなドロドロの薪さんが大好きです。
事件の当事者たちもそうですけど、綺麗事じゃない人間臭さとゆうか、「あ~それ言っちゃうんだ、哀しいなぁ」てことを言わせちゃう清水先生、すごいと思う。
薪さんも弱くて強くて美しくて汚いところもある、赤裸々なところが…ただのマンガのキャラとは思えない人間らしさが好きで好きで。なんと深い薪沼……(遠い目)

そしてポンコツな青木が憎かった(笑)
でも確かに「たとえ結婚してても…」のくだり、恋愛関係ばっかですね!
コレは!!文学部的な読み方をすると、あえてどうでもいいと言った項目が一番どうでも良くないのかも知れませんよぉおおお?(゜ロ゜)

…いや、お前の心理とかどうでもいいわ。お前は薪さんが大好きです。早く目覚めて思い立ったらプロポーズして下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BON子

Author:BON子
清水玲子さんの「秘密 THE TOP SECRET」にハマったアラサーBON子が妄想の淵を行き来しながら思ったことをメモしてます。