記事一覧

BON子 東京⇔福岡間を憂う

こんにちは。

今日も常軌を逸した妄想に勤しむBON子。

しかし、皆さま

薪さんは今後どうなるのでしょうか。

つまりですよ?

青木くんとの家族云々ですよ。(それだ)

まぁ・・・


僕たち家族になりました!てへぺろ☆彡



みたいになっても困るんですが・・・(困るんだ)

困るというか・・・まぁ清水先生もそんな感じにはなさらないだろうし(そりゃそうだ)

青木君の自宅を訪問したりして、何だか遠距離だけれども

苦肉の接点というか(すいません)

だって物理的に実際距離ありすぎるというか




どうすんのよ?

ですよ。(何様)




こんな時、BON子は妄想の翼を広げてすぐにでも飛んでいくわけです。(勝手にして)

正直ですね?

本編時代に(←?)ひとパプニング無ければいけなかったのでは・・・

と思うわけです。

だって、東京と福岡じゃさ、ひとっ飛びだけども!


急に顔見たくなって・・・


とかできないじゃあないですかぁ?(え?そんなの求めてない?)

顔見たくなって、空席照会して予約、羽田まで京急?(ぜひ乗って欲しい)、え、まさかタクシー?(どうでもいい)
そんで、チェックイン→1時間半弱くらいで福岡到着→え?青木実家市内?


まぁ・・・、勝手に薪さんが顔見たくなって飛んでる設定にしてますが・・・
今、気付いて自分で失笑しました・・笑

ここでご覧下さい。

本編12巻 P173 2コマ目

パリの薪さん宛に青木くんからハガキが届きます。

ここに書かれている住所。

4-11-8 OOMORI - HONMACHI - FUKUOKA - S

確認できるのはこれだけです。


福岡の


大森本町?


FUKUOKA-S

までしか見えませんが、これはFUKUOKA-Shiでしょう


つうことは・・・


そんなの市内にあった?


やっぱ架空の町か(多分それ)

青木家族は福岡市の架空の町に住んでいるようです。(おそらく)


あぁ、いったい何が言いたかったんでしょう(ほんとやめて?)

とにかく遠すぎるんですよ!

本州と九州ですから!陸が違うんですから!


ということで

これは・・・


本編でひとハプニング狙う他ありません(もう終わってるの)


BON子は薪さん以上のやり手ババアをやる為に、一路第九へと飛びます。


し、しかしもう眠い・・・(また?)

だってこれから就寝前に、しづさんの小説読んだりとか色々ありますし


ということで


続きます(また続くんだ・・・)






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BON子

Author:BON子
清水玲子さんの「秘密 THE TOP SECRET」にハマったアラサーBON子が妄想の淵を行き来しながら思ったことをメモしてます。