記事一覧

BON探偵事務所にかかってきた電話

ある日の午後。それも初夏にしては強すぎる日差しが室内に差し込む午後である。
小さな事務所はそれだけで熱気をため込み始め、BONNIEはたまらずブラインドを下ろした。
渋面でシガーを咥えると、静かに紫煙をくゆらせ、その甘くスパイシーな香りを熱気に漂わせる。
デスクの引き出しにあるはずのシングルモルトはすでに空だった。
とことんツイてないようだ、と諦め室内を見渡す。客は誰もいない。
しかし、それはいつものことではあった。この小さな探偵事務所に依頼に来る人間など
相当の物好きか、秘密好きと決まっているのである。まさに、その秘密を暴くことがこの事務所の所長であるBONNIEの仕事なのだから。
それにしても暑い。窓を開けようとブラインドに手をかける。その時、その隙間から女が
向かいのバーに入って行くのが見えた。妙に思った。女は黒のワンピースに黒のハイヒール、
同色の小さなベール付きの帽子にサングラスをしている。ワンピースはスタンドカラーの見るからに上質なもので
持ち物もすべて高級であることがひと目で分かった。女はバーに入るとすぐ左手にある公衆電話に向かい
グローブをした手で受話器を取った。その手のグローブだけが真っ白でBONNIEは一瞬目が離せないようだった。
その瞬間、幻想から引き戻すかのようにデスクの上の電話がけたたましく鳴り始めた。
まさか・・・
BONNIEは葉巻を置き、ひと呼吸整えて受話器を取る

「はい・・・BON探偵事務所です。」

「あなた、BONNIEさん?」

女の声である。

「そうですが・・・あなた・・」

「あなたに調べて頂きたいことがあるの。お金はいくらでもお支払いします。」

「どのような案件でしょう。金に困っているとはいえ、何でも引き受けるってわけにはいきませんからねぇ。」

「秘密 新装版 12巻末に鈴薪イチャつき疑惑イラストが載っています。」



「な・・・・!なんですってぇえええええ!?」



「あなたに実際イチャついていたのか、それともただちょっと一緒に音楽聞いたりしただけなのか確かめて頂きたいんです」

「それは、あんたもう今すぐにでも飛びますよ!」

「良かった・・こんな事を頼めるのはあなたぐらいしかいませんでしょう?ぷ・・・」

「今、笑いました?分かりました。すぐにでも調査しましょう。しかし、あなたが誰なのか分からない」

「調査が終了したら現れますわ」

「黒いワンピースで・・ですか?」葉巻プカーーー!

「ま、気付いてらっしゃったのね?それでは楽しみにしておりますわ」

「待って!お名前は・・!?」

「E・・・とだけ伝えておきます・・」


電話は切られた。慌てて窓を開け、バーを見下ろすと、すでにそこに黒衣の貴婦人の姿は無かった。
BONNIEは震え・・・信頼できるあの人の名を呼んだ。





「たきぎさああああああんんん!!!!!!」



叫びを聞いて、その人はすぐに現れた。
たきぎ女史。BON探偵事務所の捜査員であり、お世話になりっぱなしのBON子の相棒となってくれたお方。
常に冷静な判断で状況を分析し、たまに興奮して気絶したりするけども、最強の捜査員なのである。
そんなたきぎさんとBON子はボたコンビとして時空捜査(主に薪さんのストーキング)を行っているのである。
詳細は過去記事&たきぎさんのブログ「薪ノート 嘘ニュース!「秘密」同人ゲーム発売か?」を参照願います。


た 「どうしたんです?BON子さん。大声出して。」

ボ 「たきぎさん!タレコミです!新装版12巻の巻末イラストの鈴薪調査の依頼が!!」

た 「あれ最高でしたよねぇ・・いつ捜査するのかと思ってました」

ボ 「知ってたんですか!うちが届くの遅いからってぇ・・・」

た 「じゃあ、飛びますか?今から。時期的にはこの前の雪山の後の初夏くらいでしょうか」

ボ 「確かに。雪山ではかなり盛り上がっていたからねぇ。しりとりとか。あの後で、しかも警大に入る前ですかね?」

た 「いや、もしかして警大の寮かもしれませんよ?あのイラストからは随分気心のしれた、もはや夫婦の貫禄出てましたから」

ボ 「確かに!出会って1、2年という感じでは無いのかもしれません。よし!警大の寮へ飛びましょう!」

た 「待って下さい。警大の寮というと、侵入が難しい。どうします?」

ボ 「壁と同化するしかないでしょう」

た 「なに簡単に言ってるんです?」

ボ 「あなたの案でしょう?忘れないタイプですよ?」

た 「うっとうしいタイプですね。冗談も通じないんですか?」

ボ 「言っときますが、これは妄想です。成せば成るが基本なんです。壁と同化くらいなんですか」

た 「そこまで自由自在なら可能ですね」

ボ 「ユー キャン フライです」

た 「じゃ、行きましょうか」

た 「BON子さん、あなたさっきからこちらを向きませんがどうかしたんです?」



ボ 「はぁあいぃ?」




IMG_4101.jpg

テレッテッテーーン♪(相棒テーマオン!)

た 「う、U京さぁああん!?」(なりきっちゃったぁ!?)

ボ 「亀山たきぎさん、そろそろ行きますか?」

た 「創作するのやめてください」

ボ 「おやおやぁ?」

た 「言いたいだけのもやめてください」

ボ 「しかし、あなたその格好では壁と同化できませんよ?戦闘服に着替えなければ。私のはこのサスペンダーと紅茶です」

た 「わかりましたよ!着替えますよ!」


ゴソゴソゴソ・・・







IMG_4102.jpg

テレッテッテーーン!♪(相棒テーマ再度オン)


ボ 「結構ノリノリぃぃいい!???」(す、すみません)

た 「ボ京さん!行きますよ!」

ボ 「はぁあいぃ?」

た 「もういいから」



ビューーー!!!(時空を越えた)


ハードボイルドに始まったこの度の相棒ボたコンビシリーズ第2弾、題して「BON探偵事務所にかかってきた電話」。
ハードボイルドからの長すぎるふざけた相棒ちっくなやりとりに辟易されたあなた、そしてあなた。
申し訳ありません。やっと飛びました。もう帰る?お待ちください。
BON子の大好物、それは全寮制。(なんだよそれ)昔から寄宿舎ものが大好きなのです。
それに鈴薪が入寮していた・・・なんて鼻血どころかなんか色々大変です。

それでは、以下、すべてBON子の妄想であり、原作「秘密」と実在のたきぎさんには一切関係ございません。






無事、鈴薪が入寮している警察大学校の寮に到着したボたコンビ。
そして無事・・・


壁と同化完了。(ユーキャンフライ)


どこの壁かって?

もちろん鈴薪のお部屋の壁ですよぉ・・・

なんと二人は同部屋だったのである。もちろん、2人部屋である。


た 「BON子さん、壁と同化できましたね?」

ボ 「為せば成るです。これなら鈴薪のプライベートを見学できます!」

た 「確かに、前回までは私たちが居たからおかしなことになっていた・・という意見も多数です」

ボ 「そうでしょう、今回は完璧ですよ」

た 「あ!帰ってきたみたいです!」


ドアを開けて現れたのは薪さん。まだまだ初々しいお姿。たまりません。

続いて現れた鈴木さん。ふたりの距離がすでに近すぎます。

薪さんはグレーの薄手のパーカー(やっぱりか・・)、ジャストフィットサイズでピッタリと肌に張り付くようです。
五分丈の袖口からは、ん?意外と太い?もっと細いかと思ったけど?な白い腕がのびています。
鈴木さんも同色のカットソー、こちらもジャストフィットサイズ、こ、これはデザイン違いなのでしょうか?



薪 「鈴木、休日なのに実家に帰らなくていいのか?」

鈴 「別に毎週帰ることないだろ?」

薪 「そう言って、先週も帰らなかった・・・」

鈴 「そうだったか?」

薪 「僕のことを気にしているならその必要はない。勉強することもあるし、別に・・」

鈴 「淋しくない?」

薪 「淋しいわけないだろう!」頬染


ボ 「と・・突然甘い系ですよ・・たきぎさん・・」コソコソ

た 「これは・・今回真面目にいけますね・・」コソコソ


鈴 「じゃあ、1人で寝れるの?」

薪 「当たり前だ!」

鈴 「もう広いベッドで1人で寝れないくせに・・」

薪 「馬鹿なこと言うな!」頬染


た 「広いベッドて・・あれどう見てもシングルベッドふたつですけど・・」

ボ 「シングルベッドで巨大な鈴木さんとキッツキツで寝てたからもう抜け出せないんだねぇ・・」


薪 「とにかくご両親が心配されるから帰ったほうがいい!」

鈴 「俺と離れたいの?」

薪 「違う!そうじゃないけど!!」

どんどん追い詰められる薪さん。にじりよる鈴木さん。息を飲むボたコンビ。

鈴 「じゃあ、帰れなんて言うなよ」

薪 「す、鈴木!!!」

薪さんを追い詰めた鈴木さん。次の瞬間!!!



壁ドン!!!(そこの壁、絶賛同化中)



頬を赤らめ、うつむく薪さん。のぞき込む鈴木さん。気絶するたきぎさん。鼻出血するBON子。

薪さんの後背部密着&鈴木さんに薪さんと共に壁ドンされたことにより(壁ドンのその壁なので)

たきぎさんがまたもライフゼロとなってしまった。BON子も大量出血で意識朦朧である。

これでは捜査どころではない。(のぞきだろ?)


鈴 「ん?薪、血、出てるか?」

薪 「いや?」

鈴 「だって壁に血が・・・」


えええええ!?同化って出血は別~~~!?(それ困るね)


薪 「おかしいな?拭いておこう」

おもむろにハンカチを取り出し、壁を拭こうと顔を近づけてくる薪さん。

かつてこんな美味しいシーンがあっただろうか(いや、ない。)


薪さんのハンケチ・・・


薪さんのドアップ・・・ビスクドールのような肌に大きな琥珀色の瞳が・・・あぁ・・もう・・・(←やめてよ)


再出血。(まぁ、しょうがない)


薪 「わ!!血の染みが増えた!!!」

鈴 「え!気持ち悪いこと言うなよ!掃除のおばちゃん呼んでくるから待ってろ!」



えぇぇええええ!?なんでぇぇぇええええ!?(号泣)(そりゃそうだ)



掃除のおばちゃん登場により、BON子顔面を強擦される。

その雑巾臭によりたきぎ捜査官生還。(どんな生還)

天国と地獄を一瞬で駆け抜けたボたコンビ、捜査再開する。(負けない)




薪 「とにかく、来週は帰れよ?毎日一緒に居られるんだから、週末くらい平気だ」

鈴 「俺は週末も一緒に居たい」

薪 「・・・・(頬染) 僕は読書するから、おまえも何かすることあるだろ!?」

鈴 「じゃ、傍で音楽でも聞こうかな?」

薪 「好きにしたら?」


お揃いの赤いイヤホンを各々付け、ついにイラストの格好に!

静かにハヤカワ文庫を読む薪さんと背中合わせに音楽を聴く鈴木さん。

休日の午後のふたりの部屋に柔らかな風が吹き込んでふたりの髪を揺らしていきます。



至福だね・・・(ボたコンビもう満足)


鈴 「薪、何読んでるの?」

薪 「ミステリー」

鈴 「なんてやつ?」

薪 「もう!話に集中できないだろう?」

鈴 「いいよ」

薪 「よくない!」

鈴 「薪、何聴いてるの?」

ボ 「それは私も知りたかった」(独り言)



薪 「ウイグル語だ。聞くか?」


ボた 「ん・・・?」

鈴 「う・・・うん・・」

鈴木さんの右耳に自分のイヤホンを付けてあげる薪さん。(イイ!)

鈴 「・・・・・ぜんっぜん分かんないんだけど、今、なんて言ったの?」



薪 「よそ者は黙ってろ。という強い感情表現だ。」




ボた 「え・・・・・」(それってぇ・・・)


鈴 「これ、活用できるの?覚えて・・・笑」

薪 「なんかいつか凄く活用できる気がする」


そうだよ・・・スラスラ読めてたよぉ・・・!!!(気絶するけど)



鈴 「そのパーカー似合うな」

薪 「鈴木が誕生日にくれたものだ」

鈴 「うん。やっぱり、薪はパーカーが似合う」

薪 「毎年、くれるから、このままだと一生分あるぞ?笑」

鈴 「いいじゃん、一生俺のパーカーを着ろよ?」

薪 「え・・・・」頬染



パーカープロポーズぅううう!?(そんなのある?味噌汁的な?)



薪さん、だからいつもパーカーだったの!?一生分あるから!?操を立てたからぁあ!?



薪 「馬鹿なこと言ってないで・・ほら、もう読書中なんだから邪魔するな!」(ドキドキ)

鈴 「薪、俺が今、聴いてる曲、すごくいいんだ。聴いてみて?」

薪 「いい加減にしろよ」

鈴 「ほらこっち向けよ」






IMG_40991.jpg

薪さん、すでにキス待ち顔になってますがぁああ・・・!


鈴 「ほら、いい曲だろ?」

薪 「うん・・・」

鈴 「このままふたりで・・夢をそろえて・・何げなく暮らさないか・・♪」

薪 「これ・・・」

鈴 「何度も言うよ・・君はたしかに・・♪」


ボ 「僕を愛しぃぃいてぇるぅぅうううううう!!!!♪(号泣)」



た 「ちょ!BON子さん、やめてくださいよ熱唱は!(そこおまえが歌わないで)わかりますけど!ずびっ・・・」


薪 「今、何か・・・ん?」

鈴 「このまま二人で・・朝を迎えて・・いつまでも暮らさないか・・♪」(←無視)

薪 「鈴木・・・」

鈴 「何度も言うよ・・君は確かに・・僕を愛してる・・♪」

薪 「・・・・・・・・」頬染

鈴 「薪・・・」

鈴 「迷わずに・・・SAY YES・・・」

薪 「す・・・」

鈴 「僕は死にません・・・」



ボ 「死ぬのぉぉぉおおおお!!!!(号泣)死んじゃ嫌ぁああああ!!」(落ち着いて)

た 「ボン!黙れって!こらぁ!!」




鈴 「薪?」

鈴 「迷わずに・・・SAY・・・」








薪 「YES・・・」





ボた 「!!!!!!(号泣)」


鈴 「ま・・・!」


!!!!!!!!!!!!!


薪 「鈴木!!!あれはなんだ!!???」





IMG_4117.jpg
聖骸布みたいになってるね・・・



号泣しすぎて壁から染み出てしまったボたコンビ!

今回もイイところで退散することとなった。

鈴薪の部屋に呪われた壁疑惑を残し、我らは時空を超えて帰っていったのである。

しかし、今回の捜査でどうも、ただ仲良く読書と音楽を楽しんでいただけではないことが分かった。

鈴木さんの果敢なパーカープロポーズ、それに続くまさかの「SAY YES」プロポーズを確認することができた。

薪さんも「YES・・」とはっきりと答えていたし、これで二人の愛は本物だと分かったのだ。

残念ながら、愛を確かめ合った後の二人に恐怖を残して我々は立ち去らねばならなかった。

無念である。

あの後、ふたりは甘い時間を過ごしたのだろうか、おそらくそうだろう。

そして、この捜査結果を依頼人であるE嬢に報告しなけらばならない。

今回も、捜査をひっぱって下さったたきぎ女史に感謝致します。

いつも勝手にすみません。今回も暴走しました。

BON探偵事務所設立もありがとうございました!感動しました!



そして、タレコミ情報は、E様のGARDENで12巻イラストのネタバレを最初に読ませて頂いたことから思いつきました。

いつもありがとうございます。

そして、ここまで読んで下さった皆様、慣れていらっしゃる方も、

そうでなくて顔面蒼白になっていらっしゃる方も、長々とすみませんでした。

ご拝読ありがとうございました。



では、最後にちょっと・・



怪奇壁現象後の鈴薪をどうぞ・・・




鈴 「薪・・・さっきの何だったのかな・・キモイな・・怪奇現象かな?」

薪 「怪奇現象などあるはずがない。すべて科学で証明される事象だ」

鈴 「なんか、俺、あの壁見てからすごい気になってることあるんだけど・・」

薪 「相棒シーズン1の再放送のことじゃないか?」

鈴 「それだ!もう始まるぞ!」

薪 「僕も同じことを考えていた・・・」

鈴 「以心伝心だな・・・俺たち・・」にっこり

薪 「うん・・・」極上にっこり

鈴 「今日も右京さん、紅茶飲むかな?」

薪 「いつもだろ?僕は、あのサスペンダーが欲しい」

鈴 「今度買ってやるよ。パーカーと一緒に」

薪 「またパーカー?」←思ってたんだ・・

鈴 「薪、あれやって?はぁあいぃい?」

薪 「・・・・・・・・・」




初々しい鈴薪よ・・・相棒再放送を見て楽しみたまえ・・・


スポンサーサイト

コメント

ヤマネ様

ヤマネさん、コメントありがとうございます!(^O^)

> ハードボイルド展開で始まり、おや、と思ったんですが。
> 身体を張った、ハードな捜査お疲れ様でした。
> 出血されたようですが、輸血しなくて大丈夫ですか?
> またまた涙出て、おなか痛い( ≧∇≦)
> いいコンビだ。

今回、探偵ということでハードボイルドに走らせて頂きました。へっぽこですが(笑)
このままでは毎回出血しそうなので、秘密輸血基金の設立を・・・(あほか)
お、お腹大丈夫でしょうか?笑 たきぎさんに許可なくめちゃくちゃしてまして・・汗


> あれは、警大の寮なのですね。しかも同室。二人で一つのシングルベッド…←決めつけ
> あ、はなぢ。

いやぁ、寮が好きでして。清水先生に鈴薪寮生活を描いて欲しいくらいです。
いや、シングルベッドは2つあっても1つに2人で寝てます、確実です←同じく決めつけ
あ、ヤマネさんも輸血が・・・!笑


> あの、二人の服、お肌にぴったり貼りつくような、ジャストフィットしてますよね、ね。めっちゃ見ましたもん←変態ですが許して

私も張り付くパーカーの質感まで確認するように見ましたよ。変態にならずに薪さんを見ることなんてできるのでしょうか・・(遠い目)

> 薪さんがパーカーを着ているのは、鈴木さんが買ってくれて操を立てているんですか!薪しゃん…
> パーカープロポーズには大笑いしました。で、ちゃんと「Yes」返事した(させられた?)、薪さんがかわいい。
> 鈴木さんの言動にいちいち、頬染め…
> 甘すぎ、見ていられません(や、一部始終みたいですけど、なにか?)

パーカープロポーズ、自分でも何を書いているのだろうと思いながらも、常にパーカーの理由はもうこれっきゃない!
くらいの感じで、だって着すぎでしょう実際!笑 操を立てて、一生パーカー。青木に脱がせることができるのか!そのパーカーを!!(もう別の話になってる)
鈴木さん、気障なこと平気で言えるらしいので(言えると打ったらイエルと出たんですが・・アスマンめ~~)薪さんに畳み掛けるように愛の言葉吐き続けます。薪さんは絶対、なんだかんだ頬を染めるタイプかと思うんです。私も顔を覆いながらも指の隙間から一部始終を見るタイプです。笑


> そして、あのイヤホンシーンのすぐ後に薪さんの、こんなキス待ち顔があったなんて。清水先生、そっち描いて←全部妄想だから
> あまりに自然に、いつものようにキス待ち♡
> いちゃいちゃですな。

清水先生、ほんとにお願いします。(切実)そろそろマジ甘いのが見たいです。一瞬でいいから!
あの夫婦間ならこれもアリかと・・友達という名のイチャつきをしていたはずです・・・


> で、そんなに甘々なのに、薪さんが聞いていたのが、ウイグル語。「よそ者は黙ってろ」だったという。

やはり薪さん、甘いだけじゃ終わらせねぇ・・ということで(笑)
そこが好き・・(すみません)

> もう、どこを読んでも面白い、大爆笑の捜査でした。
> 依頼主の黒ワンピの貴婦人さまもきご満足されたようでよかったよかった。

ヤマネさん、いつも笑って下さってありがとうございます!ヽ(´▽`)/
E嬢も、おそらくご満足ということで・・いやほんと皆様ありがとうございます。

明日はメロディ発売日ですね。もうそれだけでウキウキで自分が怖い・・です(笑)

ばろん様

ばろんさん、こんにちは(^O^)

> ボ&たさんコンビ再び!
> 朝イチに爆笑させていただきました。

朝イチで!あ、ありがとうございます(笑)
目覚め悪くなりませんでした?ww
ボたコンビ、勝手に再始動させて頂きました!


> ツボが沢山あって・・「ユーキャンフライ」から始まり(じわじわきてます)、なりきり「U京さん」。まさかの「壁ドン」。そして最後に「聖骸布」!
> イラスト見た瞬間ぷぅーっと吹き出してました。
> 本当に楽しませていただきました 笑

あ、「ユーキャンフライ」で?笑 なんかめっちゃ嬉しい・・(´∀`)
ばろんさんが羅列されてるキーワード読んでいくと、今さらですが何なのこの内容・・・
と自分で呆然としております・・ww U京さんに聖骸布とか話が崩壊してますよね。
でも、ばろんさんが楽しんで下さったのならいいです。(←よくない)

> いや、でもまさかの「ウイグル語」!
> なるほど、そんな早くに勉強してたんなら読めますわ。喋れますわ。
> そして鈴木さんの「SAY YES」って!曲のチョイスがナイスです。

薪さん聴いてるのは語学系かな?とすぐ思ったんですけど、本編からめるとフランス語かウイグル語?笑
インパクト重視でウイグル語です。フランス語だとジュテーム的に甘くなったかもですが
薪さんなんで、甘いだけじゃ終わりません(笑)
「SAY YES」これ、もう暴走してましてすみません。パーカープロポーズから更にプロポースの流れで
101回目のアレになって、僕は死にません(しぇん)の辛すぎる未来に涙だったんですが、まったく泣けませんね(笑)

> BONNIE探偵にはこちらから依頼させていただいていいんでしょうかね。というより、BON探偵事務所でお茶汲みおばちゃんとして雇ってもらえないですかね 笑
>
> ボ&たさんコンビの時空を超えた妄想旅、次回も楽しみにしています。

お茶汲みおばちゃん!笑 とかさせられませんよ、ばろんさん!こんな妄想探偵に。
しかも、BONNIEはハードボイルドにシングルモルトしか飲みませんし(笑)
ご依頼ございましたら、どうぞ向かいのバーから電話をどうぞwwwてもう妄想と現実が・・・

ばろんさん、いつもありがとうございます!また妄想捜査にお付き合い下さいね(^O^)

ハードですね(笑)

ハードボイルド展開で始まり、おや、と思ったんですが。
身体を張った、ハードな捜査お疲れ様でした。
出血されたようですが、輸血しなくて大丈夫ですか?
またまた涙出て、おなか痛い( ≧∇≦)
いいコンビだ。

あれは、警大の寮なのですね。しかも同室。二人で一つのシングルベッド…←決めつけ
あ、はなぢ。

あの、二人の服、お肌にぴったり貼りつくような、ジャストフィットしてますよね、ね。めっちゃ見ましたもん←変態ですが許して

薪さんがパーカーを着ているのは、鈴木さんが買ってくれて操を立てているんですか!薪しゃん…
パーカープロポーズには大笑いしました。で、ちゃんと「Yes」返事した(させられた?)、薪さんがかわいい。
鈴木さんの言動にいちいち、頬染め…
甘すぎ、見ていられません(や、一部始終みたいですけど、なにか?)

そして、あのイヤホンシーンのすぐ後に薪さんの、こんなキス待ち顔があったなんて。清水先生、そっち描いて←全部妄想だから
あまりに自然に、いつものようにキス待ち♡
いちゃいちゃですな。

で、そんなに甘々なのに、薪さんが聞いていたのが、ウイグル語。「よそ者は黙ってろ」だったという。

もう、どこを読んでも面白い、大爆笑の捜査でした。
依頼主の黒ワンピの貴婦人さまもきご満足されたようでよかったよかった。

また次の捜査、楽しみに待ってます。

た・・探偵事務所開業!?

ボ&たさんコンビ再び!
朝イチに爆笑させていただきました。
ツボが沢山あって・・「ユーキャンフライ」から始まり(じわじわきてます)、なりきり「U京さん」。まさかの「壁ドン」。そして最後に「聖骸布」!
イラスト見た瞬間ぷぅーっと吹き出してました。
本当に楽しませていただきました 笑

いや、でもまさかの「ウイグル語」!
なるほど、そんな早くに勉強してたんなら読めますわ。喋れますわ。
そして鈴木さんの「SAY YES」って!曲のチョイスがナイスです。

BONNIE探偵にはこちらから依頼させていただいていいんでしょうかね。というより、BON探偵事務所でお茶汲みおばちゃんとして雇ってもらえないですかね 笑

ボ&たさんコンビの時空を超えた妄想旅、次回も楽しみにしています。

なみたろう様

> わたくしなみたろう、一人暮らしでございまして、つまり家ではひとりきりで、つまり一言も喋らないワケなんですけどね、そんな中、「声に出して大笑いする」なんてのはよっぽどのことです。
> つまりBON子さん、最高です。ぐっ。

なみたろうさん…最高だなんて…こんな無作法者に…涙
ありがとうございます!(号泣)
なみたろうさんから声に出して大笑いってもう紫綬褒章貰ったも同然の喜びです。

> 冒頭、懐かしの探偵小説を彷彿とさせました。が!まさかの依頼人がe…あっ、言ったら殺されそう。

胸ぐらを掴まれるかもしれません…あっ…す、すみません!
探偵物好きでよく読んでたんで、かなりベタベタで下手くそという、でも逆にピッタリなんですが(笑)


> そしてU京さん、他の人が言ったらただイラッとする「はぁいぃ?」私も大好きです!(°▽°)

あの口癖が好きなんですよね。他の人だと100パーイラッと来ます。おやおやぁ?とかもう(笑)

> ふたたびたきぎさんと飛んだ先で壁、なるほどです!いい加減薪さんに面割れてますからね。

それなんです。面が割れ過ぎててこれ以上鈴薪をアホにするわけには行かぬと壁です(笑)


> 鈴木王子の気障な口説き文句と頬染める薪さんの実況、ほんとにありがとうございます!ちょいちょい邪魔してますが、ありがとうございます!

ちょいちょい邪魔してますね(笑)なんでしょう、そういうタイプですww いつか薪さんに青木で頰を染めて貰いたいものです。

> 何よりも薪さんの振り返りざまのキスおねだり顔、ありがとうございます!!щ(゜▽゜щ)

そんな!力及ばずです…この顔見た人、いるんですかね?そこんとこ原作でハッキリと…無理ですよねぇ。


> この後は依頼人e嬢のいくらでも払うとゆう金を、ハードボイルドらしく全部呑む、とゆうオチでしょうか?

あはは!!e嬢いくらでも払う言われてましたね!笑
全てシングルモルトとシガーに変えてみせます!ハードボイルド的に!ハードボイルドって大変ですよね、キャラ守るの…笑

たきぎ様

> ちょっ! ボたコンビ、再び?
> しかもメガネ……二人とも(笑)。

すみません、またボたコンビをやってしまいました。事務所ができたので嬉しくて…あ!後悔されました⁉︎Σ(゚д゚lll)あの、ゲームでたきぎさん眼鏡でしたので、それで私が右京さんをしてしまいましたので、2人とも眼鏡に……ww

> 相棒、ご存知なんですね。そして今回は遂にEさん参戦w

ジーズン1が好きだったんですよ。すごい見てました。再放送も(笑)Eさま、謎の美女で参戦頂きました。なんかもう好き放題で、ちょっと考えます冷静に(ほんとうに?)


> ヤマネ教授のゲームがまだ開発にも手をつけていないのに、なんということでしょう(爆)! ゴールデンウィークには必死で開発作業をしなければwww

大切なゴールデンウィークを!!!汗
すみません!いいんですか⁉︎
楽しみにしてます!!(早)だってあれ、凄すぎて面白くて…最高ですから!

> 薪さんのキス待ち顔(照)見てるほうも恥ずかしい……。

薪さんのキス待ち顔…原作で見られる日が来るんでしょうか…(ないだろ)4巻の相手は見たんでしょうか⁉︎(嫉妬)

> 聖骸布みたいな壁は、数千年後に化石になって秘密博物館に寄贈されているかも。

我々、秘密の歴史に足跡を残せた…ということでしょうか…将来、その博物館の館長になりたいです(目を覚まして)

この度は、ありがとうございました!

やヴァい。

わたくしなみたろう、一人暮らしでございまして、つまり家ではひとりきりで、つまり一言も喋らないワケなんですけどね、そんな中、「声に出して大笑いする」なんてのはよっぽどのことです。
つまりBON子さん、最高です。ぐっ。

冒頭、懐かしの探偵小説を彷彿とさせました。が!まさかの依頼人がe…あっ、言ったら殺されそう。
そしてU京さん、他の人が言ったらただイラッとする「はぁいぃ?」私も大好きです!(°▽°)

ふたたびたきぎさんと飛んだ先で壁、なるほどです!いい加減薪さんに面割れてますからね。
鈴木王子の気障な口説き文句と頬染める薪さんの実況、ほんとにありがとうございます!ちょいちょい邪魔してますが、ありがとうございます!
何よりも薪さんの振り返りざまのキスおねだり顔、ありがとうございます!!щ(゜▽゜щ)

この後は依頼人e嬢のいくらでも払うとゆう金を、ハードボイルドらしく全部呑む、とゆうオチでしょうか?

eriemama 様

> すごい、超大作!(笑)ボたコンビがまた読めて嬉しいですT^T

eriemama さん、ありがとうございます〜!涙
事務所設立が嬉しくて、またやってしまいました。(笑)たきぎさんには勝手して申し訳ないです…

> あ、事務所設立のお祝いにお花送っておいたんですが着きましたでしょうか?え?お前それも妄想だろって?エヘ(=´∀`)

花輪届いてますよ!いいとも並に凄いのが届きました!笑 ありがとうございます!いや、もう妄想とか現実とかどうでもいいですよね?(目を覚まして)


> 私も寄宿舎設定にちょっと弱いんですが、花のなさそうな警大の寮さえもその枠に入れてしまえるほど絵になる鈴薪(笑)二人の青春が微笑ましくニコイチであればあるほど鈴木さんの胸ぐらを掴んで今すぐ「なんで死んじゃうのぉ〜っT^T!?」って号泣したくなります(通報されるよ…)

eriemama さんも寄宿舎お好き⁉︎なんか嬉しい…
多分警大の寮なんてむさ苦しいだけだと思うんですが鈴薪ルームだけはフランス寄宿舎の雰囲気を醸し出してます(笑)
胸ぐら掴んで!笑 吹きました。ほんと死ななくても良かったのに…とか思う程素敵ですよね…王子…しかし、殺したの我らの薪剛ですけどもね…笑(薪に射殺される享年33歳)

> でも、週末の別れさえ惜しんじゃうほどのラブラブっぷりで本当に良かった…(頰染&引き続き号泣)

頰染&引き続き号泣ありがとうございます!笑
いや、でもこんな感じでベッタリいたんじゃないかな〜と思うんですよね。うん。

> きっとベッドがシングル2つでも毎日どちらかのベッドで一緒に…←誰か止めてください

それは、確実です。シングルベッドが広いらしいですから、必ず2人で寝てます。←止めるすべを知らず


> あのイヤホンシェアの直後カット、ありそう(≧∇≦)頭上でいちゃついてた魂(なみたろうさん談)が本体(笑)に戻ってリアルにいちゃいちゃ(笑)

魂がイチャついてる名言ですよね!しかし、魂だけで終われたかな?どうなのかな?と妄想する病気ですのでこんなんなってますww

>感激ですw…けど、それを吹き飛ばす衝撃の聖骸布…!!(笑)これに爆笑しすぎてお腹がよじれそうでした…(保険に入っとかなきゃ…;;;;)こんなことしたらプレミアムに狙われかねませんよ?←そーゆー組織だっけ…?

妄想保険に加入ですか⁉︎爆
ありがとうございます、ほんとに。よじれて頂いて。(←おかしいよ?)プレミアムのに紋章作ったりしてるし、マジであのローブオヤジ共に狙われるかもしれません。ボたコンビ新たな展開です(笑)


> BONNIEさん、あなた、なかなかやるわね。相棒のT女史も噂通りの切れ者で、この目に狂いはなかったとわかって安心しましたわ、ウフフフフ…←誰やねん。。。(^◇^;)

E嬢〜〜〜!!!!(笑)笑いが止まらない〜涙
ありがとうございます、付き合って頂いて!ふうふう…(息を整えて)勝手にご登場お願いして(してないよね?勝手に登場させたよね?)すみませんでした!
しかも、ノッて頂いて、恐縮です…お優しい…涙
凄く素敵で爆笑致しました。ありがとうございましたE嬢様!!

ボニー……

ちょっ! ボたコンビ、再び?
しかもメガネ……二人とも(笑)。

相棒、ご存知なんですね。そして今回は遂にEさん参戦w
ヤマネ教授のゲームがまだ開発にも手をつけていないのに、なんということでしょう(爆)! ゴールデンウィークには必死で開発作業をしなければwww

薪さんのキス待ち顔(照)見てるほうも恥ずかしい……。

聖骸布みたいな壁は、数千年後に化石になって秘密博物館に寄贈されているかも。

苦しい…(^◇^;)

すごい、超大作!(笑)ボたコンビがまた読めて嬉しいですT^T
あ、事務所設立のお祝いにお花送っておいたんですが着きましたでしょうか?え?お前それも妄想だろって?エヘ(=´∀`)

私も寄宿舎設定にちょっと弱いんですが、花のなさそうな警大の寮さえもその枠に入れてしまえるほど絵になる鈴薪(笑)二人の青春が微笑ましくニコイチであればあるほど鈴木さんの胸ぐらを掴んで今すぐ「なんで死んじゃうのぉ〜っT^T!?」って号泣したくなります(通報されるよ…)
でも、週末の別れさえ惜しんじゃうほどのラブラブっぷりで本当に良かった…(頰染&引き続き号泣)
きっとベッドがシングル2つでも毎日どちらかのベッドで一緒に…←誰か止めてください

あのイヤホンシェアの直後カット、ありそう(≧∇≦)頭上でいちゃついてた魂(なみたろうさん談)が本体(笑)に戻ってリアルにいちゃいちゃ(笑)感激ですw…けど、それを吹き飛ばす衝撃の聖骸布…!!(笑)これに爆笑しすぎてお腹がよじれそうでした…(保険に入っとかなきゃ…;;;;)こんなことしたらプレミアムに狙われかねませんよ?←そーゆー組織だっけ…?

BONNIEさん、あなた、なかなかやるわね。相棒のT女史も噂通りの切れ者で、この目に狂いはなかったとわかって安心しましたわ、ウフフフフ…←誰やねん。。。(^◇^;)

コメントの投稿

非公開コメント