記事一覧

秘密 1巻 BGM座談会

こんにちは。

私の唯一の秘密ダチであるMとG。

彼らと会っては、何度か秘密の話をしているのですが

このメンバーで勝手に座談会をしましたので、本日ここに紹介したいと思います。(大丈夫か?)



どうせ、しょーもないんでしょ?←皆さんの声



そうですそうです。ですので、お気軽に、そしてできればお怒りにならないで・・(←お願い?)


ということでどうぞ。





Gが3巻まで読んだ時点で

ちょ・・難しい・・・気になるところが多すぎて・・1冊ずつ座談会しよ?


とか言い出してきたので我ら暇な三十代男女が、傑作「秘密」を語り合うがために何度か集合することとなった。

だいたい、Gはまともに漫画を読んだことがなく、まず漫画の読み方が分からんとかイラつくことを言い出すので


ボ 「だからぁ・・!ほら!セリフはそのまま右の吹き出しから順番に読めば、え、だからこの場合右上の・・・」←セリフの吹き出しが大量に並ぶとどこから読むのが正解か分からんらしい・・・怒

G 「え、じゃあこのセリフはこの人が言ったってこと?じゃあ、内容に合わなくない?」←モブキャラの(宇野さんではない)セリフにまでうるさくこだわる。

ボ 「いやもう、それはそれ!(←おい)てかおかしくないじゃん!この人はこの人でしょ?」

G 「え!顔の中身が描かれてないから分からん!これちゃんと描いて貰わないとぉ・・・(←ダメだし?怒)」←かなり小さいコマのモブキャラは顔の中身が描かれないという漫画の常識も通用せず、顔を確認してセリフを確認する死ぬほどウザい男G。

M 「セリフの順番が分からんとか考えたこともなかったわ・・失笑」

ボ 「あんたさ、ほんと読んだことないね?幼少期に「友情・努力・勝利」をまったく学ばなかったね?」

M 「ジャンプ三大原則・・・」

G 「なにそれ・・・読むわけないよーーー!!!やだー!」

M 「なにも?」

G 「んとね・・・え・・・恥ずかしい・・・頬染」

ボ 「なになに?言ってみ?」



G 「ちびまる子と、コボちゃん・・・頬染」


ボM 「爆笑!」

G 「ちびまる子読んで笑い転げてたの覚えてる」


あはははははははは!!!!


という風に、まず漫画の読み方から教えねばならず、進まねぇ・・・涙

更に、もうお分かりかと思いますが、Gは物凄く細かく読み込むタイプでして、

1冊に2時間以上かけるんですよ・・・

なのでもう説明しながらだと、まったく進まねぇ・・・(Mなんて30分で読む、私も1時間かかりません)



という、かくかくしかじかを経て、やっと本編座談会に入ります。(こんな3人の)

皆様をイライラに付き合わせてしまい、すみません。

ここですでにウザさに疲れきった方は、進まれない方が良いかもしれません。(不安)







G 「いや~~!もうね!脳とか見られたくない!」

M 「見られたらとんでもないもの出てくるよね(笑)」

G 「いや、ほんとよ!?どっろどろのやつが出てくるよ!いや、ほんと、だから・・・」



G 「「ここを撃ってくれ」よね。」←額を親指で指すポーズ、しかもキリッ



M 「う~わ、やりたかったよこれ」


G 「いや、ほんと額に的付けたいくらいよ?」←どんだけの秘密?ww

M 「笑!ここだ!と?」

ボ 「ぶはは!!!で、面白かったでしょ?」

G 「あのね、面白かったよ?でもさ、2巻までは全然、ドキドキポイントが分かんなかった」←やはりそういう読み方をしていたか・・

ボ 「2巻までは明確なものは描かれてないし、そこらへんはまだ無意識下なんじゃない?」

M 「事件が面白いからいいじゃん」

G 「いや・・・正直事件もそこまで・・・すごい・・・!てなる感じじゃ・・1巻はね」←てめぇ

M 「2巻の最初くらいまでは、MRI捜査がどういうものなのか説明するような事件が多かった気がするんだけど・・読者が分かるように」

ボ 「あぁ・・確かにそうかも・・」←しっかりして

G 「まずね、1巻の大統領の話を読んだときにね・・・」

ボ 「あぁ、ジョン=B=リードね?」

M 「だれそれ・・・」

ボ 「え!ジョン=B=リード!大統領の名前じゃん!超カッコいい名前じゃん!」

M 「あぁ!大統領!、ごめんそこ全然意識してなかったわ」

G 「で!そのジョンビー←の話を読んだ時に」


G 「あ・・この作者はやっぱりゲイが描きたいんだな・・・と思ったわけ」(真顔)

ボ 「え・・・!」

M 「そりゃないでしょ」

G 「いや、あからさまにゲイな内容じゃん!そういう路線で行くぞ?ていう宣戦布告的な」←どんな宣戦布告

M 「だからあの話は、近親相姦とか別の禁断も描かれてたじゃん。MRI捜査も禁断ってことでしょ?」

G 「あ、そういうこと?ゲイな部分に注目しすぎてた」←ほんとね・・・

ボ 「あれはさ、ゲイを描いたってことではないと思うよ?あの完璧で品行方正な大統領が、目を奪われ、心を揺さぶられたのが美青年だった、でも目で追うことしかできず、写真をこっそり手に入れることしかできなかったささやかにして最大の秘密が美青年への恋ってのがたまらんわけじゃない!!そしてその秘密を暴かれてさらし者になってしまうという!」←力説

M 「あれは切なかったよね、よくできてると思った。秘密の部分が大統領の密かな禁断の恋ってのがね」

G 「そゆこと・・・ふんふん・・・」

ボ 「私はさ、あれ読んだ時に映画の「ベニスに死す」を思い出したわけ」

M 「聞いたことある、その映画」

G 「なにそれ、どんな話?」



ここでちょっと「ベニスに死す」について。
このエピソードでこの映画を思い浮かべた方、いらっしゃるんじゃないかな?と思うんですが。
ルキノ=ヴィスコンティの名作です。

「アッシェンバッハはその少年が完全に美しいのに気付いた。蒼白で、上品に表情の閉ざされた顔、蜜色の捲毛にとりまかれた顔、まっすぐに通った鼻とかわいい口をもった顔、やさしい神々しいまじめさを浮かべている顔」
※「ベニスに死す」原作「高貴な時代のギリシャ彫刻」より抜粋


こう表現されるほどの美少年が登場するのが映画「ベニスに死す」
そして、この美少年に恋するのがアッシェンバッハという名の音楽家です。(おじさん)
そして、その美少年がこちら


img01.jpg

タジオ少年役のビョルン・アンドレセン。私、これ中学生くらいの時に見て、衝撃を受けたのですが、彼以上の美少年を未だ見たことがありません。

音楽家のアッシェンバッハはベニスにやってくる。ホテルのロビーで彼はあるひとつの家族に目が行く。
ここで、カメラは彼の視線を追うような動きになっている。(秘密で脳を見るような感じ)
女性や、女の子たちを捉え、最後に彼の目にタジオ少年(多分貴族)が映るのが画面から分かる。
美貌の少年を目にしたアッシェンバッハの表情は変わらないが、彼は無意識に新聞で顔を隠すようにしてしまう。
ロビーを去るタジオ少年。しかし、振り返って、アッシェンばっはをジ・・・と見るのです。
それから、アッシェンバッハは偶然タジオ少年に会うたびに目で追ってしまう。タジオも視線に気付いてか、わざと視線を向けたり、微笑んだりするようになる。アッシェンバッハはついに、自分がタジオに恋していることに気付き、動揺。(奥さんいるんですよ)ついに、タジオを探して歩くようになってしまう。さて、このまま彼の密かな思いはどうなるのか・・・

もうですね、切なくタジオを探し、見つめるだけのおじさんアッシェンバッハが滑稽で切ない。
で、ジョン=B=リードのマコーレイくんを目で追うあの視線を見たときに、ベニスのタジオを追う目線(カメラがタジオを追って動く)を思い出して、ものすごーーく切なくなったのです。ノーマルとして普通に生きてきたのに(多分)、ここにきて美貌の青年に恋してしまった。初めての踏み外した感。なのに暴かれてしまう。密かな思いだったのに。
という、超長かったBON子のベニスに死す的秘密視点でした。



G 「え・・・なにその話・・・それ考えたら・・」


G 「切なすぎるやん~~!!それいい!それ最高!」←泣きそう


G 「あるよ、ある。その経験・・・辛すぎるんだよ・・」←ささやき


ボ 「でしょ!?だからこれはただゲイ的に描きたかったとかじゃないんだよ、色が深いの!ジョン=B=リードがどれだけ思っていたか!」

G 「娘の彼氏とかもうそこも複雑よぉ・・ジョン=B=リード」

ボ 「だからジョン=B=リードは・・」

M 「ジョン=B=リード、ジョン=B=リード言うのやめてくれる?笑 頭から離れんわ」

M 「でもあの話は、ほんとよく出来てたよ。あの娘の髪型は奇抜だったけどね」

ボ 「あ・・デボラね。うん、何かが張り付いたみたいな・・」

M 「何かがのっている?ヘッドドレスかと思ったら髪だった」

G 「ちょっと真面目に話してよ」←おまえもな

ボ 「で、やっと薪さんが出てくるCASE.2」

G 「この話はね・・・ちょっと事件的にもよく分からなかった」

ボ 「え、なにが?」

G 「この変態、貝沼?風呂にも入れない万引き犯だったのに、なんでこんな催眠カリスマみたいになれるわけ?」

ボ 「ま・・まぁね・・・実はすごい底力を持っていたんだよ。だって、あんだけの殺人をするんだからさ」

G 「う~ん、しかも貝沼の脳を見て?その映像で発狂ってのもよく分かんない。有り得る?戦争に行って体験して、発狂してしまうとかいうのと違うじゃん」

ボ 「そこはもう・・・そうね・・(←弱気) でもさ!そこを想像するのが漫画のおもしろいとこだからさ!」←必死

M 「体験するような映像ってことなんじゃない?」

G 「そういうことか~。だからあの子達が洗脳されて死んだってのも今いち感情移入できなかった」←すみません、そのまま記載しますが、個人の意見です・・

M 「やっぱりこの辺はまだ説明的なんじゃない?貝沼ってこういう人、青木くんが捜査で苦労→MRI捜査の影響力みたいな」

ボ 「私は、幻覚さえも脳に残っていて見られたりするのが面白かったけどなぁ・・・初見の時」

M 「そういうのも説明的だよね」

G 「そっかーもっと「そういうもの」として読まなきゃ駄目か~つい矛盾を見つけてしまうからさ」

G 「でさ、鈴木はなんで死んだわけ?」

ボ 「そりゃ、薪さんを守ろうと貝沼の映像を見て、そんで発狂しちゃってぇ・・」

G 「なんでそれが守ることになる?薪さんはなんで鈴木の脳を見てなかったのかな?青木があんなに簡単に見られるのに」

ボ 「ぐ・・・そりゃさ、薪さんに似た男の子ばかり猟奇的に殺しまくってたんでしょ?それ見たら、すでに限界の薪さんが発狂してしまう・・だから貝沼の脳のデータを破壊して自分だけが見て捜査をしようとしたが発狂。薪さんは鈴木さんが自分を守ろうとしたことが分かったから見なかったんじゃない?鈴木さんの脳は」

M 「愛する親友の脳でもあるしねぇ・・」

G 「え~~、捜査の為なら見るんじゃないの?だって青木が言ったらすぐ見てたじゃん。だいたい、青木はなぜ見せた?鈴木の死の意味が・・自分ならブチ切れるわ、あの世で」

ボ 「それは私も思った。青木なりにこれは見たほうが薪さんが救われると判断して・・・」

M 「突飛な判断・・・笑」

ボ 「薪さんは鈴木さんは自分を恨んでると思って幻覚を見てるから(多分)、そうじゃないよ、あなたを守ろうと・・と」

M 「荒療治?笑」

G 「そいういうことか・・・まぁ、でもちょっと納得いかない・・・」←力及ばす・・笑

M 「一巻は結構盛り込まれてるね。この話のベース的な」

ボ 「そう、そのままそうなんだ・・と読むのが良いよ」←結局

M 「そんなん言うなら、鈴木さん、なんでわざわざ薪さんに殺してもらいたい?ってことになるし」

ボ 「うん・・・」

M 「自殺するのにわざわざ殺せと」

G 「確かに・・まさかここにもラブ的な?」

ボ 「薪さんって、殺されたい魅力があるんだろうか・・・」

G 「やだーー!人をも殺す美しさ~?」

ボ 「では皆さん、1巻について語り尽くしましたか?」←え・・・

MG 「はーーーい」←マジか・・

ボ 「それでは、2巻に行きましょう」

G 「あ、あのサイコ美女の話ね?」






ということで、1巻座談会はここまでです。

そうです、まったくためにならなかったと思います。

しかし、抜粋しながらほぼそのまま書いてると思うので、ご不快な表現もあるかと思います。

話したところで特に何も解決せず・・・すぐにラブに持っていこうとしたりしますので

次回からもこういった感じ・・・というか進むに連れ、ヒドイ内容になっていきます。

誰が好きだの、このカップリングがいいだの、マジどうでもいい話もてんこ盛りになっていきますので

ほんとすいません。←先に謝る


では、次回2巻座談会に続きます。

ご拝読、ありがとうございました。









スポンサーサイト

コメント

鍵コメさま

す、すごいー!!ありがとうございます!(≧∇≦)
とんでもないです!いや、もう嬉しくって…まさかのまさかの(笑)

ビョルン盆!(笑)すっごいですねー!これ!
深谷さん、え、ご趣味??ご本人も言われてますが、使いにくい(;▽;)ビョルンの顔にグラスとか置けないし!
てか、これ剛盆バージョン欲しいですね(笑)
使えませんが(;▽;)
いやー、ちょっと薪さんもセーラー服着て頂きたいところですねー\(//∇//)\昔の清水作品にはセーラーってよくあった気がします。

>わー!ステキ情報ありがとうございます!!ヽ(;▽;)ノ
テンション上がりました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

拍手鍵コメさま

コメントありがとうございます。

あ!やっぱり、字も絵も見るのが面倒とかそういった方もいらっしゃるんですね!笑
Gは変わってんな~と思ってましたが、漫画に慣れてない方はそういうものかもしれませんね。

鈴木さんは薪さんを守ろうとしたけど、もう自分が保てなくなっちゃって、結果薪さんに立ち直れない程のトラウマを与えるという悲しい最後でしたよね。でも、青木がその脳を見せちゃって、なんでぇ!?てなりますが、結果鈴木さんは薪さんを思っていたということが分かって良かったのでしょうか・・・笑

鍵コメさまも「ベニスに死す」お好き!?
ワー!嬉しいです!
あ、萩尾さんとか竹宮さんの美少年ブーム時代とこの映画かぶるんですっけ?
わぁ・・・いい時代・・・ヽ(´▽`)/

いやぁ・・あのジョン=B=リードの話はすぐに「ベニス」を思い出したんですよ。おっしゃる通り、きっとアッシェンバッハの脳を見ても、あんな風にビョルンが見えていると思いますよ!
とっても美しく・・・更に美しいビョルンとかもう・・鼻血出そうですが・・・
座談会もですが、こうして鍵コメさまとお喋りできるのもとっても楽しいです!ありがとうございます!

ヤマネ様

> 皆さんのツッコミ、いい味出してますね。

味出てましたでしょうか?良かったです・・涙

> そうか、Gさん漫画初心者なんですね。きついわー。
> 会話とモノローグ混じりますからね、少女マンガ。最近の青年漫画は近くなってきてます。
> ジャンプは割とわかりやすいと思うんですけど、それすら未体験とは。

そうなんですよ!まさにそれで、会話とモノローグが分かんない(笑)
突然、現在から過去の記憶に飛んだりするのも、何?どういうこと?と思うらしく(笑)
最初、大変でした。ジャンプもまったく興味なかったようですww

> でも、まる子、会話多いし、モノローグもあったよね。うちでもかなり買ってたかも(処分したけど)。
> コボちゃん、四コマじゃん…(笑)
> そうか、周りがジャンプだから読まなかったのかもしれないですよ、少女マンガだったら読んでいたのかもしれないです。

多分、少女漫画の方が向いてます(笑)まる子もモノローグとか空想とかかなりありましたよね(笑)
あの手のゆるいギャグが好きなんでしょうね。コボちゃんとか・・新聞?笑

> Gさんの感想は面白いです。そして常になぜか軌道修正になるMさんのコメント。こうして語り合えるのは羨ましいです。私はせいぜい夫なので、面白かったとは言ってるんですけど、それ以上には話が膨らみません(泣)
> そしてネットへ出てきました…

Gは何にも気を使わない状態で好き放題感想を言うので面白いです。Mも突っ込みながらも修正してくれる(笑)
私も、半ば強制とはいえ、これだけ話してくれるので感謝です。(の割に態度バリデカ)
私も最初はあまりにも自分の中で秘密という作品がデッカくなっちゃって、ネットに出てきちゃいました。
まだ、漫画読んでることも誰にも言えない頃でしたので。それから考えると、今、奇跡です(笑)


> 私もはじめは6冊ずつ一気読み(レンタル2回で)、全巻大人買いして1冊ずつ読みました。
> で、1冊ずつ読み始めると、ツッコミどころ満載なんですよね。どうでもいいことが気になってしょうがない。
> もちろんディスってるわけじゃないんですよ。
> とにかくいろいろなところが気になるというね。

分かります!最初は話しが面白くてそれどころでは無いんですけど、改めて読み返すと、あれ?おや?みたいな(笑)
ディスってるわけじゃないってほんとにそうで、ここ気になる・・誰か教えてくらいの謎なんですよ。

> 私も、めっちゃ細かい感想書いてます。1巻。今思うと、滝汗。アンチかーというくらい。それはでも今も変わらない。感想書くときは相当読み込むので何時間かかってるわからないです(笑)

ヤマネ教授のご感想はもう・・スゴイっす・・・あの、正直勉強になります!
アンチな印象より、読み込みの深さに愛情しか感じませんでした。
やっぱり、何時間も!読み込まれるんですねぇ・・・この座談会なんていい加減もいいとこで・・|゚Д゚)))
あんなに分かりやすく疑問と、それに対するヤマネさんの答えが書かれているのには訳がありますよね。
ありがたいです、ほんとに。

> この後の感想も楽しみにしています。
> あの、4巻の感想も、5巻リモコンバーンもきっと素晴らしい感想が聞けるのではないかとワクワクしています。4巻くらいまでは、BON子さんの感想についていけるくらいに感想UPできるように頑張りたいです。←努力せよ

6巻まですでに語り合っているんですが・・おっしゃる通り、個人的に4巻と、5巻のリモコンバーンシーンの時が可笑しくて・・笑 いや、もうありがとうございます、また記事にしたいと思います。
ヤマネさんの感想、お待ちしてます!!!それを読んで、またGに説明します(笑)
お忙しいでしょうが、感想楽しみにしていますーー!

次回にも期待( ´艸`)

皆さんのツッコミ、いい味出してますね。

そうか、Gさん漫画初心者なんですね。きついわー。
会話とモノローグ混じりますからね、少女マンガ。最近の青年漫画は近くなってきてます。
ジャンプは割とわかりやすいと思うんですけど、それすら未体験とは。
でも、まる子、会話多いし、モノローグもあったよね。うちでもかなり買ってたかも(処分したけど)。
コボちゃん、四コマじゃん…(笑)
そうか、周りがジャンプだから読まなかったのかもしれないですよ、少女マンガだったら読んでいたのかもしれないです。

Gさんの感想は面白いです。そして常になぜか軌道修正になるMさんのコメント。こうして語り合えるのは羨ましいです。私はせいぜい夫なので、面白かったとは言ってるんですけど、それ以上には話が膨らみません(泣)
そしてネットへ出てきました…

私もはじめは6冊ずつ一気読み(レンタル2回で)、全巻大人買いして1冊ずつ読みました。
で、1冊ずつ読み始めると、ツッコミどころ満載なんですよね。どうでもいいことが気になってしょうがない。
もちろんディスってるわけじゃないんですよ。
とにかくいろいろなところが気になるというね。

私も、めっちゃ細かい感想書いてます。1巻。今思うと、滝汗。アンチかーというくらい。それはでも今も変わらない。感想書くときは相当読み込むので何時間かかってるわからないです(笑)

この後の感想も楽しみにしています。
あの、4巻の感想も、5巻リモコンバーンもきっと素晴らしい感想が聞けるのではないかとワクワクしています。4巻くらいまでは、BON子さんの感想についていけるくらいに感想UPできるように頑張りたいです。←努力せよ

にゃんたろー様

> Gさんの疑問点が………
>
> ほぼにゃんたろーと被ってるんですけど!!

にゃにゃ…にゃんたろーさん…
今、にゃんたろーさんとこに伺ってレビュー読んできました。(かなり前に読ませて頂いたので再度)
ほ…ほんとだ…Gの疑問が…ほぼ…(ブルブル…)
さすが、にゃんたろーさん、読み込まれている!的確な答えまで!す、すみません。いや、細かいとか言ってましたけど、あの、Gはもう言い方が…こだわるんでぇ…←必死

> 催眠術が見事に全員にかかるのはおかしくない?とか少年院の慰問は審査が厳しいはずだから、無理じゃない?とか青木くんが脳をみたのも、バラしたのも、ほんと青木ひどい。そして鈴木はもっとひどい。とか1巻のレビューで書いちゃってるんですよね……あはは。

はい。おっしゃる通り。謎だらけです(笑)
結構疑問な点が多いんですよね…片目つむって読んでました…すいません、私、秘密のフォローに回ってばかりで、もっとGとぶつかれば…(←いや、結構ぶつかってた)

> にゃんたろー、Gさんと感想が近いかもしれない………

キャーー!!!(爆)
私もGが言うたびに、た、確かに…そうだよ…そうだけども!とついそこまで言わなくてもいいじゃん!みたいな気持ちになって、自分で読んでると、これ、おかしくね?とか思うのにGに言われると、これなんでしょう…秘密に対する私のこの重さ…(笑)

> 大統領の事件、ベニスに死すと似てるっていうのは、うん、なんかよくわかります。

わ!似てますよね?大統領の目を通したマコーレイ君の美しさが素晴らしくて。あれは名シーンだと思ってます。

> わー、2巻座談会も楽しみです。座談会できるのいいですねえ!うらやましい!

スパルタ座談会みたいになってますが(笑)
一応、座談会楽しい!みたいになってるので良かったです。どうぞ次回もよろしくお願いします!(*^^*)

たきぎ様

> 面白かったです!

たきぎさん!G最高ありがとうございます!
よ、良かったほんとに良かった…です( ; ; )

> しかし、漫画の読み方から教えないとって大変ですね……。Gさん、萩尾さんとか読めないですよ、絶対。昔の漫画って、1ページにこれでもかって位、文字ありますよね。いや、もしかして昔の漫画のほうが案外Gさん向きかも?

萩尾さん、100パー無理です(笑)昔の漫画ってもう文学作品かって程の文字量ですよね?Gは、多分恋愛モノ向きかもです。社会派の話が好きなくせに、話がすぐにラブに脱線していくので。文字さえ読めれば風と木とか好きそうですね…

> 秘密は青木の成長物語ですが、このシリーズはGさんの成長物語なんですね。ということは、Gさんを導くBON子さんは薪さんの役割! おおお……。
> 冷静なMさんが岡部さんの役回りかしら。

Gの成長物語とか嫌だ〜!笑( ; ; )
青木と共にGも成長…(笑)
でも、ほんとに段々読めるようになってくるんですよ、あとちゃんとストーリーを面白く感じるようになる…でも、ラブの部分ではぶちかまして来ます(笑)
ひゃだ…私が薪さん!!!\(//∇//)\
いや、でもG相手?∑(゚Д゚) 道ならぬもいいとこです(笑)Mが岡部さん!笑 両方のフォローに回るフォローの達人…

> ベニスに死す、美少年といえばこの写真
必ず出てきますね。彼を超える美少年……いないかも、言われてみれば。

やっぱりそうですよね!やはり定番なんだ…
はい、見たことないです。100年に一度の美少年かと。

> 2回目も楽しみにしてます♪ Gさん、次回は何言うんだろう、わくわく。

お優しいお言葉ありがとうございます!
Gは細かさは段々無くなりますが、発言が過激化してゆきます…汗 どうぞお見守り下さい!(*^^*)

やべえ!

Gさんの疑問点が………

ほぼにゃんたろーと被ってるんですけど!!

催眠術が見事に全員にかかるのはおかしくない?とか少年院の慰問は審査が厳しいはずだから、無理じゃない?とか青木くんが脳をみたのも、バラしたのも、ほんと青木ひどい。そして鈴木はもっとひどい。とか1巻のレビューで書いちゃってるんですよね……あはは。

にゃんたろー、Gさんと感想が近いかもしれない………

大統領の事件、ベニスに死すと似てるっていうのは、うん、なんかよくわかります。

わー、2巻座談会も楽しみです。座談会できるのいいですねえ!うらやましい!

ゆけ様

> 期待を裏切らない座談会です(笑)。

セリフの順番から指導するという、スパルタ座談会になりました(笑)私、途中からMに「先生」とか呼ばれ出して(笑)竹刀でも持ちたいくらいでした。

> でも1巻ずつするのは名案ですね!
> 私は、気づいたら3〜4巻?まで出てたんですけど、1冊読んだら一旦へこんで保留、心のHPが復活してから次を読むって感じだったので、12冊まとめて読んだらどんだけのダメージだろう…と思います(笑)

1巻ずつだと、かなりピンポイントで語るのでいいんですけど、細かいんで…汗
私、最初何巻か買って、読み終わってすぐまた全巻揃えに行きました(笑)面白すぎて。へこみながらも、事件の面白さと薪さんにメロってましたから、もう。ゆけさん、凄く繊細…復活してから読むとか!でもそれくらいに感じるものがある作品ですよね!(←一気に読んだくせに)

> でもそうなんですね〜、友情・努力・勝利を通らずに来た人もいるんだ!そっか…!そりゃあ世の中分かり合えない人がいるはずです…(; ̄O ̄)←どういう認識

です!(笑)だからやっぱ感覚違いますよ。子供の頃からジャンプよりまるこだったんです。

> 私…ちびまる子ちゃん より お父さんは心配性派 だったからなぁ……(同時期にりぼんで連載されてたマンガです…マイノリティです…)

私も心配性好きでした!りぼんっこだったので。今、あぁいう漫画あるんですかねぇ。いい時代だった…

> 薪さんは……鈴木の脳を見るなんか思いもしなかっただろうなーって勝手に思ってました…( ゚д゚) 理由を知ったところで、自分が鈴木の命を奪ったという現実が全てだから……って感じなのかな〜、と。

私、そこ特に考えておらず、死んでまで守ろうとしたから見なかったのかな〜みたいな。確かに見ようとも思わなかったのかもですね。見たくない。自分も見られたくないんだから見ることなんてできなった…現実は変わらないって確かに薪さん思いそうですね。

> あの頃は、鈴木の脳に近づくことすらできなかった、て感じもしませんか??

言われてみれば!とても鈴木さんの脳に近づけるような精神状態では無かったでしょうね。幻覚も見まくりで。あぁ、なんか座談会ではクリアにならなかった事がクリアになっていく…ちょっとGに言っときます(笑)

> 座談会すごいうらやましいですよ〜。
> 擬似体験ができるのでもっと聞かせてほしいです(笑)。

わー!ゆけさん、ありがとうございます!\(//∇//)\
疑似体験できます?良かった…(心底ホッ…)

> 私、進撃好きとワンピース好きに押し付けて読ませた?ので「おもしろけどこわい〜」としか言ってもらえないので〜泣
> 姉は秘密ハマってますが、感想をアウトプットする人じゃないので(笑)、振っても乗ってきてもらえない……かなしい……(バリおも、の一言のみ……)

あ、やっぱりそういうご感想の方も多いでしょうね…重いし怖いのは確かに…(笑)幸い2人ともグロいだの怖いだのは一言も言いません。(それもどうだろう)
私がスパルタになんか感想言え!と迫ってるので課題みたいになってきてます。でも、なんか一応楽しいみたいです(笑)

> お2人に力説するBON子さんがすばらしすぎますっ。私もGMさんに挟まれた気分になって「なるほど〜」と聞き入ってしまいました(笑)楽しい。

私の力説が役立たず…( ; ; )
まったく納得させられず、立ち上がってとかオーバーアクションなのに、言葉届かず…これから巻き返します!(きっと…)

> そうそう(≧∇≦)早読みの方って人の名前、頓着しませんよね(笑)。もし機会があれば、Mさん好き♪って奴がいた、とお伝えください……(笑)

メチャクチャ早いんですよ!あんた、話分かってる⁉︎て聞いたくらいです。でもちゃんと理解してる∑(゚Д゚)
そうなんですね、早読みの人は名前とかどうでもいいいんですね。私、名前好きなんで(←どうでもいい)
ゆけさんー!ありがとうございます!伝えときます。素直にニヤけるタイプです!(笑)

eriemama 様

> ごめんなさい、もうGくんとMちゃんが面白すぎて、普段お腹がよじれる面白さのBON子さんが平均的一般市民に見えます(笑)←失礼すぎ;;;;(すみませんすみません)

あははー!!私、この場合、説得してるか、力説してるか、もう2人が自由な感じなんで、私がまともな人に見えるマジックです(笑)

> いやもうこのふたり、私の脳内のイメージ画像は完全にペコとりゅうちぇるです。。。(同上)

ペコとりゅうちぇるー!!(笑)
ちょ、想像して吹きました。Gはたまにりゅうちぇる化するかもですww低いとこから一気にテンション上がるタイプです。Mは基本ずっと低めでツッコミは欠かさない(笑)

> 特にGくんの「青木はなぜ見せた(以下略)」とMちゃんの「突飛な判断」とか最高でものすごく鋭い疑問およびハイレベルな回答なのにめっちゃ笑える…( ;´Д`)

良かったですー!笑って貰えて( ; ; )あんまり細かいんで私もムカつきながら聞いてたのに大丈夫かな…と思ってたんで。突飛な判断は私も吹きました(笑)

> 他にも薪さんはなぜ鈴木の脳を見なかったのかとか、鈴木さんはどうして貝沼の脳を見たら薪さんが狂うって思ったのかとか、貝沼はどうして催眠カリスマになって映画ではそこだけピックアップされた感が有り有りなのかとか(←言ってない)…山ほど「!それ!」となる盛り上がりなのに→「語りつくしましたか?」「イエス!」で流すという妙技…(笑)←絶賛してます

映画!(笑)催眠カリスマっぽかったですね!G注目のカリスマに大友監督も目を付けられた…(←おい)
散々、なんでどうして?とワイワイ言っといて、アッサリとバッサリ(笑)こだわるタイプのくせに切り替え早…です。

> 私も似たような疑問はちょいちょい持ってましたが、ここで出しなので…という変な理屈で(笑)…どうしたかと言えば、実は青木のように「今は言葉にならないから、後で考えよう…」と流したような流さなかったような…流した?感じです(笑)実は未だに考えている部分でもあります。細かいとこまでつつくと、難しいですよね、秘密(-。-;そこが魅力でもあるんですけど。

全部の整合性を考えると逆に物語を楽しめないかもですね。でも、細かく読むことで発見することもありで、秘密はほんとに奥深い。おっしゃる通り、そこが魅力だと思います。

> あ、あと、確かにまる子→秘密はいきなりハードル上げすぎっぽいですね(笑)まる子名作だけど、難読さ加減では…ね?(^^;;頑張ってGくん…

G、まるこからの秘密で、ヒーヒー言いながら読んでます。宿題みたいになってます。でもなんかスピードちょっと出てきたみたいで慣れた?(笑)

> ベニスに死す、は確か昔見たことあるのですがほぼ忘れてました。なんかその頃おじさんと美少年(美青年)の恋を描いた映画(太陽と月に背いて、とあと何か)を立て続けに見て、一部ごちゃ混ぜに記憶してる節も(笑)。こちらであらすじ拝見して、そうだった…と思い出しました(^^;;ジョンビー(いただきました)の話では思い出さなかったけど、切なさ似てますねぇ。あれが「ゲイで行くから!」という先生の宣言だったならなー(^◇^;)、とちょっと思ってしまいましたよ(笑)

あぁ!太陽と月!懐かしいです!ディカプリオのやつ!ベニスはおじさんと美少年の決定版的な気がします。で、カメラで視線を見せるのがすごくジョンビーの視線に重なりました!
もうね、しょっぱなのあの「ゲイで行くから!」発言で座談会の今後が真っ暗になりました、正直(笑)何を言っとるんだ?と。でも、色んな読み方があるんですね…(←どうだろう)でも、宣言なら宣言で全力で受け止めます(笑)読み進めるにつれ、まともなことも言うんですが恋愛面では黙っておられず暴れます。
どうぞ、よろしくお願いします( ; ; )

Gさん最高

面白かったです!
しかし、漫画の読み方から教えないとって大変ですね……。Gさん、萩尾さんとか読めないですよ、絶対。昔の漫画って、1ページにこれでもかって位、文字ありますよね。いや、もしかして昔の漫画のほうが案外Gさん向きかも?

秘密は青木の成長物語ですが、このシリーズはGさんの成長物語なんですね。ということは、Gさんを導くBON子さんは薪さんの役割! おおお……。
冷静なMさんが岡部さんの役回りかしら。

ベニスに死す、美少年といえばこの写真必ず出てきますね。彼を超える美少年……いないかも、言われてみれば。

2回目も楽しみにしてます♪ Gさん、次回は何言うんだろう、わくわく。

セリフの順番!(笑) ……天才…?

期待を裏切らない座談会です(笑)。
でも1巻ずつするのは名案ですね!
私は、気づいたら3〜4巻?まで出てたんですけど、1冊読んだら一旦へこんで保留、心のHPが復活してから次を読むって感じだったので、12冊まとめて読んだらどんだけのダメージだろう…と思います(笑)

でもそうなんですね〜、友情・努力・勝利を通らずに来た人もいるんだ!そっか…!そりゃあ世の中分かり合えない人がいるはずです…(; ̄O ̄)←どういう認識
私…ちびまる子ちゃん より お父さんは心配性派 だったからなぁ……(同時期にりぼんで連載されてたマンガです…マイノリティです…)

薪さんは……鈴木の脳を見るなんか思いもしなかっただろうなーって勝手に思ってました…( ゚д゚) 理由を知ったところで、自分が鈴木の命を奪ったという現実が全てだから……って感じなのかな〜、と。
あの頃は、鈴木の脳に近づくことすらできなかった、て感じもしませんか??

座談会すごいうらやましいですよ〜。
擬似体験ができるのでもっと聞かせてほしいです(笑)。
私、進撃好きとワンピース好きに押し付けて読ませた?ので「おもしろけどこわい〜」としか言ってもらえないので〜泣
姉は秘密ハマってますが、感想をアウトプットする人じゃないので(笑)、振っても乗ってきてもらえない……かなしい……(バリおも、の一言のみ……)

お2人に力説するBON子さんがすばらしすぎますっ。私もGMさんに挟まれた気分になって「なるほど〜」と聞き入ってしまいました(笑)楽しい。

そうそう(≧∇≦)早読みの方って人の名前、頓着しませんよね(笑)。もし機会があれば、Mさん好き♪って奴がいた、とお伝えください……(笑)

なみたろう様

> あっ、人のセリフ言っちゃった!ヤマネさんのだ!ごめんなさい!

ちょ…(笑)ヤマネさんのセリフになってるぅ!笑

> うんうん、特に前半は、そして初期と中期~後期との設定の違いとか、矛盾が出てくる部分てありますよね…( ;∀;)

全部読めば納得できる流れかと思うんです。あぁ最初はこうだったか…とか。あの人、最初から読み込みすぎて流さなすぎ、てか漫画の読み方わかってない…涙

> 知ってるけど、私は個人的に同じ漫画家目指した者として、突っ込めない。じゃあおまえできるんか?て思ってしまう。

なみたろうさん、漫画描かれてたんですもんね!!
私、絶対考えられないです、物語だけで神の域だと思います。流しつつテーマ的なものが好きなら読んで行けるタイプなので、ある意味今回初めてこんだけ引っかかりながら読みました(笑)

> それと清水先生が描きたかったもっと大きなテーマ、てのがあるのよG~!そっちを見て欲しいのよ~!
> 次回はこれで説得してみて下さい、ぜひ!!(°▽°)

それです!大きなテーマを見ろと!( ; ; )細かい事は気にするなと。しかし、先に進むにつれGが結構感動してきます(笑)最初は疑問だらけの「なんで?どうして?」オヤジだったGが面白い!に成長していくGの漫画成長ストーリー…てなんのことでしょう…笑
私もGを説得するのに必死で、説得係みたいになってます。(一巻では力及ばず)

> てかG、意外です。そんな細かく読むんだ(笑)
> 手順や細かいところをすごく気にする。
> …恋愛、うまくいってる?

なみたろうさん、鋭い!笑
恋愛が上手くいかない…割とモテるんですよ…それなのに…そこ反省点らしいので多分言われたら泣きます(笑)
私もあんだけ細かく疑問点言ってくるとは思わず、油断しまくりで応戦できず…この後、必ず予習するようにして戦ってます。

> いやごめんなさい、最高のキャラだ!!( ;∀;)

キャラ定まらず…(笑)
ですが、細かすぎる疑問プラス、ラブ持論炸裂のGの独壇場的になっていきますので(すでに6巻まで済です)薪さんの話とかなるともう心配で…( ; ; )

ばろん様

> いやぁ…最強ですね!
> 御三人共、いいです(≧∇≦)
> そんな風に話せる友達がいて羨ましいです、ホントに。

ばろんさん、ありがとうございます(*^^*)
ポイントがズレていく3人なのですがね…汗

> いや、でもまさかの「友情・努力・勝利」‼︎
> ジャンプ三大原則‼︎‼︎
> BON子さん、Mさんいいコンビネーションですね。

男の子の三大原則を知らずのGです。
Mは長年の付き合いなので上手いこと拾ってくれます(笑)

> そしてGくん!
> まるちゃんとコボちゃんって!笑
> 面白かったですけど。コボちゃん…ぷぷぷ。

Gってそれっぽいんですよ。話のツボとかも。それっぽ過ぎて爆笑でした。

> じゃあ、こうガッツリ漫画って本当に初めてなんですね。へぇ。そういう方もおられるんですね。
> …でも読み方が分からないって。そりゃ時間かかりますよ。うん。

居るみたいです。私の子供の頃なんて漫画無しじゃ語れない程のリボンっ子でしたけど。あ、まるちゃんもリボンか…笑

> 「秘密」って字が多いですし、事件の事になると難しい言葉も多いですしね。

初本格漫画デビューが秘密はキツいかもですね。
吹き出しが横一列にダーっと並んでる様に恐れおののいてました(笑)どっから読む⁉︎とか言って。

> 私もGくんが疑問に思ってらした「貝沼のこと」と、「鈴木さんのこと」については最後まで読むまで疑問だったので、気持ちわかります。

多分、この辺りは全部読んでからの方が腑に落ちるかもですよね。Gは、おかしいな?と思うと物語に入れないタイプなようでそこはもう想像しながら流して読め、と。

> あと青木くんが鈴木さんの脳を見せたことも「なんで?」でしたね。誰も見なかったことも。…でもそんなこと言ってないでそのまま読む方がいいですよね。そういうもんだと。笑

青木くん判断はアレで間違いないんでしょうねぇ。薪さんも素直に見てるし(笑)私、ん?と思っても割とサラッと流すんで、逆にGがいちいち立ち止まるんで、ある意味今回考えました。

> 突飛な判断だと。青木くんだけに。

青木は突飛を選択する性質ですよね。でも、こういう人がいないと物語がグイッと進まないんだぞ!多分!とGには説明しておきました(笑)

> 『ベニスに死す』は観たことなかったんですけど。ちょっとその時代?のものが苦手で。
> でもBON子さんの解説を読んで、観てみたいと思いました。
> その美少年を観てみたい。

あら、ばろんさん、苦手ですか?私は逆にこの頃の映画を昔、死ぬほど観ました。美少年を見るだけで私は価値があると思うんですよー!ジョンビーの気持ちが分かるような気がしますよ。

> そしてGくんの脳も見てみたい…笑

私、見たくない…(笑)
本人曰くどろっどろらしいので。あの人、開けっぴろげで秘密なんてなさそうですけど、考えてることが普通じゃないので見てるものもヤバそうで…

> 不快どころか楽しませていただきました。
> 次も楽しみにしてます。

ばろんさん、いつもありがとうございます(*^^*)
ぜひ、次回もお付き合い下さい!

最高です…

ごめんなさい、もうGくんとMちゃんが面白すぎて、普段お腹がよじれる面白さのBON子さんが平均的一般市民に見えます(笑)←失礼すぎ;;;;(すみませんすみません)
いやもうこのふたり、私の脳内のイメージ画像は完全にペコとりゅうちぇるです。。。(同上)

特にGくんの「青木はなぜ見せた(以下略)」とMちゃんの「突飛な判断」とか最高でものすごく鋭い疑問およびハイレベルな回答なのにめっちゃ笑える…( ;´Д`)
他にも薪さんはなぜ鈴木の脳を見なかったのかとか、鈴木さんはどうして貝沼の脳を見たら薪さんが狂うって思ったのかとか、貝沼はどうして催眠カリスマになって映画ではそこだけピックアップされた感が有り有りなのかとか(←言ってない)…山ほど「!それ!」となる盛り上がりなのに→「語りつくしましたか?」「イエス!」で流すという妙技…(笑)←絶賛してます

私も似たような疑問はちょいちょい持ってましたが、ここで出しなので…という変な理屈で(笑)…どうしたかと言えば、実は青木のように「今は言葉にならないから、後で考えよう…」と流したような流さなかったような…流した?感じです(笑)実は未だに考えている部分でもあります。細かいとこまでつつくと、難しいですよね、秘密(-。-;そこが魅力でもあるんですけど。
あ、あと、確かにまる子→秘密はいきなりハードル上げすぎっぽいですね(笑)まる子名作だけど、難読さ加減では…ね?(^^;;頑張ってGくん…

ベニスに死す、は確か昔見たことあるのですがほぼ忘れてました。なんかその頃おじさんと美少年(美青年)の恋を描いた映画(太陽と月に背いて、とあと何か)を立て続けに見て、一部ごちゃ混ぜに記憶してる節も(笑)。こちらであらすじ拝見して、そうだった…と思い出しました(^^;;ジョンビー(いただきました)の話では思い出さなかったけど、切なさ似てますねぇ。あれが「ゲイで行くから!」という先生の宣言だったならなー(^◇^;)、とちょっと思ってしまいましたよ(笑)

実におもしろい。

あっ、人のセリフ言っちゃった!ヤマネさんのだ!ごめんなさい!

うんうん、特に前半は、そして初期と中期~後期との設定の違いとか、矛盾が出てくる部分てありますよね…( ;∀;)
知ってるけど、私は個人的に同じ漫画家目指した者として、突っ込めない。じゃあおまえできるんか?て思ってしまう。
それと清水先生が描きたかったもっと大きなテーマ、てのがあるのよG~!そっちを見て欲しいのよ~!
次回はこれで説得してみて下さい、ぜひ!!(°▽°)

てかG、意外です。そんな細かく読むんだ(笑)
手順や細かいところをすごく気にする。
…恋愛、うまくいってる?

いやごめんなさい、最高のキャラだ!!( ;∀;)

ジャンプ三大原則!

いやぁ…最強ですね!
御三人共、いいです(≧∇≦)
そんな風に話せる友達がいて羨ましいです、ホントに。
いや、でもまさかの「友情・努力・勝利」‼︎
ジャンプ三大原則‼︎‼︎
BON子さん、Mさんいいコンビネーションですね。

そしてGくん!
まるちゃんとコボちゃんって!笑
面白かったですけど。コボちゃん…ぷぷぷ。
じゃあ、こうガッツリ漫画って本当に初めてなんですね。へぇ。そういう方もおられるんですね。
…でも読み方が分からないって。そりゃ時間かかりますよ。うん。
「秘密」って字が多いですし、事件の事になると難しい言葉も多いですしね。
私もGくんが疑問に思ってらした「貝沼のこと」と、「鈴木さんのこと」については最後まで読むまで疑問だったので、気持ちわかります。
あと青木くんが鈴木さんの脳を見せたことも「なんで?」でしたね。誰も見なかったことも。…でもそんなこと言ってないでそのまま読む方がいいですよね。そういうもんだと。笑
突飛な判断だと。青木くんだけに。

『ベニスに死す』は観たことなかったんですけど。ちょっとその時代?のものが苦手で。
でもBON子さんの解説を読んで、観てみたいと思いました。
その美少年を観てみたい。
そしてGくんの脳も見てみたい…笑

不快どころか楽しませていただきました。
次も楽しみにしてます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BON子

Author:BON子
清水玲子さんの「秘密 THE TOP SECRET」にハマったアラサーBON子が妄想の淵を行き来しながら思ったことをメモしてます。