記事一覧

秘密 3巻 BGM座談会

こんにちは。

秘密ダチであるM&Gと繰り広げる座談会の様子を本日もまたご紹介したいと思います。

第3巻です。

ご存知の方はあれですが、本当に勝手気ままに好き放題感想を語り合っております。

そして脱線も多数であります。

ということを踏まえた上で、どうぞ以下よろしくお願いします。




ボ 「で、3巻だけどもどうだった?」

M 「なんだっけ・・Gが遅いから忘れるわほんと」

G 「これね・・・色々分かんない」←また

ボ 「幼い兄弟が誘拐されてひとり殺されて、ひとり生き残ってたけど復讐の鬼に化してた話だよ」

M 「あ!アレね!着ぐるみ出てくるやつ!」

G 「そうそう・・これさ・・・これもまたこの佳人くんが何でここまで復讐の鬼に化したか分かんない。しかもあの中学生たちに対して」

ボ 「だから、見捨てられたからでしょ?助けることもできたのに」

G 「いやだって中学生よ?怖くて逃げてもおかしくないでしょ。確かにこういう風に書かれるとめっちゃ悪いみたいだけど、普通に怖くて逃げると思うよ?」

M 「でも、警察に電話くらいできたんじゃない?」

ボ 「結局ドラッグキメてたから、警察沙汰は困る。それで保身のために助けなかったんでしょ?」

G 「いや、それにしたって犯人の大倉じゃなくて、見捨てた中学生の方にあそこまで復讐心燃やすのは何で?て思う」

ボ 「助かるチャンスがあったから余計に恨みに思うんじゃないの?警察に連絡してくれるだけで良かったのに!こんなことにならなかったのに!てなるよそりゃ」

M 「うん、それは思うだろうね」

G 「えぇ・・ほらこれ、片岡のセリフ「オレたちのせいじゃない!何で俺たちなんだ!ふざけるな!筋違いもいいところだ!俺たちは一人の子供も殺しちゃいない!殺したのは奴だ!チャッピーだ!」てこれ言いたくなるのも分かるよ。ビビって逃げたわけでしょ?それで一人ずつ殺されるとか・・・妹まで巻き添えで、何で?てなるよ」←基本Gが本を見ながら感想を言います・・ww

ボ 「だって、「助けて」て声まで聞いてたじゃん!何もしなかったら子供が殺されるの分かってて通報しなかったんだよ?」

G 「それは悪いよ。悪いけど、全員殺すほど逆恨みする?大倉になら分かる」

ボ 「私・・するかもしれん・・・だって助かる希望を見たのに期待したのに身勝手な理由で通報しなかったとか知ったら死ぬほど逆恨みするかも」

M 「私もするね」

G 「えーー!!通報されたって助かったか分かんないのに。そこをピンポイントで恨む?」

ボ 「だってさ!犯罪心理なんてそんなものじゃない?歪んでてさ!絹子もだけど、とうてい理解できるものじゃないんだよ!恐怖の極限状態で希望を見て、それを絶たれたら、普通の逆恨みのレベルじゃないっていうか普通に思考できないんじゃない?」

M 「うん、多分こんな普通に考えての恨みとかのレベルじゃないよね?」

ボ 「そうよ!私だってその状況ならチャッピー着込んで復讐するかもしれない!」

M 「それはやめて?」

G 「そういうもの?」

ボ 「だからさ!だから!!」


ボ 「誰にだってチャッピーになる可能性はあるんだよ!」ガターン←立ち上がった


M 「格言みたいに言うのやめて?」

G 「・・・・笑」

ボ 「仕事の流儀で使えるかな?「誰にだってチャッピーになる可能性はありますよ・・」とか」

M 「どんな仕事だよ」

G 「じゃあ、恐怖から思考が歪んで異常な逆恨みをしたってことか」

M 「なんかそう言うと身も蓋もないけど」

ボ 「でも、極限状態から引き起こされた事件だよね」

G 「あとさ、この佳人くんが、暴行されたあと、大倉と暮らしたってのが意味わかんない」

ボ 「うん、それは私も分かんない」

G 「普通、戻るか?怖いでしょ?殺されるかもでしょ?」

M 「だからやっぱ普通じゃないよね」

ボ 「あの・・佳人くんの羞恥心?の異常な強さがこの事件少し鍵?妹に見られたくない、家族に知られたくない。誰にも知られたくない。大倉も殺して暴行の秘密は消し去りたい。親を悲しませたくないという優しさなんだろうけど、知られたくないってのが強い印象だった。にしても大倉のところに帰るのは、理解できないんだけど」

M 「それくらい辛くて恥ずかしかったんだね」

G 「でもさ、この子、大倉は自分に恋情を持ってたとか言って、弄んでんじゃん」

M 「それはすごいよね」

G 「だからさ、この作者はここでも大倉が男の子を好きという、こういう設定にしたいんだな・・て思うわけ」

ボ 「え・・それは別に」

G 「これが女の子でも良かったわけでしょ?妹の方でもさ」

M 「やっぱ随所にタブー的なものを盛り込んでるんじゃないの?貝沼もそうだったし。その方が更に猟奇的に思える」

G 「やっぱそういうことかー」

G 「あとさ、これ分かんなかった」パラパラ

G 「凍結した脳をMRIにかけようって薪さんが言った時に、何で岡部はびっくりして渋ってんの?」

ボ 「え、そうだった?そんなとこ普通にスルーしてたけど・・」

G 「ほら、「しかし、薪さん!」て若干反対っぽい。そんで薪さんに「なんだ!行方不明の5人の命より大切な理由が何かあるか!」てここまで言わせてる理由は何?難しい作業でも普通に見ればいいじゃん。何がそんな問題なわけ?」

ボ 「・・・・・全然意識してなかったが・・・そうだね・・何が問題なんだろうね・・」

M 「子供の脳だから?なんだろね・・・」

ボMG 「・・・・・・・・・・・・・」←黙る

G 「長官に話し通すとか言ってるから、許可的な?難しいのかな?」

ボ 「分からんわ・・それ分からんわ・・・」←投げた

M 「難しいのかな?でスルーよそこ」

G 「スルーか~、こだわり過ぎか~」←そうね

G 「いや、でも面白かったけど結構何で?なとこ多かったわ」

M 「最後がさ、めでたしめでたしじゃないとこが凄いよね。いやがらせとか、損害賠償とか」パラパラ

G 「物語っていうよりそこでひとつ事件見たって感じになった」

ボ 「うん、分かる。なんか作者が誰かに肩入れして書いてるわけじゃないのがそこで凄い分かる気がする。誰が悪いとかそういうのよりもすごく客観的にひとつの事件を色々盛り込んで書かれたんだなって」

M 「あ、これ、結構薪さんと青木くんがいい感じになるよね」パラパラ

G 「え!あぁあの廃墟の中のアレ?」

M 「その前も、つまずいちゃった薪さんを青木が抱え込むようにキャッチ・・笑 有り得ない・・笑」パラパラ

G 「それさ、思ったんだけど!ちょっと貸して」←3巻奪取

G 「これ見て?この青木が薪さんを廃墟の暗闇で後ろから明かり照らして付いてくとこ」

ボ 「なによ、いいじゃん、ここ素敵じゃん」

G 「これさ・・・」




G 「青木がしつこい。」え・・・



ボ 「え!!!なにが!!?なにがしついこいわけ!!?笑」

G 「見て?」




IMG_4366.jpg

G 『「すいません、ちゃんと見てなくて。危ない目に合わせて」
  「でも大丈夫ですから薪さんは好きに歩いて下さい」
  で、更に
  「オレがちゃんと足元を照らして、絶対に薪さんにケガはさせませんから」
  また、更に!!

rrrrr1.jpg

  「必ず」
  「必ずオレが後ろについて支えますから」
  てこれ・・・』




G 「しつこ過ぎるぅぅうう!!!」



ボ 「ぶはっ・・笑 いいじゃん!青木の薪さんへの想いが溢れだしてるんじゃん!」

G 「いや、しつこいよぉぉ・・青木しつこいタイプだよぉお・・」

M 「まぁ・・若干しついこいかね?実際ここまで言われると・・笑」

ボ 「最後のは心の声じゃん」

G 「うん、だからしつこいよね」

ボ 「それくらい思ってんの!青木くんの薪さん愛が無意識に溢れ出し始めたシーンでしょうがコレ!重要でしょうが!」←軽くキレ

M 「まぁ、結構最初から好きだけどね。この辺りから、あれ?おや?な視線とか密着が増えた感じ?」

G 「薪さんの視線?青木に対する?」

ボ 「抱きとめられた後の視線とかもう・・何なの?薪さん何を思ってるの?って感じじゃん!」←盛り上がってきた

G 「青木の魅力が今ひとつ分かんないからな~」

ボ 「え~~・・・あ、でも薪さんは素敵でしょ?もちろん素敵よね?」

G 「う~~~ん・・・」



G 「ごめん、薪さんの魅力も分かんない。」←キッパリ




ボ 「・・・・・・・・・」フツフツフツ・・・



ボ 「あんたぁぁああ!!薪さんの何が気に入らんかーー!!魅力わからんってどういうことかーー!!?」ガターン!←また立ち上がた


M 「爆笑」


G 「いや!分かるよ!?薪さんが仕事できてカリスマで美しいってことは!」

ボ 「じゃ、何が気に入らんか!薪さんは男から見ても女から見ても誰が見ても美しい存在なんじゃああああ!!」←マジで怒ってます






G 「いや、だからそれが間違い?」←超クールに言いやがった






ボ 「え・・・・」


G 「薪さんが美しいのは分かるよ?でも実際100人のゲイを集めて薪さんを好きっていうゲイは全体の1割、10人だよ」


ボ 「な・・・・・そんなわけなかろ・・?だって皆綺麗な人好きでしょ?」←愕然


G 「だから、そこも間違いよ。ゲイの中では必ずしも綺麗なタイプがモテるわけじゃない。いやむしろ」



G 「モテない。(薪さんは)」



ガターーーーーン!!!←また立ち上がる


M 「落ち着いて」


ボ 「ふう・・ふう・・」

G 「まず、薪さん、小さいでしょ?しかも極細。これは完全にモテない条件なの」

ボ 「え・・でもさ、じゃあゲイの人はJニーズの子とか小さいのは好きにならないってこと?」

G 「いるよ?Jニーズ線な人たちもいる。けどそれはごく少数よ」

M 「やっぱ大きくないよとダメなの?」

G 「大きいのはモテるよ。あと、身体鍛えてないとダメ。」

ボ 「え・・・だからあんた鍛えてんの?」←Gは着やせして見えるが中身は凄い

G 「当たり前じゃーーん!じゃないとモテないもん」

ボ 「じゃ、じゃあさ、ゲイ100人集めたら秘密の中で誰がモテるわけ?」

G 「う~んとね・・・」





G 「岡部だよ」




ボ 「え!!!」



G 「岡部7割、青木2割だね」



ボM 「!!爆笑」


M 「青木食い込んでくるんだ!笑」

G 「青木、大きいもんね、がっしりしてるし」

ボ 「そういうことなのか・・・薪さん、万人にってわけじゃないのか・・・」

G 「うん、残念だけど。ゲイにはケ〇コバみたいのがモテるんだよ?僕はそういうタイプより可愛い子が好きだけどね」←どうでもいい

M 「で、Gは誰が好きなの?この中で」

G 「ん~~~~、やっぱそりゃ・・」





G 「岡部よぉぉお・・・」頬染



M 「やっぱ結局そっちなんだ」

G 「え、だって頼りがいあるし、かっこいいじゃん」



ボ 「ということは・・・・」

ボ 「はっ・・・・・・・!」

M 「どうした?」




ガターーーーーーン!!!←またぁ?




ボ 「わかった!わかったよぉおお!!すごい!すごい真理にたどり着いたわぁあ!私、分かってしまったわぁああ!!」←実際のテンションです



G 「な、な、なになに?どうしたの?そんなショックだったぁ?」



ボ 「だからさ!つまりさ!だから青木くんは薪さんが好きなんでしょ!?青木くんはノーマルだから、女の子が好きだから、男でありながら可憐な容姿の薪さんに惚れた!元々青木君が潜在的ゲイならば薪さんを好きになっていない。まるっきりのノーマルだから薪さんなんだよ!岡部さんも他の人もノーマルだから女の子みたいに可愛い薪さんにポ~~っとなっちゃうんでしょ?つうことは、薪さんはノーマルキラーなんだよ!これは、元々彼らがゲイっぽいとか男色の毛があるとかそういうことでは断じてないという説を裏付ける重要な!あ、これで論文書ける?」


M 「書けんわ笑」


G 「いや・・・それ・・・」




G 「正しいよ?」←スーパークールに




ボ 「でしょでしょでしょ!?この説は正しいよね!?」


G 「そういうことになると思う。元々ゲイとかではない、薪さんの美しさとか生き方に惚れてるわけでしょ?だから彼らが薪さんを半分女性の感覚、でも思考や行動は男として尊敬できる稀有な存在として惹かれてる部分、あるんだよ」

M 「複雑だね、それ。でも、ある意味深みにハマりそう。薪さんすごいね」

ボ 「ちょ・・今日、すごいことに気付いたね!これだけで今日もう収穫ありだよ」←自分の説を信じて疑わない

M 「よかったね、青木が無意識に薪さんに触っちゃう謎が解けて」←おい

G 「いや~お役に立てて良かったわ」←どうだろう

M 「でもさ、この後、4巻ですぐ女に行っちゃうから、ほんと青木って分かってないんだよね・・」

G 「あぁ、あのキスの人か」←そこは確認済み

M 「あれ・・なんか・・・」パラパラ

ボ 「どうした?」

M 「いや・・なんか・・あ・・・ちょっとこれ見て?」





M 「青木、ハゲてない?」やばくね?





ボ 「!!!!!?」


G 「そりゃあ、あんた・・・仕事考えてみ?ストレスよぉ・・・」←そこ真面目?

M 「そっか、そうよね。いやぁ、さすがこの作者の方、そこまで考えて・・」

ボ 「考えるわけねぇだろぉ!!!」

M 「え、だってちょっと見て?1巻の時と、この5巻の時とじゃもう生え際が・・・」

G 「そりゃ大変よぉ、この仕事・・」

ボ 「あんたは黙ってろ!たまたまでしょ!青木君20代半ばだよ!ありえません!」

M 「いや、20代とは思えないほどお父さん化が激しいよ。髪型もだけど、どうすんのコレ」

G 「お父さん化・・!笑」

ボ 「・・・・・・・・笑」←フォローしようにも笑いが止まらない

M 「じゃあさ、これ見てみ?」






IMG_4367.jpg
M 「雪子とそのお父さんだよ、完全に。」




ぶはぁぁあああ!!!笑



ボ 「ヒドイ!ヒドイよ、M!!青木をそんな!お父さんとか!!ぶはっ!あの子だって理由があって!ぶはっ!」←笑い止まらない

M 「いや、青木のお父さん化は誰かが止めてやらねばならんよ」

G 「誰か言ってあげればいいのにね?ダサいよ?て」

ボ 「いや、いいんだよ。今更オシャレな青木なんて想像できないし。薪さんだってあぁいう青木が好きなんだから」

M 「ファザコン?」

ボ 「違うわぁあ!涙」





という感じで3巻座談会は終了しました。

最後の方は作品そっちのけで、下世話い話しのオンパレードでして・・・すみません。

しかし、そんな話のほうが死ぬほど盛り上がる我らなのです。

ご不快な方はすみませんでした。

しかし、続く4巻では更に下世話な話になって行くと思いますので

どうかご容赦下さい。

それでは本日もご拝読、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

ヤマネ様

> うーん、どこからいこうか、って思うくらいいろいろ面白いですね、感想。
> まさに、感想。そうだ、こういうのを感想っていうんですよ、自分の経験とかに照らし合わせるっていう…(子供の読書感想文で経験がないのでいつも苦労しています…)

ヤマネさん、ありがとうございます!
アホ経験に照らし合わされたところ多数で、恐縮ですが(笑)
ほんとに思ったことをポンポン言ってるうちに謎が解けたり、解けなかったり←こっちだね


> ええと、佳人が中学生たちをそこまで恨んだことは、いくつか理由があると思います。
> 一つは、助かるかも、せめてまだ手をかけられていない妹は無傷で助かるかもという可能性を感じたのに、結局助けが来ず、妹は殺害されてしまったこと。
> 下手に希望をみちゃったというのがあると思います。
> おそらく、その事件の時からずっと抱いていた恨みです。

やはり希望ですよね。あ、そしてそうでした、妹は佳人暴行の2時間半の間は絶対に生きていたんですもんね。
それ、考えると通報さえしてくれていれば、妹は助かったと思いますよね当然。匿名でいいから電話だけでもしろよ・・と片岡たちに言ってやりたいですよ・・

> 学校もそれ以降行っていないでしょうから、佳人の時間は止まってしまったでしょうし、そのことばかり考えていたかもしれないです。
>
> 薪さんも、両親が亡くなった真相を追いかけて10年過ごしてきたわけだし。
> 何らかの事件に巻き込まれたら、周りにいい人がいたり、それなりに自分と周りの環境が変わって、”時間が経過”していけば、思いも少しずつ風化というか変化していくような気がします。
> けれど、自分自身と周りに変化が起きていかないと、時間は止まってしまうのではないでしょうか。

確かに!薪さんも真相を探り続けた幼少青春時代だったですもんね。佳人が学校にも行ってないというのは大きいかもしれないですね。世間から遮断され、思考が固定的になったのもそこからでしょうか。環境の不変が事件を風化させないというのは、薪さんの過去と照らし合わせても納得です!本当に時間が止まっていたのでしょうね。なんか改めて悲しくなってきました・・涙
あぁ・・ありがとうございます。なんか深くなってきました!ヽ(´▽`)/

> それともう一つは、逃げ出した中学生のことをどこで知ったかだと思うのですが。
> どこにも事件になっていなかったのですから、調べようがない。
> ですが、何らかで偶然知ったか、調べまくったのか。
> いずれにしろ、その中学生たちが、当時何をしていてどうして警察に伝えられなかったのかを知ったことと同じくらい、憤りを感じたのは、彼らの現在が事件のことをすっかり忘れているような、無関係で、今はある意味”成功者”になっていたこと。

逮捕後の事情聴取で佳人が「何年もかけてあの時の受験生を調べ上げ」と言っているので、何らかの方法で調べたのでしょうが、顔もそんな覚えてないだろうし、どうやって調べたのかな?とは思いました。
自分はまだ事件の真っ只中に取り残された状態なのに、軽薄な理由で彼らを見捨てた受験生は何事もなく生きている。「成功者」になっている、というところは確かにポイントですね!忘れさせないぞ、と復讐に火がつくのも想像できます。

> これは逆恨みでしかないけれど、自分や妹、そのほかにもたくさん子供が殺害や被害を受けた。
> 通報されれば助かったかもしれない妹。捕まったかもしれない大倉。自分も両親のもとに帰れたかもしれない。
> そんな、不幸が、ひどいことがあったのに、彼らは逃げてのうのうと生きているというのは、はたから見ればただの逆恨みですけれど、これは被害者(佳人)からみれば許しがたいことなんじゃないでしょうか。

確かに、逆恨み・・と一言で言えない部分がありますよね。
私も被害者だったら、復讐は当然のことのように感じるかもしれません。←こわ・・
なんで俺たちが?と言われたところで何も響かないでしょうね。←どんどん闇になっていく・・笑

> だからといって佳人のやったことを認めるわけにはいかないですけれど。
> でもそれくらいの思いがあって、でも誰にも打ち明けられる人もいない。
> 佳人、辛いね。全ての人生、幸せが失われてしまったのだもの。

いや、私も佳人はやりすぎだし、サイコだと思うんですけど、可哀想でたまらないとも思うんです。
子供であんな目にあって、自分も怖いのに妹の心配して、だから彼がそのまま育つんであったであろう、妹のMRI画像を見ると泣けます。このままいけたはずなのに、と。だから佳人は絹子の時よりはずっと同情的な気持ちになるんですけど、最後に清水先生が、おい待て、実際こうだからね?(損害賠償とか)と現実を突きつけてこられるので目が覚めます・・笑
でも、やっぱりこの話は辛いです。


> ゲイに薪さんがモテないこと(笑)
>
> Gさんたち、ガチなんですよね。

ガチです(笑)女なんて冗談じゃない!です(笑)


> 薪さんを好むのはゲイより、バイなんじゃないでしょうか。

わー!私もそう思います!!!(*゚▽゚*)
多分、少なからず女性的部分を好まなければ薪さんは好きにならない気がします!
わわ!ドンピシャです!笑


> BLって日本の文化なんですけど、西洋でもある、「美少年愛」なんだと思います。
> 腐女子ってわけじゃなくて、日本は昔からまあ、性的にゆるい国で『男色』も色を好むっていう感じの一つで。でも成人男性同士っていうより「美少年愛」がある。井原西鶴とか。
> それは西洋でもやっぱりきれいなコが好かれたり。
> これはきっと、ゲイにももちろん好みで好きな人もいると思うんですけど、きれいなコが好き、好みというのはやっぱりバイの人なんじゃないかと思います。

美少年愛・・すてき・・←おい
確かに、西洋ではホモは投獄されたりですが、日本はゆるいですよね!織田信長と森蘭丸とか・・笑
井原西鶴って・・男色大鑑?ですか?(調べました笑)すごいーヤマネさん!おもしろいですー!
はいはい、きれいなコが好き→バイ説は激しく同意です。以前の記事で書いた映画「ベニスに死す」でも主人公は妻がありながら、絶世の美青年に恋をしてしまう・・というものでした。


> ゲイというのは「同性愛」「男同士」なんだから、皆、「男性らしい」と意識させられる人が好みなんじゃないのかな。女性以上に男性を「男」として見ているってことでしょう?

激しく!激しく同意です!!(*゚▽゚*)
自分も男なのである程度大きいじゃないですか、それよりも大きく逞しく、というのを求めているように思います。
女性もそういう部分ありますが、おっしゃる通り、女性以上に「男」というものを求めているようです。
もちろん、全員ではなくて可愛い子が好きって人もいるでしょうが・・


> だから、薪さんにポッとなってしまう男性はストレートの男性なんだと思います。

はい!だから、この真理にたどり着いた時、(←ヤマネさんのおかげで自信満々)すげぇ・・清水先生・・これは自然に描かれたことなのか?ストレートたちが皆、ポッとなる薪さんというキャラクター!!神!!と震えました(笑)

> 薪さんの好みは、デカい、優しい、面倒見が良い、なので(笑)。でしょ?

デスです!!!笑
自分よりデカく、逞しく、優しい心あり、ほっとけない面倒見の良さ・・
これは青木&岡部に確実に絞られます。あ・・!鈴木さんもだ!!!(ちょっと黒いけども・・笑)

> 次回はタブーに挑戦!、の座談会なのですね。楽しみです。
> これ、ずーっと論争になってますもんね、薪さんの相手と薪さんはどっち?が(笑)
> 私も4巻の感想ではそこいきます。
> たぶん、長くなると思います。←いつもじゃん…

ヤマネさんもやっぱりそこですかーーー!!!(*゚▽゚*)
ワーワー!楽しみです!長いのお願いします。(←催促)
そして、やっぱりこれはファンの間で論争なんですね?
語るはタブーかと思ってましたが・・良かったです(笑)そうですよね、そりゃ皆さん思いますよね・・ww

> 青木くんのお父さん化。
> もういっか、若いけど、舞ちゃんのお父さんみたいなもんだし。
> でもさすがに雪子さんのお父さんはどうだろう。ちょっと青木くんも自分のこと見直したほうがいいよ!

そうなんですよ、もう実年齢は考えずに、舞ちゃんのお父さんだからいいよ・・
見た目年齢は薪さんと釣り合うから・・とやっぱり非常識にポジティブに考えてます。
お父さんでも青木です(笑)

あぁ・・ヤマネさん!とっても楽しかったです!
素晴らしいご意見をありがとうございました!!!(←堪能)

3巻も面白かったです!

巻も面白かった

長文すみません。お暇なとき、読んでください。

うーん、どこからいこうか、って思うくらいいろいろ面白いですね、感想。
まさに、感想。そうだ、こういうのを感想っていうんですよ、自分の経験とかに照らし合わせるっていう…(子供の読書感想文で経験がないのでいつも苦労しています…)


ええと、佳人が中学生たちをそこまで恨んだことは、いくつか理由があると思います。
一つは、助かるかも、せめてまだ手をかけられていない妹は無傷で助かるかもという可能性を感じたのに、結局助けが来ず、妹は殺害されてしまったこと。
下手に希望をみちゃったというのがあると思います。
おそらく、その事件の時からずっと抱いていた恨みです。

学校もそれ以降行っていないでしょうから、佳人の時間は止まってしまったでしょうし、そのことばかり考えていたかもしれないです。

薪さんも、両親が亡くなった真相を追いかけて10年過ごしてきたわけだし。
何らかの事件に巻き込まれたら、周りにいい人がいたり、それなりに自分と周りの環境が変わって、”時間が経過”していけば、思いも少しずつ風化というか変化していくような気がします。
けれど、自分自身と周りに変化が起きていかないと、時間は止まってしまうのではないでしょうか。

それともう一つは、逃げ出した中学生のことをどこで知ったかだと思うのですが。
どこにも事件になっていなかったのですから、調べようがない。
ですが、何らかで偶然知ったか、調べまくったのか。
いずれにしろ、その中学生たちが、当時何をしていてどうして警察に伝えられなかったのかを知ったことと同じくらい、憤りを感じたのは、彼らの現在が事件のことをすっかり忘れているような、無関係で、今はある意味”成功者”になっていたこと。

これは逆恨みでしかないけれど、自分や妹、そのほかにもたくさん子供が殺害や被害を受けた。
通報されれば助かったかもしれない妹。捕まったかもしれない大倉。自分も両親のもとに帰れたかもしれない。
そんな、不幸が、ひどいことがあったのに、彼らは逃げてのうのうと生きているというのは、はたから見ればただの逆恨みですけれど、これは被害者(佳人)からみれば許しがたいことなんじゃないでしょうか。

だからといって佳人のやったことを認めるわけにはいかないですけれど。
でもそれくらいの思いがあって、でも誰にも打ち明けられる人もいない。
佳人、辛いね。全ての人生、幸せが失われてしまったのだもの。


ゲイに薪さんがモテないこと(笑)

Gさんたち、ガチなんですよね。

薪さんを好むのはゲイより、バイなんじゃないでしょうか。
BLって日本の文化なんですけど、西洋でもある、「美少年愛」なんだと思います。
腐女子ってわけじゃなくて、日本は昔からまあ、性的にゆるい国で『男色』も色を好むっていう感じの一つで。でも成人男性同士っていうより「美少年愛」がある。井原西鶴とか。
それは西洋でもやっぱりきれいなコが好かれたり。
これはきっと、ゲイにももちろん好みで好きな人もいると思うんですけど、きれいなコが好き、好みというのはやっぱりバイの人なんじゃないかと思います。
ゲイというのは「同性愛」「男同士」なんだから、皆、「男性らしい」と意識させられる人が好みなんじゃないのかな。女性以上に男性を「男」として見ているってことでしょう?

だから、薪さんにポッとなってしまう男性はストレートの男性なんだと思います。

薪さんの好みは、デカい、優しい、面倒見が良い、なので(笑)。でしょ?

次回はタブーに挑戦!、の座談会なのですね。楽しみです。
これ、ずーっと論争になってますもんね、薪さんの相手と薪さんはどっち?が(笑)
私も4巻の感想ではそこいきます。
たぶん、長くなると思います。←いつもじゃん…


青木くんのお父さん化。
もういっか、若いけど、舞ちゃんのお父さんみたいなもんだし。
でもさすがに雪子さんのお父さんはどうだろう。ちょっと青木くんも自分のこと見直したほうがいいよ!

なみたろう様

> 今回も笑わせていただきました!

なみたろうさん、ありがとうございます(*゚▽゚*)
しつこくてゲイにモテる青木。あ、新しい・・・www

> いやー、逃げた連中への恨みはありますよ、だって子供だよ?助けてくれなかった人、恨むでしょ。
> そしてつい先日あった事件のように、誘拐犯から逃げられない症候群てのは実際ありますからね。
> これがちょっとこの事件の場合複雑なんですが、佳人は逃げられたのに戻ってるのは少し違いますよね…行き場がなかったてのと、サバイバーズギルトも絡んでいるかも知れないです。
> 更に大倉の人間性を知るにつれ優位に立てることに気付き、ろくに教育も受けてなくて(←これ不思議)どんどん歪んで行ったのかな~。最初から計画の最後には大倉も殺す気だったろうし。
> 幼少期にそんな体験してたらかなりサイコパスに近くなってたかも知れないですね。

サバイバーズギルト!て言うんですね?あの生き残った方々が罪の意識を持ってしまうやつですよね?
なみたろうさん、お詳しいですね・・すごい・・
それもあるのか・・妹は死んでるわけですし、そのことを両親に告げるのも辛かった。
自分を殺さなかった時点で大倉が自分を特別視していることも分かった。で、戻る道を選ぶ。
なんか、だんだんクリアになってきた感じです。そこからの生活含めてサイコになっていったんでしょうか。
いや、私も学校も行ってないんだよな~保険証もなかったんだよな~とか色々思いました。
どうやって、育ったのかな・・というそこの部分は描かれていないけど、正にそこに歪んだ部分があるのは間違いないですよね。

> あと、以前ネットで「リアルゲイは腐女子をどう思っているか」てコラム読んだんですけど、最近は好みのタイプも多様化してるようですよ?
> 若いゲイだと男の娘タイプとか女装男子とか色々だし、腐男子とかもいるし。
> いわゆる岡部さんみたいなガチムチタイプは、若いゲイにはステレオタイプすぎるって「古い」イメージなんだそうだG!(°▽°)

ぶは!いや、もうおっさんだから・・往年のモテガチムチが王道なのかもです!笑
男の娘??笑 女装男子??笑 Gが聞いたら、それはガチなゲイじゃねぇ・・!とか言いそうです・・ww←古いタイプなんで
腐男子っているんですか!!え、どゆこと?ゲイで同人好き?ということですかね(笑)
その手のサイトではモテランキングがあるんですけど、その上位ランクはムチってました・・ww
これでもかと鍛え上げた肉体を披露されてました。イケメンもいましたけど、見るからに・・ですね・・という感じたね(笑)
いや~~、ちょっとこの情報を次回、Gにぶつけてみます!もう薪さんがモテないとは言わせねぇ・・ありがとうございます!

> でもゲイの方が薪さんじゃなくて岡部さんか青木、ってのは考えてみたら正しいのかも。だって薪さん自身が岡部さんか青木がタイプなのだ!!ハハハハハ(あっ……薪さんをゲイ認定してしまった…すいません嘘です)

ちょ・・!それぇ・・!!!(爆)
認定おめでとうございます(笑)
実際、お気に入りはこの2人なので、逆説的にいけばそういうことですよね!
可笑しい・・・www
いや、4巻で薪さんがゲイなのかゲイでないのかで大論争になるので、次回お伝えしたいと思います。
これ・・タブーですかね・・この話題・・←一応ドキドキしてます・・

ばろん様

> 3巻座談会も相変わらず面白いですね。
> 本当に1つのマンガの話がこんなに盛り上がって話せる友達がいて羨ましい限りです。
> それも、この話がきっかけで友達になったとかでなくて、昔からの友達ってところがいいですね。

ばろんさん、ありがとうございます(*゚▽゚*)
はい、最初は読んでくれるなんて思ってもみなかったのですが(Gなんて漫画も読んだことないのに笑)まさかの興味を持ってくれて、おかげで座談会までできて二人には感謝です!

> マンガに限らず小説とかでもそうですが、基本ひとりで読むものなんで、ん?って思っても誰に解釈求めるでもなく自己処理するものだと思うし、だから余計こうして話してそれぞれの考えを聞けるっていいなぁって思います。
> ひとつの話でも読んだ人それぞれ違うでしょうし。それを聞いて「そういう意味があったのか!」って思いますしね。新しい発見!!って。
> ですので、BON子さん、Mさん、Gくんの座談会を読ませてもらうと「なるほどなぁ~」って勝手に仲間入りしてるのです 笑

そうですよね。私も小説読んでも自分の中で消化しちゃうのが普通だったのですが、もう秘密はなんでしょうね。好きすぎて語りたい?ね?誰か聞いて?の心境になってしまって。あと、解釈が読者に委ねられている部分が多かったりするので、余計に誰かの意見を聞いてみたくなるのかもです。実際、皆さんのご意見を聞いてると、思いもつかなかったところもあって本当に面白い。そういう作品っていうところでまた、秘密はすごいと思います(´▽`)
座談会仲間入りして頂けました?(笑)嬉しいです~!たまに、これ突っ走りすぎじゃないか?このまま載せてもいいんだろうか?とか迷う時もあるんですよ、ヒドイ内容なんで(笑)←ほんとかよ

> 冷凍されてた脳を見るのを岡部さんが戸惑ってたのは、ねこじゃらしにゃんたろーさんと私も同じ理由からかなって思ってました。
> 絹子の事件のときの盲目の少年(あ。名前忘れちゃった 汗)の時と同じような感じで読んでました。
> 子供の脳だし倫理的にどうなの?って。

やっぱり、子供の脳だからですね。平井少年の時に許可が出てるからそこまでタブー的に考えてなかったのですが、あの時も青木君が無理言ってでしたもんね。

> あと、中学生に対しての恨みですが、私もBON子さんたちと同じで、自分がそうなら同じように恨んでたと思います。
> 一番に恨む相手はもちろん大倉だと思うんですけど、子供だったわけだし「助けて」ってお願いした人に見捨てられたって思うと・・・それも自分だけでなくて妹もいて、妹は殺されたわけだし。
> 佳人は大倉に対する恨み・復讐と、当時中学生だった彼らに対する恨み・復讐を糧に生きてきたんだろうなぁって思いました。
> なんか・・・重いですね。こう改まって考えると。

一瞬でも希望を見たので、余計にかもしれませんよね。
恨み復讐で生きてきた佳人くんが、尋常でないのは当然ですよね。おっしゃる通り、自分も2時間半に渡る暴行を受け、その後、妹が殺されてるわけですから。佳人くん、一見普通に見えますけど、内に潜む憎しみとか狂気は私たちが想像できるようなものではないのでしょうね。ほんとこの話、重いんですよ・・悲しいんです・・・でも秘密って軽い話、無いので・・笑

> ガターーン!
> 私も椅子ひっくり返しました 笑
> ゲイの人の好みって・・・岡部さん!そして2割が青木くん・・・・
> 何か・・目からウロコ的な 笑
> へぇ。岡部さんか~。へぇ。
> あ、でもゲイの方たちからケ○コバがモテるって聞いたことあります。
> なるほどなぁ。だからノーマルな青木くんが薪さんに惚れるのか。
> いや、BON子さん。論文書けますよ 笑

らしいです(笑)Gにゲイさんたちの(←?)出会いのサイトでの人気選手を見せて貰ったんですけど、イケメンはいてもデカイです、やっぱ、すんごかったです(笑)岡部さんみたいのはいなかった気がしますが・・笑 がっちりデカイ人ばかりでした。
論文いけますか!?(笑)←すぐ調子乗る
青木がノーマルで、そっから薪さんに落ちた理由を勝手に打ち立てました(笑)
でも、ノーマルからの・・流れの方がたまんないですよね←共感欲しがらないで

> 青木くんのお父さん化・・
> ふふ。
> 髪型のことはお姉さんにも言われてましたね。似合ってないよって。
> 下すと鈴木さんに似てるってのと、少しでも歳以上に見られたいってところからなのかなぁ。
> 中途半端な意見でごめんなさい。

お父さん化は・・ww
もう私も青木のこの老け具合は何とかならんのか・・薪さんと釣り合わんぞこれじゃ・・
と思っていたので、言われた時は庇いたいけど笑いが止まらないという複雑な状態になってしまいました。
そうですよね、下ろすとすぐに薪さんに「す・・」とか言われちゃうので大概うんざりしてるのかもしれません(笑)
お姉さんだけが注意してくれてましたが、雪子がすぐに大人っぽく見せようとしてるんでしょ?可愛いんだから!そのままでいいよ!とか言っちゃったので無責任に(←そうは言ってない)結局、そのままなんですよね。
え、ばろんさん、全然中途半端じゃないですよ!下ろすと鈴木に似ちゃうからってのは、そうか~!と思いました!

> 長々と失礼しました。
> 4巻座談会も楽しみにしてます。

いつもありがとうございます(*゚▽゚*)
次巻は、問題の巻ですので(笑)更なる論争を呼びますww

しつこい青木(笑)(でもゲイにモテる)

今回も笑わせていただきました!

いやー、逃げた連中への恨みはありますよ、だって子供だよ?助けてくれなかった人、恨むでしょ。
そしてつい先日あった事件のように、誘拐犯から逃げられない症候群てのは実際ありますからね。
これがちょっとこの事件の場合複雑なんですが、佳人は逃げられたのに戻ってるのは少し違いますよね…行き場がなかったてのと、サバイバーズギルトも絡んでいるかも知れないです。
更に大倉の人間性を知るにつれ優位に立てることに気付き、ろくに教育も受けてなくて(←これ不思議)どんどん歪んで行ったのかな~。最初から計画の最後には大倉も殺す気だったろうし。
幼少期にそんな体験してたらかなりサイコパスに近くなってたかも知れないですね。

あと、以前ネットで「リアルゲイは腐女子をどう思っているか」てコラム読んだんですけど、最近は好みのタイプも多様化してるようですよ?
若いゲイだと男の娘タイプとか女装男子とか色々だし、腐男子とかもいるし。
いわゆる岡部さんみたいなガチムチタイプは、若いゲイにはステレオタイプすぎるって「古い」イメージなんだそうだG!(°▽°)
でもゲイの方が薪さんじゃなくて岡部さんか青木、ってのは考えてみたら正しいのかも。だって薪さん自身が岡部さんか青木がタイプなのだ!!ハハハハハ(あっ……薪さんをゲイ認定してしまった…すいません嘘です)

No title

3巻座談会も相変わらず面白いですね。
本当に1つのマンガの話がこんなに盛り上がって話せる友達がいて羨ましい限りです。
それも、この話がきっかけで友達になったとかでなくて、昔からの友達ってところがいいですね。

マンガに限らず小説とかでもそうですが、基本ひとりで読むものなんで、ん?って思っても誰に解釈求めるでもなく自己処理するものだと思うし、だから余計こうして話してそれぞれの考えを聞けるっていいなぁって思います。
ひとつの話でも読んだ人それぞれ違うでしょうし。それを聞いて「そういう意味があったのか!」って思いますしね。新しい発見!!って。
ですので、BON子さん、Mさん、Gくんの座談会を読ませてもらうと「なるほどなぁ~」って勝手に仲間入りしてるのです 笑

冷凍されてた脳を見るのを岡部さんが戸惑ってたのは、ねこじゃらしにゃんたろーさんと私も同じ理由からかなって思ってました。
絹子の事件のときの盲目の少年(あ。名前忘れちゃった 汗)の時と同じような感じで読んでました。
子供の脳だし倫理的にどうなの?って。

あと、中学生に対しての恨みですが、私もBON子さんたちと同じで、自分がそうなら同じように恨んでたと思います。
一番に恨む相手はもちろん大倉だと思うんですけど、子供だったわけだし「助けて」ってお願いした人に見捨てられたって思うと・・・それも自分だけでなくて妹もいて、妹は殺されたわけだし。
佳人は大倉に対する恨み・復讐と、当時中学生だった彼らに対する恨み・復讐を糧に生きてきたんだろうなぁって思いました。
なんか・・・重いですね。こう改まって考えると。

ガターーン!
私も椅子ひっくり返しました 笑
ゲイの人の好みって・・・岡部さん!そして2割が青木くん・・・・
何か・・目からウロコ的な 笑
へぇ。岡部さんか~。へぇ。
あ、でもゲイの方たちからケ○コバがモテるって聞いたことあります。
なるほどなぁ。だからノーマルな青木くんが薪さんに惚れるのか。
いや、BON子さん。論文書けますよ 笑

青木くんのお父さん化・・
ふふ。
髪型のことはお姉さんにも言われてましたね。似合ってないよって。
下すと鈴木さんに似てるってのと、少しでも歳以上に見られたいってところからなのかなぁ。
中途半端な意見でごめんなさい。

長々と失礼しました。
4巻座談会も楽しみにしてます。

ゆけさん!

いや、むしろすみません!!滝汗
遅くに調べて頂いて!!そんなもう…私とかコテッと寝てまして…あぁ…T^T

> にゃんたろーさんと違って私の言うこと、記憶がかなりふわっとしてるので……;;;
> 興味がおありだということだったので、なんか申し訳なくて調べてきました……

いや、ふわっとしてないですよ!申し訳なくないですよ!こっちが申し訳なくて、恐縮です!( ; ; )
でも、ありがとうございます、ゆけさん( ´Д`)

> ストックホルム症候群、までしか出てこなかったんですけど、これがちょっと近いと思います…(wikipediaで出ます)
>
> これには書いてないんですけど、誘拐されて最初はひどい扱いを受けたのに、もう帰っていいよ、と言われた女の子が、帰らずにそのまま犯人と暮らすという選択をしたっていうのとかもありまして…

私もゆけさんの情報を元に、検索してしてみたんですけど、ほんとにこういうことあるんですね。犯人に同情までするとか。かばったりとか。酷いことされておきながら。症候群とされるくらいですから、結構な事例があるんでしょうね。被害者心理も知らないだけで様々にあるんですね。一概に理解出来ないじゃないですね、これは。いや!ほんとに勉強になりました!お手数おかけしましてすみません!しかし、こうして教えて頂くとまた、作品読むのが楽しくなります♪( ´▽`)

> 佳人は別に誘拐されたわけじゃないし!とかっていう指摘はあると思うんですが、私も丸々これっていうわけでもなく…最後は大倉も殺してしまうので、佳人はもっと手段として割り切ってたんだとは思うのですが、何年も一緒に暮らせる理由の一つくらいにはなるのではないかと…。

分かります。憎しみは残っているけど一緒に暮らせる心理にはなり得ると。もしかして、憎い部分とどこかで別の感情も描かれてないけどあったかもですね。うーん、考えれば考える程奥深いですね…

> 補足なのでお返事もらうのすごく気が引けるのですが……
> 軽くいなしてもらえると助かりますーーー

ゆけさん、ご丁寧にありがとうございました!
コメントで、こんな風に教えで頂けるなんて…感涙
知らない事を教えて頂くとテンション上がるんです。
これで午後からも頑張れます(笑)

いい加減なことを言ったことを反省しにきました;;;

にゃんたろーさんと違って私の言うこと、記憶がかなりふわっとしてるので……;;;
興味がおありだということだったので、なんか申し訳なくて調べてきました……

ストックホルム症候群、までしか出てこなかったんですけど、これがちょっと近いと思います…(wikipediaで出ます)

これには書いてないんですけど、誘拐されて最初はひどい扱いを受けたのに、もう帰っていいよ、と言われた女の子が、帰らずにそのまま犯人と暮らすという選択をしたっていうのとかもありまして…

佳人は別に誘拐されたわけじゃないし!とかっていう指摘はあると思うんですが、私も丸々これっていうわけでもなく…最後は大倉も殺してしまうので、佳人はもっと手段として割り切ってたんだとは思うのですが、何年も一緒に暮らせる理由の一つくらいにはなるのではないかと…。

補足なのでお返事もらうのすごく気が引けるのですが……
軽くいなしてもらえると助かりますーーー

ゆけ様

> ( ≧▽)ノシ あははっ …声に出てた。
> でもそのモテパターン聞いたことあります(笑)

ゆけさんもガターン!して貰えました?笑
やっぱ、そうなんですよね。でも、美人がモテないというのは初耳でして、衝撃をウケました。
てか、薪さんがモテないという言葉に衝撃を受けたのかもです・・ww

> BON子さんの論文、私も賛同しまーす!
> そうなんですよ~、なんか元々ゲイの人たちがワイワイやってます、っていうよりは、違かったのに惹かれずにはいられなかった。っていう方がおもしろいですよね!?くーーってなります( ´艸`)
> BLと比べてどうとかは私わからないんですけど…。

ゆけさんー!賛同して下さる!ヽ(;▽;)ノ
いや、私もBLと比べてとかそいういうのが勉強不足でして分かんないのですが、
おっしゃる通り、なんかゲイっぽいとかそいういうのじゃなくて、ノーマルまでがついポッ・・となっちゃって、そうです、正に惹かれずにはおられないってのが、クーーーっ!ですよね。(←これ川平風で間違いないですか?)
それこそが薪さんなんですよ!青木だってまさか・・の感情だと思います。でも、もう運命の人だから・・\(//∇//)\
もうほんとこれで論文一本書いちゃおうかしら・・(←需要無し)

> あ、あとあと、誘拐された子供が犯人と暮らしてしまう傾向というのは実際あるらしく、何だったかなー…なんかあるんですよ、心理的に。
> 肝心なところを忘れましたが(笑)。

え・・・あるんですか?実際?いやぁ、勉強不足です。そりゃあ清水先生、色んな事件、調べてらっしゃいますよね。
やっぱり普通の思考ではなくなるんでしょうね。なんかそのあたり、興味あります。
いや、ゆけさんもにゃんたろーさんも、こういったお答え下さって、本当に感謝です。
こんな知らん分からんの人間ですから、すごく面白いんですよ、こういったコメントを頂けると!涙
お二人のご意見、これ、次回座談会で奴らに説明しときます。(←自分の手柄にするなよ?)


> 3人のお話を聞いていると楽しくて、思わず闇に潜り込んでしまいそうになります…(笑)

闇に!?闇にですか!?ゆけさん!?あ!見えない!!|゚Д゚)))

> 佳人は……幸せと希望に満ちた世界を突然破壊されてしまって、もう誰が悪いとか、誰のせいだとか、そんなことはどうでもよかったのかなーって…。
> ただ、自分は闇の中にいて、自分を闇に落とした奴も目の前にいて、自分の言いなりで、あいつらだってこの闇に来るべきだろう…?光の中にいたらおかしいだろう…?って思っただけなのかなって…。
>
> はっ。暗いですね;;; たまに暗いこと言いたくなるんですよね…
> ひゃーはずかしいーー

誰が悪いとか、誰のせいだとかどうでもいい、というのは分かる気がします。
だって、そうですよね、幸せな時もあんなに描かれてましたよね。
うわ、ほんとですね。同じ闇にっていう発想は自然な気がします。逆恨みというよりは、狂った生活の中では自然な感情だったのかもしれないですよね。
いや、ゆけさん、恥ずかしくないですよ!たまに暗いこと言いたくなるのはすごく分かります!私もアホな話ばかりしてますが、この秘密という作品を好きだということは、人の闇とかどす黒い部分に興味があるってことだと思ってますので。単純なものより、こういった奥へ奥へ入っていくような作品が好きなんですよね、どうも。

> そしてにゃんたろーさんのレビュー、楽しみにしてるやつがここにもいますっ
> 寂しくなんかないですよ!にゃんたろーさんは1人で何人力もありますから!楽しいですから!
> …って私関係なかったーーorz

ですよね!ですよね!
にゃんたろーさんはもう一人だのなんだのっていうレベルじゃない。
もう千手観音のように千人力ですよ!←その例えいいの?
って、関係ないんですかーー!!?いや、むしろゆけさん、関係深くないですかー!!
あぁ・・でも、こうして皆さんとお喋りできるのがもう・・いいんですよ・・(←戻ってこい)

立ち上がった!(笑) ガターン!

( ≧▽)ノシ あははっ …声に出てた。
でもそのモテパターン聞いたことあります(笑)

BON子さんの論文、私も賛同しまーす!
そうなんですよ~、なんか元々ゲイの人たちがワイワイやってます、っていうよりは、違かったのに惹かれずにはいられなかった。っていう方がおもしろいですよね!?くーーってなります( ´艸`)
BLと比べてどうとかは私わからないんですけど…。

あ、あとあと、誘拐された子供が犯人と暮らしてしまう傾向というのは実際あるらしく、何だったかなー…なんかあるんですよ、心理的に。
肝心なところを忘れましたが(笑)。

3人のお話を聞いていると楽しくて、思わず闇に潜り込んでしまいそうになります…(笑)

佳人は……幸せと希望に満ちた世界を突然破壊されてしまって、もう誰が悪いとか、誰のせいだとか、そんなことはどうでもよかったのかなーって…。
ただ、自分は闇の中にいて、自分を闇に落とした奴も目の前にいて、自分の言いなりで、あいつらだってこの闇に来るべきだろう…?光の中にいたらおかしいだろう…?って思っただけなのかなって…。

はっ。暗いですね;;; たまに暗いこと言いたくなるんですよね…
ひゃーはずかしいーー

そしてにゃんたろーさんのレビュー、楽しみにしてるやつがここにもいますっ
寂しくなんかないですよ!にゃんたろーさんは1人で何人力もありますから!楽しいですから!
…って私関係なかったーーorz

にゃんたろー様

> でもGさんの言うことは、けっこう的を得てますね!
>
> 私もゲイの人に一番モテるのは岡部さんだとおもいます。
> 短髪ヒゲがっちりでしょ?きっとぴったりめのTシャツきたらモテモテ……(^^;)

にゃんたろーさんも!笑 やっぱ岡部さんですか!
いや、まさにそれです。モテるタイプの写真を見せてもらったんですけど、マジでそれです(笑)
ピチピチのTシャツにムキムキボディですよ!!!Σ(゚д゚lll)
岡部さんがそれ着たら・・マジでそっちの人っぽくてマズイですね・・ww
モテモテでしょうが・・・


> 「きのうなに食べた?」っていう漫画の中に、そういう描写があって。きれいめな男子がもてるっていうのはBL幻想らしいです……。

あ、その漫画ってゲイカップルの話ですよね?未読ですが、読んでみたいな~と思ってました。
じゃあ、やっぱり本当なんですね。(←信じてなかったの?)BL幻想(笑)なんですね・・
綺麗っていうのは万人に愛されるとばかり思ってました。まさか逆にモテないってことがあるなんて・・


> でも女性って宝塚みたいな……かっこいい女子にも憧れる傾向があるから、女性特有の感覚なのかもしれないですねえ。異性の良い要素を持った人に憧れるっていうのは

あ・・それすごく分かります。何を隠そう私も昔、かなりのヅカファンでした(笑)
最近は舞台観に行ってませんが、数年前までは行ってました。清水先生もお好きなんですよね?
女性なのに男性のよう。男性なのに女性のような美しさ。女性はこういうのにすごく弱いですよね。
輝夜姫の晶もそうでしたが、薪さんもその逆バージョンですよね。なので多分、清水先生のツボがそのまま私のツボなようで、すべてがたまらんわけなんです。宝塚とかバレエとかお好きな感覚が作品に現れてると思います。それがまた私が好きなものにどハマリでして(笑)

> あと冷凍してある脳を岡部さんが戸惑っていたのは
> 1:冷凍した脳をみたことがないから成功するかわからない
> 2:あきらかに被害者の子供であろう脳を保護者の許可もなく見てなにか問題が起きるのではないか、また倫理的な問題
>
> なのかなーと思います。
> 岡部さんは子供の脳を見てまで事件を解決したくないっていう考えがあるみたいだし……

ふわぁ・・!にゃんたろーさん!ありがとうございます!
私が、分からんわ!と投げたところをしっかりと!涙
やっぱり、技術的に難しいということと、許可などの問題ですね・・
あと!岡部さんが子供の脳をできれば見たくないというのは、そうか、そこは思いつきもしませんでした。
そういえば、他エピソードでも描かれてましたね、岡部さんのスタンス。
さすがです・・・ヽ(;▽;)ノ

> なんて座談会に参加してみました。

うわーー!ありがとうございます!ヽ(;▽;)ノ
光栄すぎて、椅子ガターン!!なっちゃいますほんと!
いや、にゃんたろーさんがいてくださったらもっとまともな座談会に・・(巻き込まないで)


> いいなー座談会。
> 一人レビューが寂しくなってまいりました………。

え!にゃんたろーさんのハイクオリティレビューとこの座談会なんてもう
ダイアモンドと砂利くらいに価値が違いますからもう。
むしろ、MG引き連れてレビューにお邪魔した日には、クレームの嵐になるかと・・笑(←当ブログへの)
にゃんたろーさんの的を得た鋭いツッコミレビューの更新をお待ちしておりますヽ(´▽`)/

鍵コメ様

Gくん、ヒゲゴリラがお好きなようでした(笑)
岡部よぉぉお\(//∇//)\です。
私もクマ系の人がモテるのは知ってたんですけど、美男子を差し置いてとまでは知りませんでした(笑)
ゴツくてかっこいい母属性の岡部さんをGたちが熱い視線で追っていますww

すみません、大興奮で真理にたどり着いたと思ってますが、どうなんだ?ですよね(笑)
確かに青木くんはノーマルなので家族どうとかも、おまえ言ってる意味分かってる?な心配もあるのですが、ノーマルだからこそあの女性的な美しさに落ちたのでは・・と。だって、実際、薪さんが女の子だったって夢も見てますし!
女性的な外見と男性的な内面(仕事ぶりとか生き方とか)に無意識に惚れたのでは・・と。←熱い
そうですよね、どうせしつこいなら、手紙ももっとガンガン。いや、でも手紙の件に食い下がるとことも、しつこいといえばしつこいのか(笑)

> あと、青木のお父さん化!(←今回一番の爆笑ここでした;;;;)

そうです、その通りです。これは薪さんにリモコンバーンされて泣く雪子さんに青木がプロポーズするシーンなんですけど、まさかの「その父」(笑)
プライドズタボロにされた娘を気遣う父!ほんとにそれですね!まさにそのシーンに見えてきました!笑
Mまでがとんでもないツッコミかましてくるので、こっちフォローしようにも笑いが止まらず、結局お父さん化した青木を笑うことになってしましました・・ww

薪さんファザコン説がこちらにも!!(爆)
いや、すみません、記事読ませて頂きました。ほんとにファザコン説を唱えてらっしゃる!!
あぁ・・おかしい・・・ww
確かに、青木って鈴木さんにあまり似てないですよね。薪パパに・・似てる・・・笑
え・・だから薪さん?マジでファザコン?Mの「青木お父さん化」から薪さんファザコン疑惑が!!
でも、薪さん、父親では苦労してるので逆にファザコンてのもあるかもですね。いや、むしろほんとそうかもですね!!
ふふ・・大丈夫です・・椅子ガターンなってません(笑)余裕で足くんでます。←それもどうなの
だって、ファザコン説とかおもしろ過ぎて・・!ww

お手数お掛けしました!ありがとうございます!
こちらでも貼らせて頂きたいと思います。
今後共、よろしくお願いします!!ヽ(;▽;)ノ

はあ………

はあ、おかしい。

でもGさんの言うことは、けっこう的を得てますね!

私もゲイの人に一番モテるのは岡部さんだとおもいます。
短髪ヒゲがっちりでしょ?きっとぴったりめのTシャツきたらモテモテ……(^^;)

「きのうなに食べた?」っていう漫画の中に、そういう描写があって。きれいめな男子がもてるっていうのはBL幻想らしいです……。

でも女性って宝塚みたいな……かっこいい女子にも憧れる傾向があるから、女性特有の感覚なのかもしれないですねえ。異性の良い要素を持った人に憧れるっていうのは

あと冷凍してある脳を岡部さんが戸惑っていたのは
1:冷凍した脳をみたことがないから成功するかわからない
2:あきらかに被害者の子供であろう脳を保護者の許可もなく見てなにか問題が起きるのではないか、また倫理的な問題

なのかなーと思います。
岡部さんは子供の脳を見てまで事件を解決したくないっていう考えがあるみたいだし……

なんて座談会に参加してみました。

いいなー座談会。
一人レビューが寂しくなってまいりました………。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント