記事一覧

秘密 5巻 BGM座談会

こんにちは。

前回座談会から時間があきましたが、今回5巻(屍蝋化死体事件)座談会です。

いつものメンバー秘密ダチM&Gと、かなりどうでもいいところばかり語り合ってます。

この時、友情強化合宿(G発案)と銘打っての泊まり込み座談会でした。

肉を食べ、酒を飲んだりしながら、5巻座談会、翌日、起きて6巻座談会(←どんだけ)

スパルタ合宿です(笑)


それでは、もうご存知でしょうが、本人たち真面目ですが、他から見るとふざけてますので

ご不快な方は申し訳ございません。



それではどうぞ。







G 「ねぇ、薪さん、どうしちゃったの?」

ボ 「え」

G 「だってさ、これ、薪さん子供が殺したっての雪子が調べろって言った時から気づいてたわけでしょ?」

ボ 「うん・・そうね・・・」

G 「だから、あんま調べない方がいいんじゃない?みたいなことでしょ?だったら最初からそう言えばいいじゃん」

ボ 「まぁ・・私もそう思ったけど・・子供だから調べるな・・とも立場上言えないんじゃない?」

M 「話、すすまないしね」

G 「そういうことぉ?なんかこの巻、薪さんにどうしちゃったの?が多かったわ」

M 「まぁ・・青木に、「あなた意地悪ですね」言われてるしね」←そうは言ってない・・

ボ 「ぶふっ・・笑」

G 「それでね?相当、え?てなってるもんね?今、なんつった?からのブチギレだね、この顔見て」

ボ 「そんなこと面と向かって言われたことほぼないだろうし、言う人もまぁいないから、青木以外・・汗」

M 「それで、悔しくって、知るものか!勝手にやっちまえ!てなったんだよ」

ボ 「そこまでかは・・どうだろう・・まぁ・・そういう感じもあるよね」

G 「いや、絶対そうよ。しかも・・」



G 「雪子の目の前でだよ?」←この時の言い方・・ww



M 「これはマズイね。ライバルの前で意地悪言われたら・・・このあと、薪さんどっかで泣いてるか、エレベーターで流血してるよね」

G 「青木ってほんっと・・バカ・・・」

ボ 「まぁ・・そういうとこもきっと彼の魅力ではあるけどもね?だって薪さんの度肝を抜かないといけないわけだしぃ・・」←フォローしたい

G 「えぇ~~いやよ~~、こんな無神経に言われて、こっち好きなんだよ?」

M 「いや、あんたの話じゃないから」

G 「ぶふっ・・・いや、この三角関係目が離せないわ~」

ボ 「あんたそいういうとこばっか盛り上がるよね・・」

G 「そりゃそうよ。でさ、薪さんへの不信感。次ね」

G 「薪さんはさ、葵と雪子がお茶してるとこで、葵があの死体の娘って気付いたわけでしょ?しかも殺してるって。なのになんであそこで、DVの痕を化粧で隠してるとか、見えてますよ?みたいなこと言うわけ?で、結局そのことによって自宅に帰って葵は他人に気付かれたって言っておかしくなるじゃん。薪さんがあんなこと言わなきゃ良かったのにさ」

ボ 「そうね・・薪さん・・どうしちゃったんでしょう・・私もそこは解せぬのです」

M 「やっぱりむしゃくしゃ・・・」

ボ 「違うわ!」

G 「でさ、その後、MRI見て葵が子供の頃に犯した殺人だったことが明らかになったわけでしょ?で、薪さん、すぐ葵のアパートに向かうぞ!とか、再犯の可能性がわるのがわからないのか!とか怒鳴ってますけど、あんたの言葉きっかけでこんなんなってるのに、だったら、あの「DV受けてんだろ?結婚考え直せよ?」発言のすぐ後にアパートに向かえばいいじゃん!てか、やっぱ言わなきゃ良かったのに、あんな誰も得しないイヤミ!」

M 「なんであんな言い方したんだろうね」

ボ 「結婚しない方がいいって伝えるにしても、言い方ですよね・・汗」

G 「なんかその前に雪子が薪さんのことチビ的なこと言ってるよ?」

M 「やっぱりむしゃくしゃ・・・」

ボ 「いや!それだけじゃないはずよ!?薪さん!まぁ・・イラついてたかもだけども・・」

G 「でさ、薪さん、今回すんごい雪子のこと責めてるけど、こことかさ、「兄が命をかけて守ったあの妹の「秘密」を無理やりこじあけたあなたが」って・・だって・・わかってたんなら・・言えよ?てもうそこよ?そんな、雪子は分かんなかったんだからさ。なんなら、再犯のきっかけ、あなたよ?てはなしよ」

M 「だから想像力持てよって話なんでしょ?監察医としてそこに気付けないとこに薪さん、怒ってるんじゃない?」

ボ 「そ、そうだよ!そうだ!」←ノる

G 「いや、そりゃそうかもしれない。けど、最初からわかってたなら、再犯で人が殺される前に薪さんならなんとかできたんじゃないかって思うわけよ。だったら、そこまで人のこと責めらんないでしょ?って」

ボ 「薪さんも雪子さんの監察医としての腕を評価してるからこそ、致命的な犯罪の背景まで想像しながら解剖しろってのをキツく言ってるんじゃないの?」

M 「多分、そうよね。ただ解剖してんじゃねぇよ、もっと想像して解剖しろよ!て言いたいんでしょ?おまえがこの事態を引き起こしたってことを主に言いたいわけじゃないんじゃない?」

G 「そっちか・・いやぁ・・でも納得いかないわぁ・・・防げたじゃん・・・」

ボ 「まぁね・・防ごうと思えばね・・?」

G 「しかも、薪さん、やっぱ雪子には厳しいよね(笑)」

M 「嫌いだね」

G 「こういうとこ・・やっぱ薪さん・・そうよね・・・て感じよね?」

ボ 「なにが?」

G 「いや、嫉妬よ、八つ当たり!」

ボ 「八つ当たりって!笑」

M 「まぁ、でもあるよね」

G 「あるよ!ある!自分ならイヤミ言いまくるわ」

ボ 「え、じゃあ、私たちのどっちかが実はあんたの好きだった人と付き合うとかなったら・・あんた・・」


G 「いやぁあああ!!!もう自信ない!!言わないで!その事実知らせないでぇ!!!」


M 「言うんだ・・笑」


G 「え・・だって経験あるもん。好きだった男が自分の女友達好きになっちゃってさ・・女の子の方は興味なかったけど、それでもう八つ当たりよ!しちゃうよ!」


ボ 「うっわぁあああ!!!それヤダ!意味も分からず八つ当たりされるんでしょ!?」

G 「なんか冷たくしちゃうの・・・」

M 「ちっちぇえなぁ・・・」

G 「えぇえええ!?誰だってそうでしょ?ほら、薪さんだって!」

ボ 「一緒にするなよ?」

G 「薪さんの気持ち・・すっごい分かる・・・このキッツい感じ・・・うんうん・・」

M 「いや、なんか違うから・・」

G 「しかもさ・・これですよ、これ!」

ボ 「あぁ・・これね?笑」

M 「リモコンばーーん!」

G 「雪子も凄いよね~~まぁ、さっきの仕返しもあるんだろうけど・・・これ・・」

G 「あなたが誰よりも大切に思う人は、いつもあなたより私を見るのよ」

G 「これね?」






G 「いっちばん!言っちゃダメなやつよ!?フルフルフル・・・怒怒怒」←目が据わってます




ボM 「爆笑」


G 「女がゲイに一番言っちゃダメなやつよ!この女、最低だよ!一番言われたくない傷つくところをえぐり取ろうと!」

ボ 「やっぱそうなんだ?これはキツいんだ?」

G 「あったりまえよぉ!女にだけは言われたくないわ!でも、さすがよね、この女、一番痛いところを突いてくるんだから、やるよね」

M 「いい勝負してるよね」

ボ 「勝負て・・・ww」

ボ 「でもさ、薪さん、これ言われた時、最初、「?」て何のことか分かってないじゃん。だから最初私、薪さん自覚なかったんじゃないかと思ったの」

G 「そんなわけないでしょ!それはない!」

M 「たとえば克洋くんとか・・で、は!となってるよ?」

ボ 「そう、言われるまで気付いてないじゃん。普通、鈴木さんのこと好きだったんなら、アレ言われた時点でドキ・・てならない?」

G 「だからさ!まさか気づかれてるなんて思ってもないんでしょ?薪さんは!自分ではそんな風にふるまった覚えはなくて、完全に秘密として隠し通せると思ってるわけよ!」

M 「バレバレもいいとこだけどね、可愛いね、薪さん(笑)」

G 「薪さん、自分で自分のこと完璧って思ってるでしょ?だからそういうとこも誰にも気づかれてないって自信持ってるんだよ」

ボ 「そ、そういうことなの?私、なんか微妙に分かってないっていうか、自分でもよく分かってない想い?鈴木さんに対してはね?なのかと思ったが」

M 「でも、やっぱその後、焦りまくってるからさ」

G 「青木まで来ちゃうからね」

ボ 「大好きな人、来ちゃうからね」

G 「ここもさ、雪子が追い詰めてく感じがさ、「あるいは」で、薪さんここはすぐ何を言われるか察して、はっ!としてるよ。で、「あるいは今はあの あなたの部下の」で、睨みつけて、「青木」言われて、ほら目を見開いてる・・・」

ボ 「で、青木登場」

M 「リモコンばーーん!」

G 「いや~~薪さんも激しいわ。このシーンすごいね。ドラマだね」

M 「だ!ま!れ!だね、リモコン破壊して表現したね」

G 「薪さん、これ可哀想でしょ、密かに恋してたのに、その人の恋人にそれバレてて、こんな嫌味言われて・・・耐えられない・・リモコン投げても収まらんわこれ・・涙」

M 「完全にしてやられてるのが辛いね」

ボ 「しかもさ、薪さんとしては大ショックだと思うのよ、こんなん言われて、なのにそこにご本人(青木)登場で、もう余計に辛いよね・・なんだよ青木・・間まで悪いんだよこの人」

G 「そう、そんな辛い時に、なんなのこれ?」




G 「先生結婚して下さい。って・・・怒」



M 「だから突飛なの。この人、突飛なの」

ボ 「薪さん、辛いのなんかまったく知らぬ存ぜずですからね、この人」

G 「なんなのよ、この男は?何の脈略もないんだけど!なに?このまま結婚するとかないよね?え?」

ボ 「まぁ・・それは読みなよ、先を・・・」

G 「いや!ここで結婚とか!しかもなんなの、雪子は実は薪さんが好きなわけ?」

M 「らしいね。複雑~」

G 「不毛よ!不毛な展開よ!」

ボ 「まぁ、先を読んでいけば色々と分かるからさ・・」

M 「そだね」

G 「青木、薪さんを弄ぶのだけはやめてよね・・・」

M 「薪さん、エレベーターで流血するほど、閉ボタンぶん殴ってるよね・・・」

ボ 「多分、皮膚が薄いんだよね?すぐ流血するから」

G 「ここまでショック受けちゃって・・・涙」



G 「で、このばあさんの事件は別なんだよね?」←おい

ボ 「そうよ、別。ほんとはこの人の子供の遺体が出てくるはずだったのに、葵のお父さんが出てきちゃったんでしょ」

G 「なんでこの話、一緒にしたのかな?」

ボ 「まぁ・・・それも読みすすめて?「全てを失ってもまだ守るべきものがありますか?」ていう核心的な問を薪さんに投げかける重要なシーンとして入れてるんだと思うよ?」

G 「あ・・読んでけば重要ってことが分かるってことね?」

M 「それにしても、普通に凶器持って入って、このおばあさん凄いよね、いや、第九が凄いよね・・(笑)」

ボ 「まぁ・・これでセキュリティも改善されたんじゃない?汗」

G 「それにしても色々ドラマチックな巻だったね・・・で、この特別編が岡部のはなし」

M 「清水先生、岡部好きだよね?(笑)」

ボ 「そうそう!好きみたい。わかるよね、読んでると」

G 「岡部っていい人よね・・・」

ボ 「そうよ、すごいいい人。顔はあれだけど」

G 「ここまで読んできて思ったんだけどさ・・・」

ボ 「うんうん」







G 「岡部もこっちなんじゃない?」



ボM 「えぇ!?」





G 「いやだってさ、よく、顔赤くしたり照れたりしてるしさ・・・なんか怪しいでしょ?」

ボ 「あ・・まぁね・・?薪さんにでしょ?薪さんに対してはまぁ・・そうなるのもしょうがないっていうか・・美しいから・・別に好きとかそういうんじゃ・・」

G 「いや・・・薪さんじゃなくて」





G 「青木だよ?」←何言ってんの?な顔




ボM えぇええええええええええ!!??」




ボ 「え!青岡!?え!どこ読んだらその結論!?」

M 「岡部と青木・・・ぶふ・・・」

G 「え、だってさ、よく青木のことで赤くなってたよ。セックスがどうとか言われた時も異常に焦ってたしさ。青木に優しいし」

ボ 「いやないだろ!第九の中でそんな愛憎劇いらないから!」

M 「えっと・・・薪さんが青木で、青木が雪子さんで、雪子さんが薪さんで、岡部が青木・・・www」

G 「そうそう!」

ボ 「そうそう!じゃねぇよ。ないから、薪さんにちょっと赤くなちゃうくらいだから岡部さんは」

G 「えぇーー!絶対あると思うけどな~。青木だよ青木!岡部はこっちっぽい」

M 「なんかこっちの方も深い話だっだんだね」

G 「そうよ」

ボ 「そんなボーイズな深みいらんわぁ!!涙」

G 「もう3時だよ。」

M 「そろそろ寝ないとね」

ボ 「じゃあ、明日起きて朝練ね」

G 「え?朝練て?」

M 「朝座談?笑」

ボ 「当たり前だろ?合宿だぞ?」

G 「やぁあああん!もうスパルタァアア!!!」








という感じで、5巻座談会終了です。


やはりリモコンばーん!シーンで盛り上がりましたし

Gの雪子さんへの憎悪が燃え上がっておりました。


そして、最終的に




青×岡・・(//∇//)←ないから



爆笑しました。

Gも正直突飛な発想・・・てかどう読んでんだ?笑


という感じで就寝後、早朝朝練座談会 第6巻


と行く予定だったんですが、全員昼まで爆睡してました。


この歳で、いったい何をしているんでしょう・・・(;▽;)



それでは、ご拝読ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

拍手鍵コメさま

コメントありがとうございます!(*^^*)
読んで下さって嬉しいです…更にコメントまで…\(//∇//)\

BON WEEK-ENDは、もう自分の妄想と願望の産物でして…秘密という硬派な作品に何してくれとんじゃ!と思われそうなところを喜んで下さる方がいらっしゃるともう嬉しくてヽ(;▽;)ノ

BGM座談会、楽しんで下さって嬉しいです!ありがとうございます!
こちらもヒドイ内容ですので(←基本?)ビクビクなのです。←本当に?
「青木だよ?」は私もMも度肝を抜かれました。一緒に驚いて下さって嬉しいです(笑)
鍵コメさま、え!岡青で読み返して下さってたんですね!(爆)
う、嬉しい…ヽ(;▽;)ノいや、いいのかな…Gめ…汗

えぇ⁉︎岡部さん…まさか薪さんに青木を奪われたくなくて手紙没収⁉︎(笑)
それ…面白いんですが…ヽ(;▽;)ノ Gの読みもあなどれない?ですが、鍵コメさまの手紙没収説もあなどれませんから!!(笑)
ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします\(//∇//)\

ゆけ様

遅くなりまして、すみません!

> 5巻、怒られそうなので、ふわ~っと通り抜けようと思ったんですけど、やっぱりGくんがおもしろいので、私もぶっちゃけに来ました(笑) ←最初からそうして… (や、ほんとこわかった…;;)

やったー!Gのおかげで、ゆけさんが舞い戻られた!(笑)怖いもの知らずですのでね、我ら…(T ^ T)
そこがまた怖いですよね…


> Gくん、めっちゃ読んでて!(笑) しかも薪さん、好みじゃないから容赦ない(笑)

実は読み込んでるGです(笑)
そして、そうです、タイプではないのでビシビシ言ってきますが、感情移入も最もしてますww


> 私マイノリティな自覚あるんですけどね?1ミリも薪さんなんで、って思わなかったんですよ、やばいでしょ?(笑)…いや、薪さんのお怒りっぷりにハラハラはしたんですけど;;;

あはは!ゆけさん、ステキ、薪さん至上主義ヽ(;▽;)ノ
ハラハラはしましたねー!怒ってる顔も好きなんですけどね\(//∇//)\


> でもBON子さんの「このストーリーは重要、薪さんの苛立ち」に勇気もらいました!

ひゃだ…嬉しい…ヽ(;▽;)ノ
どうしたの?な薪さんも描かれてなんぼな気がします。


> MRIの諸刃を知ってる薪さんだからこそ、不必要に使ってはいけないし、個人に利用されるべきではないって思ってる。そこを2人がずけずけ言って来るからですよね~~(ノД`)・゜・そもそも~~

やるべきかどうかを情では判断できないとこでの、でもでもの薪さんの優しさを2人がズケズケと、もう無神経…(T ^ T)そこでの薪さんの1人具合が辛かったですねー。


> アキレス腱の雪子さんと、飼い犬に手を噛まれる感満載の青木…;; て薪さん、ダブルパンチで、……こっちはいろんなことに蓋をして第九を必死で守ってるのに、ツレのノリとか甘い考えとかじゃあお前ら好きにしろよ!ぐらい人として言ってもよくないですか…?ダメ…?( ; _ ; )

ほんとに薪さん分かって貰えてない感満載でしたね。2人から。ちょっと薪さんの孤高ぶりが分かりました。
いや、いいですよ、もう言ってやってもっと。お前らやってみろよ?で、結果を責め立てていいと思います!


> これは、勝手にMRIに口出しをしてきた雪子さんが悪い………想像力のない人がMRIに関わっちゃいかんのです……それが招いた結果なんです……( ; _ ; )
> なのに雪子さんの、私が羨ましいから意地悪するんでしょ…?と言わんばかりのズレっぷり………もうこいつとは話すだけ無駄ーーーーしかもすげー痛いとこ付いてきたしっ 青木来たしっ ばこーん
> っていう風に私は取ったんですけどね…?( ; _ ; )

雪子さん、やってよやってよで、青木がやってあげなよ?意地悪ですね、あなた?で薪さんキレちゃった(T ^ T)雪子さんの情熱も分かりますが、薪さん判断でよかったという…涙
雪子さんは言うこと意外にも女なんですよね(笑)攻め方が…ww
でも、しっかり傷付く薪さんが愛しいです(;▽;)


> 仕事の話してんのに、は?ってプライベートで応戦してくる所がもうすごいオンナ的;;; これはめんどくさい;;;

ですね!めんどくさい!
でも、まぁそれが面白いんですが(笑)
女が出てこないので、潔すぎますからね秘密って。


> 葵の件は、可能性の一つであって、尚がやったかもしれないし、葵をかばった幼馴染とかがいたかもしれない……いろいろ想定できたかなって;;; でもいずれも悲劇で… ( ; _ ; )

ですね、薪さんのことだから一瞬で気付いたのかと思いましたが、確かに色々想定はできますよね。


> DVも忠告さえしておけば、あとは友人である雪子さんの役目だと、多少の信頼はしたんだと思うんですよ…?(;▽;)

ぶふ…(笑)雪子さんに多少!の信頼はありますよね?わ

> この回、現在の葵を救うこともできないのに、過去の罪だけ暴いたっていうのも肝ですよね!?

確かにそうですね。だから事件が解決したというよりも、全て暴き出してしまうMRI捜査ってとこが描かれてますよね。


> はー、全力で薪さん擁護してすっきりしました…(*゚▽゚A; ←できたの?
> え…?あれ言っていいっていう合図じゃなかったんですかね…;;;;

もちろん合図ですよ⁉︎のろし上げましたから!(笑)
薪さん擁護ののろしを!ヽ(;▽;)ノ


> でもほんとは座談会、友情より恋を取る可能性を秘めた、Gくんに大爆笑でした!(笑)

ぶはは!完全に恋を取る宣言してましたね!(笑)
ある意味気持ちいいですよ(T ^ T)

はい!(挙手)

5巻、怒られそうなので、ふわ~っと通り抜けようと思ったんですけど、やっぱりGくんがおもしろいので、私もぶっちゃけに来ました(笑) ←最初からそうして… (や、ほんとこわかった…;;)
Gくん、めっちゃ読んでて!(笑) しかも薪さん、好みじゃないから容赦ない(笑)

私マイノリティな自覚あるんですけどね?1ミリも薪さんなんで、って思わなかったんですよ、やばいでしょ?(笑)…いや、薪さんのお怒りっぷりにハラハラはしたんですけど;;;
でもBON子さんの「このストーリーは重要、薪さんの苛立ち」に勇気もらいました!

MRIの諸刃を知ってる薪さんだからこそ、不必要に使ってはいけないし、個人に利用されるべきではないって思ってる。そこを2人がずけずけ言って来るからですよね~~(ノД`)・゜・そもそも~~

アキレス腱の雪子さんと、飼い犬に手を噛まれる感満載の青木…;; て薪さん、ダブルパンチで、……こっちはいろんなことに蓋をして第九を必死で守ってるのに、ツレのノリとか甘い考えとかじゃあお前ら好きにしろよ!ぐらい人として言ってもよくないですか…?ダメ…?( ; _ ; )

これは、勝手にMRIに口出しをしてきた雪子さんが悪い………想像力のない人がMRIに関わっちゃいかんのです……それが招いた結果なんです……( ; _ ; )
なのに雪子さんの、私が羨ましいから意地悪するんでしょ…?と言わんばかりのズレっぷり………もうこいつとは話すだけ無駄ーーーーしかもすげー痛いとこ付いてきたしっ 青木来たしっ ばこーん
っていう風に私は取ったんですけどね…?( ; _ ; )

仕事の話してんのに、は?ってプライベートで応戦してくる所がもうすごいオンナ的;;; これはめんどくさい;;;

葵の件は、可能性の一つであって、尚がやったかもしれないし、葵をかばった幼馴染とかがいたかもしれない……いろいろ想定できたかなって;;; でもいずれも悲劇で… ( ; _ ; )
DVも忠告さえしておけば、あとは友人である雪子さんの役目だと、多少の信頼はしたんだと思うんですよ…?(;▽;)
この回、現在の葵を救うこともできないのに、過去の罪だけ暴いたっていうのも肝ですよね!?

はー、全力で薪さん擁護してすっきりしました…(*゚▽゚A; ←できたの?
え…?あれ言っていいっていう合図じゃなかったんですかね…;;;;

でもほんとは座談会、友情より恋を取る可能性を秘めた、Gくんに大爆笑でした!(笑)

eriemama様

女の戦いは怖いですよねぇ・・・←いやいや・・汗

> (ΦωΦ)フフフ……薪さんどうしちゃったの?と言いつつ割かし薪さんに感情移入して時々フルフルしちゃうGくんが良いです(笑)

疑問を抱きながらも、薪さんに自分を重ねるとこが笑えますww
重ね過ぎ・・とも思いますが・・汗


> 薪さんどうした?は私も思います。でも、雪子さんと薪さんは言うなれば「混ぜるな危険」ってやつで(笑)もうしゃあないのではないでしょうか…(・_・;)鈴木さんもよくこのふたりを右と左に仙台へ旅行とかできたよな、とかほんと尊敬…(;^ω^)偉大だわ…猛獣遣いだわ…(←言い過ぎ;;;;)

どうした?な薪さんも結果素敵なんですけどもね(//∇//)最初は完璧すぎだったので、人間臭いところが見られると堪らない時期だった気がします。
「混ぜるな危険」(笑)なのにひとりは実は好きというややこしい・・汗 雪子さんってのも奥深いですよね・・

ほんとだ!鈴木さんってやっぱ只者じゃないですね!(笑)
右と左に猛獣を・・ww あれくらいじゃないと薪さん操縦できないんでしょうか・・(;▽;)


> この辺は薪さんにもまだ青木へのラブへの戸惑いがあるのかもしれないですね…雪子さんに後に「青木への心変わりをなぜ僕に?鈴木ではなく?」みたいに言ってますがそれは自分も同じなわけで…。だから惹かれながらもそういう自分を戒めてて、でも軽くお見通しなんだからねって感じでいつも狙ったように自分の恋路に立ちふさがる邪魔者雪子さんにつっこまれて、想い人である当の青木にはそんな繊細な心の機微に揺れている自分を無神経に「意地悪ですね」言われて、確かに薪さん反応は激しいですが裏返すとめっちゃ傷付いていたんじゃないでしょうかね(^^;)グッサー、って来てたんじゃないですかね(笑)

そうか・・そうですね・・心変わりは薪さんも一緒なんだ!!(;▽;)
それ考えるとまた深い・・薪さん、戒めてますよね・・無意識なのかもですが・・なのに雪子も青木もグサグサくるから・・( ;∀;)
薪さん、実は死ぬほど傷ついて思い悩んだりしてたらどうしましょう・・(笑)せ、潜入したい・・ww


> …いやぁ、BON子さん、必死に薪さんフォローしようとしてしきれないのわかります、ここは薪さんぐちゃぐちゃですもんね。でもそういう醜いところも表に出ちゃうのが恋で、だから秘密にしておきたいんじゃないですかね。
> あ、あといつも客観的に「やっぱりむしゃくしゃ…」言うてくれるMさんもいいですわ~(笑)そこなかなか薪すとは言いにくいじゃないですか、わかってるけども!ってなるから(笑)だからすごく笑えました(^^;)やっぱそうよね、って。

eriemamaさん!わかってもらえますか!?ヽ(;▽;)ノ
自分もちょっとそう思ったりもしたけど、人に言われると、いやいや薪さんだってね?と言いたくなるけど庇いきれない薪さんの言動・・涙
薪さんが醜いところまで出して恋してるのに!青木め!と余計腹立ちます・・笑

M・・(笑) そうなんです、いつもどっか斜めなところから意見してくるので。
確かに言えないところをズバズバ言ってくるので、あ・・それちょっと思ってたけども~・・でもちょっと!で余計爆笑してしまうんですよね・・ eriemamaさん・・分かってくださって嬉しい・・(笑)まったく同じ感覚です、話してて・・ww


> で。ラストインパクト(笑)Gくん衝撃の「岡部もこっちなんじゃない?」「青木だよ?」には鳥肌でした(笑)いや、全く無いとは言えないけど…そう、これはあれです!「ひゃだ!(頬染)」です!(笑)
> もうこちら読んでからいらん妄想が暴走して眠れません(^^;)←ウソです(笑)

ひゃだ!(頬染)頂けた!(笑)
「青木だよ?」は鳥肌ですよね?私もMにも激震が走ってました。
マジ顔に引きました。全くないと思ってたので・・そんな見方あるんだ・・て・・いや、ないですよね(笑)
いらん妄想・・(笑)え?どんな?そこんとこちょっと教えて頂いて・・え?ウソ・・?( ;∀;)


> 6巻は貝沼と王子の挟み撃ちに遭う薪さんですねw(←そこ?;;;;)楽しみですw

うはっ!そうです!薪さんの幻覚がスパーキングな6巻ですね・・
どうぞお付き合いの程、よろしくお願いいたします!(*゚▽゚*)

怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ(;´Д`)

(ΦωΦ)フフフ……薪さんどうしちゃったの?と言いつつ割かし薪さんに感情移入して時々フルフルしちゃうGくんが良いです(笑)
薪さんどうした?は私も思います。でも、雪子さんと薪さんは言うなれば「混ぜるな危険」ってやつで(笑)もうしゃあないのではないでしょうか…(・_・;)鈴木さんもよくこのふたりを右と左に仙台へ旅行とかできたよな、とかほんと尊敬…(;^ω^)偉大だわ…猛獣遣いだわ…(←言い過ぎ;;;;)

この辺は薪さんにもまだ青木へのラブへの戸惑いがあるのかもしれないですね…雪子さんに後に「青木への心変わりをなぜ僕に?鈴木ではなく?」みたいに言ってますがそれは自分も同じなわけで…。だから惹かれながらもそういう自分を戒めてて、でも軽くお見通しなんだからねって感じでいつも狙ったように自分の恋路に立ちふさがる邪魔者雪子さんにつっこまれて、想い人である当の青木にはそんな繊細な心の機微に揺れている自分を無神経に「意地悪ですね」言われて、確かに薪さん反応は激しいですが裏返すとめっちゃ傷付いていたんじゃないでしょうかね(^^;)グッサー、って来てたんじゃないですかね(笑)

…いやぁ、BON子さん、必死に薪さんフォローしようとしてしきれないのわかります、ここは薪さんぐちゃぐちゃですもんね。でもそういう醜いところも表に出ちゃうのが恋で、だから秘密にしておきたいんじゃないですかね。
あ、あといつも客観的に「やっぱりむしゃくしゃ…」言うてくれるMさんもいいですわ~(笑)そこなかなか薪すとは言いにくいじゃないですか、わかってるけども!ってなるから(笑)だからすごく笑えました(^^;)やっぱそうよね、って。

で。ラストインパクト(笑)Gくん衝撃の「岡部もこっちなんじゃない?」「青木だよ?」には鳥肌でした(笑)いや、全く無いとは言えないけど…そう、これはあれです!「ひゃだ!(頬染)」です!(笑)
もうこちら読んでからいらん妄想が暴走して眠れません(^^;)←ウソです(笑)

6巻は貝沼と王子の挟み撃ちに遭う薪さんですねw(←そこ?;;;;)楽しみですw

たきぎ様

> いや、Gさん毎回笑わせてくれますね~。好きです。(頬染)←コバルト使ってみたw

ぶはぁっ!!(笑) たきぎさんがコバルト使ってくれた!!(*゚▽゚*)
G、好きです(頬染)まで頂いちゃって・・なんて幸せな・・あいつ・・
明日までにシーズン0全部読むと先ほど連絡ありました(笑)←どうでもいい


> 岡部さんはこっちの人ってのはアリだと思います。岡薪二次創作もあるし。

うえぇええ!?あるんですか!?岡薪!?(;゚Д゚)!
じゃあ・・Gの意見もあながちおかしくはない・・・←どうだろう


> でも、青岡は長い秘密二次の歴史上でも初めてでは……? 私が知らないだけで、過去にあるかも? いやぁ、楽しいです。来週岡部さんの誕生日だし、ちょっと考えてみます(爆)。

ですよねぇ?(笑)
青岡は前代未聞ですよねぇ・・あの人、心底本気で、何言ってんの?青木だよ?みたいな顔してましたからね。

ちょ・・!ちょ!ちょちょ!!ww
考えて下さるんですかーー!!!??(爆)もう聞きました、しかと聞きました。
あぁ楽しみだ!きっとたきぎさんが青岡な素敵な展開を!(←素敵なのそれ?)
靖文生誕祭はたきぎさんとこに張り込みに行きますので!


> あ、今さらですが、Gさんが好きな第九スタッフは曽我に一票いれておきます。

ぶはっ!(笑)
曽我さんでファイナルアンサーですね!?たきぎさん・・承りました・・
Gが密かに想いを寄せているメンズ・・いったい・・って!どんだけ一大イベントみたいにしてるのぉお!?( ;∀;)


> そして青岡のインパクトがすごすぎて、5巻の感想ふっとびましたwww

んふふふふふ・・・www
すみません・・我々も同じでした(笑)
最終的にアレで全部台無しです。
そこで涙が出るほど笑い転げました。だってあの人、本気なんで・・・ww

青岡www

いや、Gさん毎回笑わせてくれますね~。好きです。(頬染)←コバルト使ってみたw

岡部さんはこっちの人ってのはアリだと思います。岡薪二次創作もあるし。
でも、青岡は長い秘密二次の歴史上でも初めてでは……? 私が知らないだけで、過去にあるかも? いやぁ、楽しいです。来週岡部さんの誕生日だし、ちょっと考えてみます(爆)。

あ、今さらですが、Gさんが好きな第九スタッフは曽我に一票いれておきます。

そして青岡のインパクトがすごすぎて、5巻の感想ふっとびましたwww

ばろん様

> 楽しいー!皆さんスキです(≧∇≦)
> いや、すみません…いつもながら深い話ししてますね。
> そんなに掘り下げて語れるってホント羨ましいです(毎回言ってる気が…笑)

わーー!ばろんさん、ありがとうございます!スキだなんてぇ!o(^▽^)o
深いですかね?(笑)掘り下げるとこ、間違ってる気もしますが・・ww


> この巻はGくんじゃないけど「薪さんどうしちゃったの?」って思う巻でしたよね。
> 薪さんは自分にも厳しく他人にも厳しくって分かっていたけど、あんな追い詰めるような薪さんって。…にんげんだもの…ですか。あ、すみません。

やっぱりそうですか?
でも、そういう面も見れて美味しいところでもあると思います。
人間薪さん(笑)雪子さんへは少なからず、私情も入っていそうですよね(笑)
えぇ・・そうです・・にんげんだもの・・薪剛だって・・ww


> リモコンばーーーん!も。ここまで自分の感情を出す薪さんって。かわいいですね(≧∇≦)笑

あのシーン大好きです。
投げたあとの、あの表情と、あとフォームが美しすぎ・・(笑)
あんな華麗にリモコン投げられる男はこの世に2人といません!←え?


> えーーーーーー!
> 岡部さんそっちー?
> そしてまさかの青木くんって!
> 第九どうなってるの??

いやいや・・もうGの持論ですから・・(笑)
第九、愛の劇場が始まってしまいます・・
実は苦しかった靖文のホンネ・・・涙←おまえものらないで

さすがに青木はないだろうが・・と思いますが・・ww


> BON子さん、Mさん、Gくんって本当に絶妙ですね。
> Gくんの話にツッコむBON子さんと、そのやりとりを冷静に見つめるMさん。なかなかです。
> 朝練の6巻座談会も楽しみにしてます!

あはは!ありがとうございます!(笑)
確かにやりとりは楽です。誰もかぶらないので・・ww
各々が好き放題という感じで。Gは暴走するので、私は秘密を守るためにもフォローに回ったりもしますが、MはマイペースにGにのったりもするので・・ww

昼練となってしまった6巻座談会も、次回アップしますので、どうぞよろしくお願いします!(*゚▽゚*)

なみたろう様

> この回は、この回はあ~っ
>
> あ、でもGってばすごい深読みするのね、すごい。確かにきっかけ、とか言われると薪さんを庇いたいけどなんかツライな~。
> (なみたろうゲイに優しい疑惑)

一番食いつくのは色恋沙汰なんですけど、実は事件も結構細かく読んでるんですよ(笑)
それで、細かく聞いてくるので大変だったりします(;▽;)
薪さん、あれきっかけ言われると・・そうだけども・・いずれはそうなっていたであろうことだし・・とか・・?
ゲイに優しい疑惑・・(笑) ありがとうございます・・ww


> でもでも、薪さんは目の前で好きな人と因縁の相手がくっつくところを必死に耐えて、それでも仕事に没頭し、たまには気遣ってやるなんて芸当までこなしてる、極限の精神状態なんですよ!そこ汲んであげて?(ばあや号泣)
> なのにあいつら、ちょいちょいいらんこと言って。「意地悪」とか「ちっちゃい」とか(笑)

そうなんですよね?だって5巻なんですから!4巻の後なんですから!←そりゃそうだ
また雪子さんに好きな人をとられ・・目隠しもして!極限ですよね・・え・・薪さん今更やっぱ可哀想・・涙
そこに追い打ちを掛けるようにあいつらぁ!意地悪とかいうなぁああ!!(T ^ T)


> なみたろうはわかりますよ、極限なのにいらんこと言われた瞬間、意地悪モードに入ってしまい自分でも止められなくなるの。
> で結局いじめすぎて反撃喰らってエレベーターで泣く、あの薪さんの後ろ姿はほんとに、ほんとにもうなんか、今でも泣ける。
> そしてほんと可愛い人だあ~

いや・・私も・・何事もやりすぎ注意だと思ってるんですがもうイラつきのピークはもう・・←言えません(笑)
私も薪さんの何が好きかって、あんな気が強くて完璧なのに、ふとした瞬間に泣き出しちゃうような危ういところなんですよね。だから、エレベーターで雪子さんに「あなたがそれを言うの?」と壁ドン状態で言われて「すみません」て泣き出しちゃうのが凄く好きなんです!あぁ・・薪さんの涙があのエレベーターにどれだけ染み込んでいるんだろう・・(;▽;)


> でもそう言われればあのリモコン事件の時の薪さんの驚き顔。
> もしかすると薪さん自身、雪子に対してはなんか苦手、てぐらいで、鈴木さんや青木に対する感情がいわゆる雪子と同列にならぶ「恋愛感情」だとは認識してなかったんでしょうか?
> それともあのキレようからして、違うって否定し続けてきたんでしょうか?人間、痛いところつかれた時が一番怒りますからねえ。

私もそこが謎です。Gは鈴木さんに対しても自覚ある。と断言してますが、なんといっても恋愛偏差値が低いので恋愛と強い友情の区別がいまいち付いてなかったとか・・
でも、そうですね、あのハッ!とした感じとか、怒りとか・・まったく気づいてないとも違うような気がします。
自分自身でも曖昧にしていたんでしょうか・・自覚しないように押し込めていた?
だから、やっぱり痛いところだったんですかぇ・・


> なんにせよこの辺りはほんとに青木マジムカつく(笑)なみたろう、クライマックスになってやっと青木こそが薪さんを救える男だと認めましたからね、薪さんを見てない青木なんて!( ;∀;)

私もこの頃の青木にはイライラしかありませんでした。
おいおいおいおい~~これまで薪さん一筋だったくせに~おまえ~~怒
でも、やっぱり薪さんが求める限り、青木が薪さんを幸せにできる唯一の男ですもの!
そうです!薪さんが他の人を見るよりも、青木が他の人を見るのが許せませぬ(;▽;)←おい

リモコンばーーーん!

楽しいー!皆さんスキです(≧∇≦)
いや、すみません…いつもながら深い話ししてますね。
そんなに掘り下げて語れるってホント羨ましいです(毎回言ってる気が…笑)

この巻はGくんじゃないけど「薪さんどうしちゃったの?」って思う巻でしたよね。
薪さんは自分にも厳しく他人にも厳しくって分かっていたけど、あんな追い詰めるような薪さんって。…にんげんだもの…ですか。あ、すみません。
リモコンばーーーん!も。ここまで自分の感情を出す薪さんって。かわいいですね(≧∇≦)笑

えーーーーーー!
岡部さんそっちー?
そしてまさかの青木くんって!
第九どうなってるの??

BON子さん、Mさん、Gくんって本当に絶妙ですね。
Gくんの話にツッコむBON子さんと、そのやりとりを冷静に見つめるMさん。なかなかです。
朝練の6巻座談会も楽しみにしてます!

ゆけ様

> でも「Gくんわかるーーー!(一番言っちゃダメ)」ってなったり、「えぇえーー!(薪さん疑問&岡青)」ってなったり、忙しいです!(笑)

お忙しくさせて、すみませんーー!!!(;▽;)
一番言っちゃダメ!なヤツを言う雪子、言わせる清水先生も凄いっすね・・(笑)
G、薪さんへの疑問を募らせまくってましたが、リモコンで吹っ飛んでました(笑)もうそればっかり(笑)
最終的には岡青説を撃ち込んできて、一瞬、辺り一面焼け野原でした・・ww


> いわくの5巻。これは雪子さんがすっごい嫌われるしかない所で、終始、くっそぉ〜…;; 薪さん行けーーー!(でも涙 T^T ) としか思ってなかったのですが(笑)、Gくんのように、薪さんもなんでなの!?という意見もあった、というのを後で知って驚愕でした;;;

あ、やはり?薪さんもなんでなの?ありますよね?ちょっといつもと違う薪さんだった気がします(笑)
雪子は5巻を憎まれるべく生きてますよね(笑) 薪さんに泣かされて、泣かし返し・・ほんと喧嘩・・ww


> だって、調べるなとは言えないですよね!(ノД`) どんな事件も解明するのが第九なのに( ; ; ) これからはなんでもわかる、すごくやりがいのある仕事(by鈴木)なのに! ……薪さんの情の深さが……(ToT)…板挟み……

そうですよね!私もそれだと思います!気付けよ?誰か気付いてよ?ですよね?
そうなんですよね!暴かなくていい秘密まで暴いてしまう第九だからこそ、薪さんの情がとっても大事になってくるんですよね。だから、このストーリーはやっぱり重要かもしれないです。薪さんの苛立ちというか・・そのあたりの。


> だからねGくん…(突然Gくんに語りかける)、真実の解明にブラック薪発動する薪さんが…乗り気じゃない時点で異変を察知できれば…こんな修羅場にはならなかったんだよ…?(鈴木だったら気づいたのでは…? ←最終兵器出すな)

そうだぞ?G・・薪さんの反応で分かったげて?
鈴木さん=最終兵器!!(爆)確かに、鈴木さんだったら気づいてますよね!
やだー、青木バカーー!雪子さん好きすぎて、薪さん見てない時期でしょうね?ここ。だから薪さん、辛い・・・( ;∀;)


> まだ青木は出会っていくらも経ってないし、雪子さんはイケイケだし……ちょっと雪子さんの前でハシャいじゃっただけで、上司に意地悪はどうかとは思うけど、あー言っちゃったよこの子…(笑)って感じですもんね。今の青木だったらきっとわかる……と信じてるよ、青木! ←今度は青木(笑)

そうだよ青木!あんたもちょっと年上の彼女の前でいいとこ見せようとしちゃったけど、上司に暴言吐いちゃったけども!それを経て!そういう意味不明を経て!今では薪さんのことならば何一つ見逃さない男に成長したのですから!
私もゆけさんも信じてるよ!青木!←どうですか?←聞かないで


> いや…たぶん薪さんも、鈴木を失って間もなかったから、まだ鈴木のそういう察してくれる所に甘えたままだったんじゃないですかね……?;;; で、通じなくてびっくりした。……苦しいですか…?てへ

ぶはっ!(笑)今までこれで大体通じてなのに!?えぇ!?通じてないぃ!?
薪さん、あそこのびっくり顔、それだったんですね(笑)


> しまった……;; たったこれだけで私がハシャギすぎてしまってます……;;
> あーーおもしろい座談会なのに、もったいないです〜〜〜(ノД`)・゜・。
> とっとりあえず薪さんといえど、尚が昭二を殴るのはさすがに予定外だったってことで!;;; ←薪さん擁護に必死(笑)

ゆけさんがハシャイで下さって、私が安心するというのがベストな展開ですので、ありがとうございます。
さすがに薪さんも神じゃないから、そこまで予想できないですよねぇ!?あぁそうだそうだ!←同じく必死に擁護(笑)


> 葵のそういう女心もそこまで得意じゃないっていうか〜〜〜;;;( ;´Д`);;; 薪さん、薄幸でも美人だからぁ〜〜;;; くだらない男にすがらないのでぇ〜〜;;;

葵と薪さんの薄幸つながり・・・(笑)
薪さんはくだらない男にはすがりませんよね!?あほ~あほな青木には・・あ・・


> (いつも変な時間のコメントに翌日即答いただいてありがとうございます( ; ; ) 私、何日でも待てますので……( ; ; )

いえー!!お返事遅くてすみません!むしろ!
何日も待たせるなんて・・朝、早く起きれれば・・秘密活できるんですが・・
なにせ低血圧で・・・(;▽;)

にゃんたろー様

> 思ってもいなかった展開に腹筋がふるふるしました。
> そっか、そんな見方があったとはつゆほども……

腹筋ふるふる・・・(笑)
ですよねぇ・・思ってもない展開ですよねぇ・・ww
正につゆほども・・ですよね・・ぶふ・・
私も耳を疑いました。Gさんの感性はもう予測不能です・・(;▽;)
ずっと疑ってたとか言い出しますからね・・(笑)


> 5巻の薪さんはなんかいろいろあれですよね。
> 人間くさいというか……。

確かに人間臭いですね。
感情もバンバン出してるし。ちょっと色々ギリギリな時期だったんでしょうか?
青木と雪子さんくっついちゃうし・・・(;▽;)


> ばれてないと思ってた恋心がだだ漏れだった件で動揺しちゃってリモコンばーん!で……。
> でもその後桜木さんにもだだ漏れだったことが判明し………
> 薪さんの恋愛偏差値の低さを露呈してしまいましたが……。
> そんな薪さんがかわいい……。

やっぱ、ばれてるはずないと思ってましたよね・・ww動揺ですよね・・( ;∀;)
鈴木さんのこともダダ漏れで、青木もダダダダ漏れで・・ほんとだ!
薪さん、恋愛偏差値低すぎ!(笑)多分、恋愛の仕方、分かってないでしょうねぇ・・
そうそうそうです!そういう可愛いとこが薪さんの魅力を更にグッと深く・・しかし、低いなぁ・・ww歳考えるとなぁ・・(笑)


> あ、でもMRI画像を見るまでは、葵が父を殺したとまでは予測してなかったんじゃないですかね??どうだろう??

あ!そうなんですね!?あの感じだと、写真を見たあたりからおおよそ見当付いてたのかと思ってました。
そうか・・じゃないとおかしいですよね、まさか薪さんがねぇ・・


> そして雪子さんにそんな想像力は仕事上必要じゃないんじゃないかっていまでも思うにゃんたろーです。
> 事実さえしっかり検死できればいいんじゃないかなー……。

ですよねぇ・・ww
薪さん、厳しいから。人にまで完璧を・・
青木が異常に庇うから余計に?いやいや違う・・(笑)
つい、薪さん側に立ってしまいますが、ですよね、あれは雪子さんとんだトバッチリですよね。


> 朝練6巻も楽しみにしております!

あはっ!昼練になってしまいましたが!(笑)
ありがとうございます、どうぞお付き合いお願いします(*゚▽゚*)

拍手鍵コメさま

Sさん、コメントありがとうございます。

そんな風に読んで下さっていること、とても嬉しいです。もう感動してウルッときてしまいました。

正直、本人たちは楽しんでますが、この内容を不快に思われる方もいらっしゃるかもしれない・・と、いつも上げる前に、ここの会話は削ろうかな~とか思うんです。ヒドイですからね・・


でも、そんな風に昔を思い出して下さったり、一緒に楽しんで下さっているという感想を頂けると、安心するやら嬉しいやら感激だわで、踊りだしそうになる前に泣いてます・・(笑)←嬉し泣きです

そんな風に思って下さるなんて考えてもなかったので!ありがとうございます。


MとGは滅多に持つことのできないオモロイ友人だと思ってます(笑)

合宿とか、普通に見て30過ぎた大人が「マトモ」じゃないんですが、全員何やってんだろうね・・と言いながらも楽しみに集まって、オタクトークしてますので、全員が望むなら正解かと思ってます(笑)


Sさんが仰る通り、この歳であんまり経験できることではないと思いますので、貴重なオモロイ時を一緒に共有できていることに感謝です。

はい!心の友であり、秘密ダチなふたりを大切にしていきたいと思います!


いつも読んで下さってありがとうございます!
お優しい感想を頂けて、すごく励みになりました。

6巻も更に更に過激に盛り上がっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。←調子に乗り過ぎだから


岡青・・(笑)
もうGの着眼点に度肝を抜かれまくるこの座談会です。5巻までで何回、「え?」となったことでしょう。
これからも、彼の「え?」な発言は続きますので、お付き合いの程、よろしくお願いしますヽ(;▽;)ノ

くうーっ( ;∀;)

この回は、この回はあ~っ

あ、でもGってばすごい深読みするのね、すごい。確かにきっかけ、とか言われると薪さんを庇いたいけどなんかツライな~。
(なみたろうゲイに優しい疑惑)

でもでも、薪さんは目の前で好きな人と因縁の相手がくっつくところを必死に耐えて、それでも仕事に没頭し、たまには気遣ってやるなんて芸当までこなしてる、極限の精神状態なんですよ!そこ汲んであげて?(ばあや号泣)
なのにあいつら、ちょいちょいいらんこと言って。「意地悪」とか「ちっちゃい」とか(笑)

なみたろうはわかりますよ、極限なのにいらんこと言われた瞬間、意地悪モードに入ってしまい自分でも止められなくなるの。
で結局いじめすぎて反撃喰らってエレベーターで泣く、あの薪さんの後ろ姿はほんとに、ほんとにもうなんか、今でも泣ける。
そしてほんと可愛い人だあ~

でもそう言われればあのリモコン事件の時の薪さんの驚き顔。
もしかすると薪さん自身、雪子に対してはなんか苦手、てぐらいで、鈴木さんや青木に対する感情がいわゆる雪子と同列にならぶ「恋愛感情」だとは認識してなかったんでしょうか?
それともあのキレようからして、違うって否定し続けてきたんでしょうか?人間、痛いところつかれた時が一番怒りますからねえ。

なんにせよこの辺りはほんとに青木マジムカつく(笑)なみたろう、クライマックスになってやっと青木こそが薪さんを救える男だと認めましたからね、薪さんを見てない青木なんて!( ;∀;)

語り尽くせぬ第5巻っ

でも「Gくんわかるーーー!(一番言っちゃダメ)」ってなったり、「えぇえーー!(薪さん疑問&岡青)」ってなったり、忙しいです!(笑)

いわくの5巻。これは雪子さんがすっごい嫌われるしかない所で、終始、くっそぉ〜…;; 薪さん行けーーー!(でも涙 T^T ) としか思ってなかったのですが(笑)、Gくんのように、薪さんもなんでなの!?という意見もあった、というのを後で知って驚愕でした;;;

だって、調べるなとは言えないですよね!(ノД`) どんな事件も解明するのが第九なのに( ; ; ) これからはなんでもわかる、すごくやりがいのある仕事(by鈴木)なのに! ……薪さんの情の深さが……(ToT)…板挟み……

だからねGくん…(突然Gくんに語りかける)、真実の解明にブラック薪発動する薪さんが…乗り気じゃない時点で異変を察知できれば…こんな修羅場にはならなかったんだよ…?(鈴木だったら気づいたのでは…? ←最終兵器出すな)

まだ青木は出会っていくらも経ってないし、雪子さんはイケイケだし……ちょっと雪子さんの前でハシャいじゃっただけで、上司に意地悪はどうかとは思うけど、あー言っちゃったよこの子…(笑)って感じですもんね。今の青木だったらきっとわかる……と信じてるよ、青木! ←今度は青木(笑)

いや…たぶん薪さんも、鈴木を失って間もなかったから、まだ鈴木のそういう察してくれる所に甘えたままだったんじゃないですかね……?;;; で、通じなくてびっくりした。……苦しいですか…?てへ

しまった……;; たったこれだけで私がハシャギすぎてしまってます……;;
あーーおもしろい座談会なのに、もったいないです〜〜〜(ノД`)・゜・。
とっとりあえず薪さんといえど、尚が昭二を殴るのはさすがに予定外だったってことで!;;; ←薪さん擁護に必死(笑)
葵のそういう女心もそこまで得意じゃないっていうか〜〜〜;;;( ;´Д`);;; 薪さん、薄幸でも美人だからぁ〜〜;;; くだらない男にすがらないのでぇ〜〜;;;

(いつも変な時間のコメントに翌日即答いただいてありがとうございます( ; ; ) 私、何日でも待てますので……( ; ; )

やだ岡青……

思ってもいなかった展開に腹筋がふるふるしました。
そっか、そんな見方があったとはつゆほども……

5巻の薪さんはなんかいろいろあれですよね。
人間くさいというか……。
ばれてないと思ってた恋心がだだ漏れだった件で動揺しちゃってリモコンばーん!で……。
でもその後桜木さんにもだだ漏れだったことが判明し………
薪さんの恋愛偏差値の低さを露呈してしまいましたが……。
そんな薪さんがかわいい……。

あ、でもMRI画像を見るまでは、葵が父を殺したとまでは予測してなかったんじゃないですかね??どうだろう??

そして雪子さんにそんな想像力は仕事上必要じゃないんじゃないかっていまでも思うにゃんたろーです。
事実さえしっかり検死できればいいんじゃないかなー……。


朝練6巻も楽しみにしております!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BON子

Author:BON子
清水玲子さんの「秘密 THE TOP SECRET」にハマったアラサーBON子が妄想の淵を行き来しながら思ったことをメモしてます。